fc2ブログ

通信費無料のパブリックLoRaWAN〜The Things Network

オランダ発、世界最大のパブリックLoRaWANサービス The Things Networkのアンバサダーをやらせていただいてます!

TOP >  LoRa 2.4GHz >  LoRa 2.4GHzが普及しない日本? ⇄ ドイツテレコム、LTE-M/LoRaWANのデュアルモードで提携、LoRa 2.4GHzが本格的に普及へ

LoRa 2.4GHzが普及しない日本? ⇄ ドイツテレコム、LTE-M/LoRaWANのデュアルモードで提携、LoRa 2.4GHzが本格的に普及へ

LPWAN市場は、サブギガ帯域での低消費長距離通信をメリットに発展してきました。 先月、Semtech社からマルチバンドに対応したLR1120チッップが発表されました。 いよいよ、世界のLPWAN市場もマルチバンド対応となり、低軌道衛星通信サポートなど、さまざまなIoTユースケースでGame Changerに突入か?と思われます。

下記は、1年前、ドイツ通信最大手ドイツテレコムが、LPWAN市場に向けて自社LTE網とLoRaWAN (TTNの有償版)を使いながら、低価格LoRaWANゲートウェイを企業向けにサービス展開するニュースリリースです。 LoRa 2.4GHzサポートをゲートウェイ&TTNがサポートし、さまざまな企業向けIoTソリューションとして販促活動しています。

現在、国内では一部の大手商社のみしか LoRa 2.4GHzを対応したIoTソリューションサービスを手がける会社がありません。何故なのでしょう?




*オリジナルソース記事

https://enterpriseiotinsights.com/20210204/channels/news/deutsche-telekom-ties-up-on-dual-mode-lte-m-lorawan





ドイツテレコムは、LoRaWANネットワークプロバイダーであるThe Things Network(TTN)の産業ソリューション部門であるThe Things Industries(TTI)と協力し、ライセンスとアンライセンスの低電力広域(LPWA)技術 LTE-MとLoRaWANを組み合わせて単一のIoT接続ソリューションにすることを決定しました。

このパートナーシップは、免許制のセルラー技術を推進するドイツの通信事業者にとって重要な声明であり、LoRaWANコミュニティにとっても画期的な出来事です。LoRaWANコミュニティは、標準の接続技術、特にWi-Fiとセルラー技術の補完として、免許不要のLoRaWANを売り込み始めています。この2社は、LoRaWANベースのセンサーアレイから収集したデータのバックホールにLTE-Mを使用し、「簡単で...安全」と表現される「すぐに使える」IoT接続ソリューションを約束しています。

DeutscheTelekom - TheThings Industries

T-Mobileは、Mikrotik社製のLoRaWAN/LTE-Mデュアルモードゲートウェイを開発した。このユニットは、「ノータッチ」プロビジョニングで、TTNのデバイスとデータプラットフォームに接続する。TTNは、企業ベースのスマートビルディング制御のためのソリューション、「スマートビルディング・スターターキット」として販売しています。このゲートウェイは、LoRa 2.4GHzをサポートしており、グローバルな展開も可能です。

ドイツテレコムのIoT戦略・実行部門責任者であるマンガル・アフザルは、次のようにコメントしています。"このコラボレーションは、オープンなIoTネットワークへの道へのさらなる一歩となります。新しいインターフェースによって、IoTの可能性を最大限に引き出すことができます。"と述べています。

T-Mobileとの契約は、そこにLoRaWANの開発者の最大のコミュニティを担当するアムステルダムベースのTTN / TTIが、先週、その年次ミートアップ、The Things Conferenceで発表の騒ぎを起こしたときに行われました。その中で、公開されたTTNネットワークとオープンソースのTTNスタックでLoRa 2.4GHzをサポートすることを発表しました。LoRaチップのライセンス供与を行うセムテックは、1年前の同イベントでLoRa 2.4GHzを発表しており、以前の実装は900MHzと868MHzのサブGHz帯でのみ動作していました。

2.4GHzの周波数帯はどの国でも同じように使えるので、LoRaベースのIoTデバイスは世界中で使えることになります。ただし、Wi-Fiや他の短距離技術からのチャタリングや混雑に対処しなければならないかもしれません。LoRaベースのハードウェア層を利用するLoRaWANプロトコルは、まだ2.4GHz帯に最適化されておらず、地域ごとに異なるサブGHz帯に固定されたままです。

昨年、IoTユースケース向けのLoRaWAN規格を推進するLoRa Allianceは、ワーキンググループで2.4GHz帯の互換性を優先し、同帯域でのLoRaWANの標準化を検討していると発表しています。しかし、今のところ何も出てきておらず、今回もアライアンスから2.4GHzに関する言及はありませんでした。しかし、TTNの関係者によれば、LoRa 2.4GHzでは、Multitech、Mikrotik、IMSTのゲートウェイ、Miromico、mcf88、Embit、Vicoteeのデバイスなど「着実に採用されている」そうです。

ノルウェーの海事団体 Wilhelmsen は、TTN / TTI の支援を受けて 1 年前に LoRa ベースの IoT ソリューションを展開しましたが、その新しい 'IoT of the Seas' は、陸と海の両方で LoRa 2.4GHz をベースに「コスト効率が良く、堅牢で、実績ある」IoT ソリューション用のプラットフォームを確立すると、アムステルダムで述べています。ウィルヘルムセンは、この技術を利用して、海上資産の追跡、機械やエンジンの状態の監視、漏水やその他の環境測定値をチェックします。

TTNの技術リーダーでTIの最高技術責任者であるJohan Stokkingは、次のように述べています。「標準化された2.4GHzチャネルを使用して低電力かつ長距離通信を可能にするこの新しいグローバル周波数の採用に対して、海運・物流業界から大きな関心が寄せられていることをすでに確認しています。私たちは、オープンソースとエンタープライズLoRaWANスタックの両方で2.4GHz LoRaをサポートすることで、新しいユースケースを実現できることを嬉しく思っています。"

同様に、TTIは先週、欧州と米国を皮切りに50数カ国のIoTプロバイダーにLoRaWANベースのハードウェア設置および保守サービスを提供すると発表しました。このパッケージは、デバイス管理、LoRaWAN(およびLTE-M)接続管理、ネットワークパフォーマンスSLA、機器交換、バッテリー交換、物流・倉庫管理、24時間365日の監視・警告、さらにe-wasteに対応したエンドオブライフサービスを含まれます。

TTIによると、屋内ゲートウェイ1台とデバイス6台をベースにした1サイトの5年間の卸売契約は、月額約45ユーロで、この契約により、IoTソリューションプロバイダーは「頭を悩ませることなくIoTのラストマイルを提供」できるようになるとのことです。このサービスにより、大規模なセンサー導入の総所有コストを「劇的に」下げることができるとしています。

一方、TTNは、同社の国際的な公衆LoRaWANネットワークを利用する開発者が、LoRaWANネットワークサーバー「The Things Stack」の最新バージョンにアクセスできるようになったと発表しています。TTNは、全世界で約135,000人のIoT開発者をサポートし、約20,000台のLoRaWANゲートウェイを管理していると主張しています。今回のスタックのアップグレードにより、開発者はLoRaWANアプリケーションのプロトタイプを「より速く、より便利に、(そして)新機能、すぐに使える統合、カバー範囲の拡大、ユーザー体験の改善」できるようになりました。

















以上













■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)

*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5

◆The Things Network PR Movie【日本語字幕入り】





◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/

*The Things Networkについて
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


◆※例:Dragino製のゲートウェイの設定方法ですが、他社ゲートウェイもほぼ同じやり方でV2からV3に移行できます。

https://wiki.dragino.com/index.php?title=Notes_for_TTN#TTN_v3





◆※Dragino LPS8, LG308, DLOS8ともに同じやり方でV3にゲートウェイ登録できます。注記:Draginoゲートウェイ用ファームウェアを更新する場合、現在お使いのファームウェアを必ずFactory Defaultに設定を戻してから更新してください。そのまま新しいファームウェアを更新すると正しく機能しなくなりますのでご注意ください。




◆※万が一、上記のやり方で登録できない場合は、下記のやり方でGateway EUIを登録してみてください。


https://www.thethingsindustries.com/docs/gateways/dragino-lps8/




◆What is the Packet Broker? 【日本語字幕入り】


◆パケットブローカー(Packet Broker) Webinar日本語字幕入り】


◆Migrating devices to The Things Stack【日本語字幕入り】




◆TagoIO Webhook Integration with The Things Stack 【日本語字幕入り】



◆New Device Emulator from TagoIO【日本語字幕入り】


◆Distributing Dashboards with the TagoIO【日本語字幕入り】





◆技適取得済TTN対応ゲートウェイ&センサエンドデバイスを好評販売中!

http://sales.dragino.jp/













CRIニュースレター登録


*ご興味ある方は、下記入力欄にEmailアドレスをご入力後、左下のSubscribeボタンをクリックして下さい。






















関連記事
  • 2.4GHz LoRa - ISM2400について
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する