BeaconDroid SDK【Android版Beacondo】のOnyx Beacon CMS組み込み手順

BeaconDroid SDK(Android版Beacondo)のOnyx Beacon CMS組み込み手順の説明をします。管理ネイティブアプリツール - Beacondoを利用して、Onyx Beacon CMSのミドルウェアをiBeaconアプリに組み込んでビーコン端末にスマホが近接すると適切なクーポンが配信される仕組みです。Android環境のBeaconDroid v2.0をバージョンアップしましたのでお知らせいたします。


1.サンプルアプリ概要
1-1.Buildした開発環境:

・OS X El Capitan バージョン10.11.6
・Android Studio 2.1.2
・jdk1.8.0_102
・BeacondoDroid-b5
・OnyxBeacon.Android.SDK.2.3.1
  ||||
 ダウンロード先

http://www.ibeacondo.com/download/



1-2.機能概要
・通知バーの「JapanTourismタップすると、クーポンを表示します。」をタップすると、クーポン一覧画面を表示します。
・クーポン一覧画面からクーポン名をタップすると、クーポン詳細(画像)画面を表示します。
・クーポン詳細(画像)画面をタップすると、クーポンに指定されたURLを表示します。
・クーポン一覧画面から「削除」ボタンをタップすると、クーポンを削除します。

2.OnyxBeacon SDKインテグレーション画面にパッケージ名登録
2-1.https://connect.onyxbeacon.com/admin/にログイン後、画面右上のログインIDをクリックし、ガイドを選択します。
図①




2-2.SDKインテグレーションをクリックします。
図②




2-3.インテグレーション画面からアプリケーション名とAndroid Studioプロジェクトに設定するパッケージ名を入力します。
図③



Android Studio
図④



3.Onyx Beacon SDKライブラリをAndroid Studioプロジェクトに追加
3-1.OnyxBeaconLibrary-release.aarをBeacondoのAndroid Studioプロジェクト内BeacondoApp/app/libsフォルダにコピーします。
図⑤



4.ソースファイル(設定ファイル及びjavaファイル)修正
OnxyBeaconSDKを使用するための設定、および初期処理、ビーコンからクーポン受信時の処理等をBeacondoのプロジェクトファイルに追加しています。追加部分については「OnyxBeacon SDK対応」のコメントを記載しています。追加内容についてはOnxyBeaconSDKに付属のSampleアプリからの流用ですので、Sampleアプリのプロジェクトも参考にしてください。
図⑥



4-1.AndroidManifest.xml
 Beacondoの設定ファイルにOnyxBeaconSDKを使用するための設定を追加しています。
以下の部分については https://connect.onyxbeacon.com/admin/ からアプリIdとパスワードを取得して、設定してください。
android:name="clientid"
android:value="bff4028061729fb1d50fe39fed76f229221aaa04" />
android:name="secret"
android:value="77a069ab1f033e43d2b56f73575c57d94e7d98a9" />

4-2.build.gradle
 Beacondoの設定ファイルにOnyxBeaconSDKを使用するための設定を追加しています。

4-3.RootActivity.java
 BeacondoのソースファイルにOnyxBeaconSDKを使用するための初期処理を追加しています。

4-4.ContentReceiver.java
 クーポンを受信するためのクラスです。

4-6.CouponListActivity.java
 クーポン一覧を表示するためのクラスです。

4-5.CouponAdaper.java
 クーポン一覧の一行を表示するためのクラスです。

4-7.activity_coupon_list.xml
 クーポン一覧を表示するための画面レイアウトです。

4-8.item_coupon.xml
 クーポン一覧の一行を表示するための画面レイアウトです。


5.Androidプロジェクトについて
 Android Studio を使用してBeacondoのプロジェクトを開くと、以下のダイアログが表示される場合があります。その時は「Don’t remind me again for this project」または「Remind me later」をクリックしてください。

図⑦












関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック