FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  The Things Conference >  来週1/30と1/31、The Things Conference用展示ブースの販促材料を作っています!

来週1/30と1/31、The Things Conference用展示ブースの販促材料を作っています!

来週後半、1/30と1/31にアムステルダムで開催されるThe Things ConferenceでDraginoブースを出展することになり、展示ブース素材をつくっています。 今回は、The Things NetworkとCayenneでドアセンサとRS485-LoRaWANコンバーター、そしてパニックボタンの3つのデモをすることになりました。

*Draginoから送ってきたボタン電池入りのLoRaWANドアセンサ



*蓋をあけると電気店にいけば、どこでも販売しているボタン電池CR2032が入るスペース



このセンサを開発したDraginoから、センサの電池寿命について説明員向けにメール:

===========================
Hi, All,

FYI, in case some one is asking for the battery life of Door Sensor/ water leak.

some test we have got here;
1) EU868 SF7/14dB, a CR2032 can transmit about 11000 packets. (We test with interval 1 minute)
2) US915 SF10/18dB, a CR2032 can transmit about 1200 packets.
3) Sleep current: 5uA.

So one CR2032 can support water leak more than one year. (with a daily keep alive message)
One CR2032 can support door sensor to work in a none-frequenctly case for 8month s~ 1 year.
This is the design target.

Best Regards
Edwin Chen
===========================

CR2032でも1年くらい持ちます。ドアは頻繁に開閉するとパケット送信がありますので、8ヶ月くらい。

*筐体サイズは、水漏れセンサーと同じメモリスティックより一回り大きい感じです。









*新しいデバイス、LoRaビーコン。 下着に埋め込めるくらい軽い!




その他、さまざまLoRaWAN対応センサーを展示する予定です。



また、Dragino販売代理店のインド Enthu Technology社が制作したカンファレンス当日に配るチラシです。 当初、500部でいいか尋ねてきたので、今回は、2000人くらいの来場者があるので1000部くらいもってきてはと提案しました。


















以上











右下の字幕オプションで日本語を選択してご覧ください!

■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5

*The Things Network販促カタログ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.crijapan.jp/TTN_catalog.pdf

■Dragino LoRaWAN Gateway & Sensor Node






Dragino LoRaWAN商品の詳細は下記までお問い合わせください。
◆お問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
http://www.crijapan.jp/index.php/ja/contact-2.html




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com














CRIニュースレター登録


*ご興味ある方は、下記入力欄にEmailアドレスをご入力後、左下のSubscribeボタンをクリックして下さい。



















関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する