FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  モバイルマーケティング >  モバイルマーケティングとビジネスインテリジェンス

モバイルマーケティングとビジネスインテリジェンス

2011年に個人的に仕事でスマートフォン向け組み込みデータベースの市場調査を取り組んだ際、当時、ビジネス市場でスマートフォンを利用した組み込みデータベースで最先端を走っていたのが、SAP社でした。

SAP社が時代の先を読み、どこよりも早く高機能なインラインメモリー組み込みデータベースを自社商品に実装、商品化していました。1年ほど遅れてIBM社がこの動きを察知してか?自社のモバイルフレームワーク、データベース、クラウド環境を統合したサービスを始めました。その後、IBM社がAppleのiPadやiPhoneをビジネス市場のメイン端末にすると発表したのは、皆様ご存知のとおりです。

SAP社が、すばやくMobile Firstをビジネスに取り込めたのは中堅データベースベンダーSybase社の買収にあったと思います。もう10数年以上前から、Sybase社のデータベースエンジンは、Oracle、IBM, Microsoftなどの商品に比べると圧倒的な検索スピード性能差で日本の流通業界や小売業界のデータマイニングシステムで活用されていました。

そのSybase社の高速検索エンジンをモバイルツールとして統合したところはSAP社の先見性で流石です。下記は、2011年に公開されたSAP Japanの販促動画です。





ご存知のようにSAP社製品は、国内年商1000億円以上のいわゆる大企業しか採用できない商品です。2013年にApple社が発表したiBeaconはo2oサービスを加速し、GoogleもEddySoneでiBeaconに対抗措置をとっていますので、今後、あらゆるビジネスシーンに於いてo2oサービスと基幹システムは連携し、B2B,B2C, C2Cの垣根を超えて活用されていくと予測しております。

今年も残りあと2ヶ月。 中小企業でもビジネスインテリジェンスを手軽に活用し、SAP社のサービスレベルに近いところまでo2oサービスを提供できればと計画・準備しているところです。

スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する