FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  LoRaWAN 1.1 >  LoRa GeolocationユースケースとThe Things Network Stack V3

LoRa GeolocationユースケースとThe Things Network Stack V3

LoRa無線変調技術を発明したNicolas Sorninが保持している数々のパテントリストです。

*Nicolas Sorninのパテントリスト

https://patents.justia.com/inventor/nicolas-sornin

その中でもSemtechと共同申請しているのは、下記の内容となります。

*SemtechとNicolas Sorninと共同パテント

https://patents.justia.com/patent/9800288

Google翻訳で直訳したので文書がわかりずらくてすみません!  
=================================
1つまたは複数のビーコンおよび複数のエンドポイントを備えるネットワークにおける無線通信方法であって、チャープ拡散スペクトルフォーマットに従って変調されたタイミングメッセージをビーコンによって送信し、前記タイミングメッセージを1つまたは複数のエンドノードa 前記タイミングメッセージを検出して、前記タイミングメッセージによって前記送信機の前記時間基準への前記エンドノードのローカル周波数基準及び/又は時間基準を整列させることを特徴とする方法。
=================================
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
この内容、LoRaWANに携わる方なら、ピンとこられると思いますが、LoRaデバイスクラスBを意味しています。 Semtechが、LoRa Geolocationサービスを推進している原因はここにあります!


米国Philladelphiaに本社を置く米大手ISPのCOMCASTが、LoRaWANサービス - MachineQメニューの中で市内バスにGPSチップを使わず、LoRaノード端末のみでLoRa Geolocationを実践しています。 市バス位置測位LoRa Geolocationシステムの開発供給元Microshare社の担当女性のプレゼンです。

*MicroshareのLoRa Geolocationユースケース





*LoRa Geolocationサービス - COLLOS



The Things NetworkでLoRa Geolocationに対応しました!下記のLoRaノードデバイスの位置情報を取得するAPIをThe Things Networkと連携してご利用できます。 COLLOSは、下記通信プロトコルをサポートしています。



デバイス測位方法には次の3つ方法があり、測位精度は1から3の順に低くなります。

1.LoRa TDoA(到達時間差)+ Wi-Fi:10 m程度 エンドポイント

2.LoRa TDoA(到達時間差):20~50 m程度エンドポイント

3.LoRa RSSI(受信電界):200m程度 エンドポイント

詳しくは、The Things Networkのホームページ上のクイックスタートガイドをご参照ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/docs/applications/collos/quick-start.html

The Things NetworkとCOLLOSのアカウントを作成し、ご利用ください。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://preview.collos.org/


The Things Network Kagoshimaイニシエータの田中さんにSemtech社の戦略位置測位サービス「COLLOS」を試してもらいました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-1

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-2



*LoRaWAN 1.1xに対応のThe Things Networrk Stack V3開発状況

The Things Netowrkの技術チームは、今年の夏にリリースされる予定の主要なアップデート、クラスBとCを可能にするV3スタック、LoRaWAN 1.1をサポートし、パブリックネットワークとプライベイトネットワーク間のピアリングを可能にしています。 詳細につきましては、The Things ConferenceでのJohan Stokkingの説明をご参照ください!

LoRaWAN v1.1の仕様が公開されました!

*Johan StokkingによるThe Things Network Stack V3の説明






*来月5月4日 22:00に開催予定のWebinarのご案内です。The Things Network CEO Wienke GeizemanとTech Lead Johan Stokkingが今後の開発スケジュールについて説明します!




◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp




以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する