FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  iOSネイティブアプリ >  BeacondoでKMLファイルをiOSネイティブアプリに組み込む

BeacondoでKMLファイルをiOSネイティブアプリに組み込む



1.Google Earthをダウンロードし、指定したい住所で検索します。
2.左側メニューに表示される住所をチェックし、右マウスでKML形式で地図ファイルを保存します。



3.Beacondoデザイナーを開き、アプリ内に表示する項目にMAPを選択します。



4.MAP項目をクリックするとポップアップウィンドウが表示されますので、***.bdoのコンテンツフォルダー内に1.で用意したKMLファイルをあらかじめコピーします。
5.locationsメニュー内に"map.kml"ファイルを選択・表示を確認します。
6.OKボタンを押してポップアップウィンドウを閉じます。



7.Beacondoデザイナーの右上端にあるBuildボタンをクリックし、真ん中にある"Start Build"ボタンをクリックします。

beacondo-4.png

8.Xcode上の左スタートボタンでコンパイルすると、iOSシュイレータが自動で立ち上がり、アプリケーションが生成さてます。指定したアプリの場所に地図データが表示されているか確認できます。







関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する