FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  LoRa gateway >  LoRaゲートウェイモジュール市場は2018年から2028年の間に30億米ドル以上の投資予測

LoRaゲートウェイモジュール市場は2018年から2028年の間に30億米ドル以上の投資予測

先日のSmart Sensing2019でも来場された方から手ごろなLoRaゲートウェイを探されているというお話が多くいだだきました。 残念ながら、現在の日本ではLoRaWANサービスとゲートウェイがロックインされているので自由にお客様が探してIoTサービスを構築することができません。

一方、欧米ではThe Things Network以外でもLoRaWANサービスに関してさまざまなゲートウェイを選択してお客様が自分の手でIoTサービスを構築できるのが、当たり前になっています。 そういう意味でも日本でThe Things Networkを普及させるのは、お客様の自由な選択肢を増やす機会になると思いながら、活動しています。

下記にてIoT Business Newsに興味深い投稿記事がありましたので、ご紹介します。

Posted by IoT.Business.News
Date: June 20, 2019
in: General Business News

*オリジナル記事はこちらから...
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://iotbusinessnews.com/2019/06/20/90151-lora-gateway-module-market-estimated-to-gain-over-us-3bn-incremental-opportunity-between-2018-and-2028



製造、エネルギー、ユーティリティ、自動車、ヘルスケアなどさまざまな業界でのLoRaゲートウェイモジュールの急速な普及が、IoT市場を牽引すると期待されています。アプリケーションセグメントは、産業オートメーション、ホームオートメーション、スマート農業、スマートシティ、アセットトラッキングなどに分類されます。

LoRaゲートウェイモジュール採用を推進するための産業オートメーションの強化、IoTの急速な拡大とスマートデバイスの需要の拡大は、LoRaゲートウェイモジュール市場を牽引する要因の1つです。 さらにLoRaゲートウェイモジュールに関連する高度で革新的な技術の採用は、2018-2028年期間中にLoRaゲートウェイモジュール市場に潜在的な成長機会を生み出すと予想されます。
IoTの普及が進むとエンドユーザー間での実装に伴う利点について認識が高まり、その結果、LoRaゲートウェイモジュール市場にプラスの影響が出ると予想されます。さらに、セルラのIoT拡大と5Gの出現の増加も、LoRaゲートウェイモジュールの需要を押し上げる要因の1つです。さらに、スマートシティプロジェクト数の増加とスマートデバイスの普及により、LoRaゲートウェイモジュール市場が牽引されています。

製造業における自動化の需要の高まりとインダストリー4.0のトレンドの高まりにより、製造業におけるLoRaゲートウェイモジュールの採用が増加しています。産業インフラストラクチャの自動化および業界向けの現在のコネクティビティソリューションの実現に対する各国の継続的な投資により、世界中のベンダーは、新しいプロバイダおよびLoRaを含む提携によって提供されるまったく新しい概念によるセルラーコネクティビティの提供に力を注ぐようになりました。そのため、LoRaゲートウェイモジュールの需要は、特に製造業の分野で急速に拡大しています。

世界のLoRaゲートウェイモジュール市場は、2018年から2028年までの予測期間中に、合計で30億米ドルを超える機会が増加する可能性があります。

*地域別見通し:LoRaゲートウェイモジュール市場

北米とヨーロッパは、さまざまな主要企業の存在と、LoRaゲートウェイモジュールに関連した高度なテクノロジーの早期採用により、世界のLoRaゲートウェイモジュール市場で最大の市場の1つです。さらにIoT市場の急速な拡大とLoRaテクノロジへの政府の高い支出も、LoRaゲートウェイモジュール市場を牽引する要素の1つです。

東南アジアのLoRaゲートウェイモジュール市場は、予測期間中にスマートデバイスの普及率が高まり、この地域のさまざまな国でデジタル化が進んでいるため、CAGRが大幅に増加すると予想されます。さらに、スマート農業やスマートシティアプリケーションのための高度な技術の採用の増加は、LoRaゲートウェイモジュール市場に潜在的な成長機会を生み出しています。

さらに、東南アジアの国々でLoRaゲートウェイモジュールおよびテクノロジを提供する企業の数が継続的に増加することが、予測期間中のLoRaゲートウェイモジュール市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

*競争の展望 - LoRaゲートウェイモジュール市場

グローバルなLoRaゲートウェイモジュール市場調査レポートの対象となる主要企業には、
Semtech Corporation, Shenzhen Rakwireless Technology Co., Ltd., Microchip Technology, Inc., Multi-Tech Systems, Inc., Murata Manufacturing Co., Ltd., Libelium Comunicaciones Distribuidas S.L, IMST GmbH, GlobalSat WorldCom Corporation, Embit s.r.l., LINK LABS, Laird Technologies, Inc., Nemeus, and HOPE Microelectronics CO., Ltd.
これらのLoRaゲートウェイモジュールプロバイダは、先進的なLoRaゲートウェイモジュールを提供し、今後数年間で新たな成長市場に参入するために、M2MおよびIoTデバイスプロバイダとのパートナーシップおよびコラボレーションの戦略を追求し続けています。

===============記事終わり===========

Smart Sensing 2019で展示させていただきました Dragino 2チャンネル、8チャンネル LoRaゲートウェイ。双方とも技適審査を取得しましたので、まもなく発売開始です!









以上








右下の字幕オプションで日本語を選択してご覧ください!

■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5

*The Things Network販促カタログ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/TTN_catalog.pdf

■Dragino LoRaWAN Gateway Series

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_gateway_series.pdf/


Dragino LoRaWANゲートウェイの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com














CRIニュースレター登録


*ご興味ある方は、下記入力欄にEmailアドレスをご入力後、左下のSubscribeボタンをクリックして下さい。



















関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する