FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  ibeaconアプリ開発ガイド >  iBeaconアプリ開発ガイドの発売

iBeaconアプリ開発ガイドの発売

ながらくお待たせしました。昨日8月19日に「iBeaconアプリ開発ガイド」が発売となりました。 書籍化にあたり、さまざまな人にご援助いただきまして心から感謝しております。

専門書なので大ヒットになる可能性はありませんが、日ごろ、ウェブサイト制作やアプリ開発提案するような方、あるいはこれから実店舗をo2oサービスをとりいれて活性化したい方などには手軽にネイティブアプリが制作できるようなノウハウを公開しましたので、ぜひ本屋さんで手に取っていただけたらとおもいます。

本日夕方、たまたま新宿で打ち合わせが早く終了したため、新宿駅西口そばのビッグカメラの書籍フロアに入り、”スマートフォンアプリ開発”コーナーで昨日入荷された「iBeaconアプリ開発ガイド」を発見しましたので、スマホで撮影しました。




また下記にて本日MLしました内容を転載します。

========================================================================================================
iBeaconアプリ開発ガイド

 2013年9月AppleからリリースされたiBeaconも早2年が経過し、さまざまな業界で実証実験を経てスマホとビーコン端末を使ったo2oサービスが成長期へ移行しようとしています。 さらに2015年7月14日GoogleからiBeaconの対抗策としてEddystoneが発表されました。

 今後、スマホを使ったo2oサービスを展開する上でAppleのiBeaconとGoogleのEddystoneは、無視できない存在となってきました。 そこで、2015年8月19日に工学社のご協力を得て「iBeaconアプリ開発ガイド」という題名の書籍を発売することとなりました。

 本書は、iBeaconの仕組みや使うシーンを理解し、誰でも簡単にiBeacon対応アプリが開発できる指南書として執筆致しました。これを機会にご購入ご検討いただければ幸いです。

 下記より「iBeaconアプリ開発ガイド」の内容をご参照ください。
          ↓↓↓

https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1907-1



========================================================================================================

これを機会にご検討の程、よろしくお願いもうしあげます。

 吉田秀利 拝

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する