ビジネスビーコン利用: 3% 利用中, 11%テスト中、31%計画中、56% 計画ない

連休明けから、プロジェクトをつくり営業をかけたせいか?最近、IoTがらみのビーコン利用の引き合いが立て続けいただいております。ありがたい事です! しかし、米国の調査会社Forrester ResearchによるとBLE はまだまだ市場が成熟するどころか?EarlyAdapterの初期段階にあるようです。

Beacons In Business: 3% Using, 11% Testing, 31% Planning; 56% Take A Pass
オリジナルニュースソース
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.mediapost.com/publications/article/277963/beacons-in-business-3-using-11-testing-31-pl.html



off_target1.jpg

ビーコンの潜在的なメリットはよく知られています。
ストア内の小さな無線送信装置は、人が特定の場所にいる時にかなり良いアイデアやサービスを提供することができます。

買い物客の欲しい広告、クーポン、他のメッセージの情報をスマートフォンに送ることができます。お客様の位置データは、受動的に後で様々な用途のためにマーケティング担当者によって捕捉することができます。

ほとんどの主要な技術の実装により、写真とは別の側面があります。

調査会社Forrester Researchの新しいレポートによると、ビジネスでビーコンを利用しているのは、わずか3%のみです。一般、テストしているのは、11%です。

Forrester Researchのグローバルオンラインで3,600人の成人で調査したところ、半分以上の56%の会社がビーコンをテストまたは利用しないのです。それらのビーコンの使用面で状況は次のとおりです。

• 31% -- テストまたは利用計画中
• 11% -- 現在始動またまテスト中
• 3% -- 通常で利用中

そして、ビーコンの潜在的な課題に、Forrester Researchは5項目を定義しました:

期待。あまりにも多くの企業が技術を課題評価し、不適切にチューニングさと配置されたビーコンは十分な精度を提供していません。

BLEは未熟。Bluetoothは確立しています。しかし、BLEはまだ発展段階の技術なのです。

ビーコンは等しく柔軟でない。 AppleのiBeacon, Google’のEddystoneそしてRadius など様々な種類があります。制限され、柔軟ではありません。

実装コスト。ビーコンのコストが低いように見えますが、ハードウェアのコストだけでなく他の要素(赤ニシン)があります。実装コストは、運用コストを含める必要があります。

コントロール。 BLEセキュリティは他の無線技術と比較すると高いリスクがあります。

これは、最も顕著な小売業者は、位置特定に関連した消費者の行動が進化しているので、ビーコンをスキップする必要があることを意味するものではありません。

何をするかを少なくとも見つけない人、それはIoTが進化していることが背景にあり、それは大きな一歩となります。しかし、彼ら特定の顧客セットとしては機能しません。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック