FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  Googleウェブマスターツール >  ● No. 15 GoogleウェブマスターツールでCrawlerの動向を知る

● No. 15 GoogleウェブマスターツールでCrawlerの動向を知る

*Googleウェブマスターツールサイト

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

GoogleのCrawler(クローラー)を自社のサイトに巡回そして解析させるには、"robots.txt"ファイルをウェブマスター上で生成し、これをテキストファイルとしてウェブサイトのルートディレクトリにコピーしなければなりません。(以前に記述しました)

基本的に外部からのサイト行動監視や分析は、Google Analyticsがあれば十分なのですが、Google Crawler(クローラー)がどのように自社に巡回しているかを確認することも参考になります。 前回のGoogle Dataceter Searchで自社のサイト内のカテゴリーを複写してGoogle Crawlerへ認知させ上位表示される手法を説明しましたが、これを端的に表すのは、このGoolgeウェブマスターツールです。

webmaster1

*右側にCrawler(クローラー)が自社サイトに巡回した内容が記録されます。
webmaster2

”診断”メニューの”クロールエラー”サブメニューを選択します。Crawler(クローラー)が実際のサイトに到達したにもかかわらず、リンクエラーなどで確認できなかったURLサイト情報が表示されています。
webmaster3

すぐ下に”クロールの統計情報”というサブメニューを選択します。時系列でCrawler(クローラー)が閲覧したページ数、ダウンロードされるバイト数、そしてページのダウンロード時間と3つの要素でサイト内巡回している様子がわかります。ここで重要なのは、サイトに動きがあるか?あるいは更新されているか?サイトが混雑しているか等を自動巡回ロボットであるCrawler(クローラー)が分析しているのです。
webmaster4
webmaster4b

最後に”HTMLの候補”というサブメニューで重複するメタデータなど、無機質なコピーファイルが多く存在しないかなどの検証も行っています。Crawler(クローラー)が指摘した重複コピーの場所などをこの項目で指摘しています。
webmaster5

以上にようにGoogle Crawler(クローラー)は、とてもインテリジェントが高く、前回ご教示したカテゴリーの重複でサイト内コンテンツを増やすだけでGoogleランク表示が上げることが難しい理由です。



下記サイト
||||
seo対策と新規顧客獲得にJoomla!
●SEO対策と新規顧客獲得にJoomla! ご用命はこちから...



にほんブログ村 ネットブログへ

にほんブログ村 携帯ブログへ

にほんブログ村 ネットブログ Googleへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


  • SEO
  • loading
  • SEO対策と新規顧客獲得にJoomla!~ランディングサイトたちあげ日記





  • 無料SEO対策



スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する