FC2ブログ

ようやく、 GoogleがLoRa Allianceの公式スポンサーに!

2/18/5/31にGoogle Cloudが、正式にLoRa Allicanceのスポンサー企業として参加したニュースが流れました。 今年2月のLoRaWAN世界開発者会議 The Things Confernceに出席した際、AmazonやMicorsoftは、それぞれKeynoteセッションもあり、何故 Googleは参加しないんだろう?と思っていました。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://lora-alliance.org/in-the-news/lora-alliancetm-announces-google-cloud-joins-sponsor-member

これは推測の域をでておりませんが、米東海岸フィラデルフィアに本拠としてうケーブルネットワーク配給およびISP大手のComcastが、西海岸でそれもGoogleのお膝元サンフランシスコのベイエリアにいちはやくLoRaWANネットワークを構築し、IoTサービス展開しているのが原因かもしれません???

いよいよ、米国でもSenetの全米プロパンガス配給から、さまざまな産業を巻き込んでLoRaWANネットワークが立ち上がる感じがしています。

*COMCASTのプレスリリース
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://corporate.comcast.com/press/releases/comcasts-machineq-lights-up-san-francisco-bay-area-with-lorawan-iot-network

下記にてネットニュースを翻訳します
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IoTネットワークがサンフランシスコベイエリアで活性化




MachineQサービスの展開は勢ついており、最近、さまざまな業界で新しい顧客を発表しました。

米大手ISPのComcastは、カリフォルニア州のサンフランシスコベイエリアで、マシンエンタープライズのInternet of Things(IoT)サービスを開始しました。現在、クパチーノ、フリーモント、ヘイワード、メンロパーク、マウンテンビュー、オークランド、パロアルト、レッドウッドシティー、サンノゼ、サンタクララ、サニーベール、サンフランシスコと同様に主要な技術拠点でLoRaWANネットワークを構築しました。



エンタープライズグレードのIoTソリューションを構築する上で地域の新興企業や開発者は、machineQネットワークを利用することで今やクラウドに接続できるようになりました。 MachineQゼネラルマネジャーのAlex Khorramは、IoT "震源地"として密集したIoTネットワークを提供するという決断は、"非常に簡単だ"と述べました。

「ソリューションプロバイダーと協力して成功を収めた当初は、米国やその他の地域で急速に成長している企業向けIoT分野で、LoRaWANなどの低消費電力でコスト効率の高いテクノロジが必要であることを強調しています。

高精度センサー技術を開発する専門家であるSanta RosaベースのPNI社のセンサーは、MachineQ のLoRaWANネットワークを利用しているクライアント向けのソリューションの1つです。 そのPlacePodスマートパーキングソリューションは、オンストリートおよびオフストリートのパブリックおよびプライベート駐車場管理のために、正確でリアルタイムの車両検出と利用可能なパーキングスペースの配置情報を提供します。

PNI社のマーケティングディレクター、Robin Stoeckerは、“都市は、PlacePodスマートパーキングセンサーのリアルタイム駐車データを利用して、ドライバーが駐車場を見つけやすいようにしています。 MachineQのLoRaWANサービスを利用することで、駐車場や他の接続されているIoT機器の情報を活用して、駐車スペースを空けるための運転手の渋滞状況把握や炭素排出量を削減することを目的としてデータ駆動型で意志決定を促すことができます。

MachineQネットワークは、世界中の43カ国の80以上の通信事業者が現在使用しているLoRaWANテクノロジープロトコルを使用して構築されています。 サンフランシスコベイエリアのネットワーク展開は、最近、資産追跡、地理的位置、水道メーター、施設管理、害虫駆除などの様々な業界に新しい顧客を発表し、MachineQの勢いを続けています。

MchineQチームは、サンタクララの5月16日から17日まで、IoT Worldのスタートアップシティーショーケースでプロジェクトカイロスのスポンサーです。


*LoRa Geolocationサービス - COLLOS


The Things Network Kagoshimaイニシエータの田中さんにSemtech社の戦略位置測位サービス「COLLOS」を試してもらいました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-1

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-2

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Dense Networkの可能性とLoRa Geolocationサービス





◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック