FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  Tencent Things Network >  WeChatとThe Things Networkがつながる意味? - Tencent Things Network発表

WeChatとThe Things Networkがつながる意味? - Tencent Things Network発表

2019年2月にアムステルダムで開催されましたThe Things Conferenceに於いて世界最大チャットサービスWeChatを展開するTencentとの協業を発表しました。 4ヶ月経過してそれが具現化したようです。 世界最大のユーザー数を誇るWeChatとThe Things Networkが密に連携することにより、IoTがより身近になることは間違いないでしょう!

さて、WeChatとThe Things Networkでキラーユースケースとしてなにが起こるでしょうか? 皆さま いかが推測されますか?

*2019年2月開催されたThe Things Conference レポート
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/lorawanthe-things-conference-2019-jp


先週Tencent社の新IoTサービスを Tencent Things Networkと命名し、中国現地でプレス発表しましたのでご紹介します。また、すでに今週からTencent Things Networkのランディングサイトもオープンしました!

*新たにTencent Things Networkランディングサイトがオープン
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://cn.thethingsnetwork.org/


*TencentのTencent Things Networkプレスリリース
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://cloud.tencent.com/developer/article/1436526


以下に和訳します。ご参考まで===========================================

Tencent Things Network、TencentのIoT開発者コミュニティプラットフォーム、IoTアプリケーション開発を迅速かつ安全にリリース

雲南省人民政府、雲南省文化観光局、昆明市人民政府が指導する5月21日から23日まで、Tencent Companyが共同スポンサーになり、業界で最も知名度の高い、業界規模のエコロジー会議「Global Digital Ecology」を昆明で開催されました。 会議には何千人ものビジネスリーダーが集まり、何千人ものパートナーと約10,000人が会議に参加しました。

Tencentは、Internet of Things開発者コミュニティプラットフォーム - Tencent Things Networkを正式にリリースしました。
グローバルなオープンLoRaWANネットワークとTencent Cloud IoT Hub、WeChatアプレットを介して開発者を接続し、Tencentの20年間のセキュリティ保護機能、強力なクラウドコンピューティング、ビッグデータ、およびAI機能を利用して開発者を迅速かつ安全に支援します。そしてアプリをビルドします。

これは開発者にIoTネットワークサービスを提供することに焦点を当て、豊富なユーザーコンテンツ、開発チュートリアル、アプリケーションケースなどを持ち、IoT業界のアプリケーション開発のしきい値を引き下げ、同時にパートナーの優れたIoTソリューションと援助を集めるコミュニティポータルです。ネットワーク化されたエコシステムの構築、IoTアプリケーション開発のためのしきい値の削減ができます。



LoRaに代表される低電力広域ネットワーク(LPWAN)のIoTアプリケーションについて、Tencentは世界最大のLoRa開発者コミュニティであるThe Things Networkと提携し、開発者向けにオープンな中国のTencent Thingsネットワーク開発者コミュニティプラットフォームを立ち上げました。 IoT Webサービス、コミュニティポータル、およびWeChatアプレット、IoT Explorer、IoT-Hubなどのサービス統合機能は、開発者がリッチなIoT業界アプリケーションを素早く作成するのに役立ちます。

The Things Network(TTN)は、IoT開発者、アプリケーションエンジニア、デバイスメーカー、クラウドサービスプロバイダ、およびシステムインテグレータ向けに、さまざまなIoTツールおよびサービス用のグローバルなオープンLoRaWANネットワークを構築しています。 開発者がLoRaWANネットワークに素早くアクセスして簡単にアクセスできるようにします。このオープンビジネスモデルのおかげで、The Things Networkは過去4年間で7万人以上の開発者を魅了し、7,000人以上のLoRaWAN Community Gatewayがプラットフォーム上で稼働しています。

TencentのThings開発者コミュニティプラットフォームは、The Things Networkのオープンモデルと一連の使いやすい開発者ツールを組み合わせた、クラウドコンピューティングと強力なブランドの影響力における技術的優位性により、IoTを加速させるのに役立ちます。ソリューション着陸と商品プロセスレポートによると、



Tencent Thinks開発者コミュニティプラットフォームは、LoRaWANクラスA、B、Cをサポートし、LoRaWAN 1.0.xとLoRaWAN 1.1コア仕様をサポートし、ゲートウェイがUDPをサポートする、LoRaWAN国際標準を満たすオープンネットワークサービスを開発者に提供します。 Packet Forwarder、Basic Station Access Protocol、およびネットワークモデル全体が、LoRaWANバックエンド規格に厳密に準拠して実装されているため、グローバルなLoRaWANオペレーションにローミングサービスを提供できます。

アプリケーション側では、Tencent Thinks開発者コミュニティプラットフォームは、WeChatアプレット、IoT Explorer、およびIoT Hubなどのアプリケーション統合機能も提供します。Tencent Cloud IoT Explorerは、アプリケーション開発およびシナリオサービス機能をお客様に提供することができ、APP開発サービス、デバイスアラーム、データ分析などのサービスを通じて、スマートファクトリー、スマートホーム、セキュリティモニタリング、スマート農業などの業界におけるお客様の建設効率を高めます。

WeChatアプレットは、軽量ですぐに使えるユーザーエクスペリエンスです。TencentCloud IoT Hubの豊富なルールエンジンは、企業がより革新的なアプリケーションソリューションを作成するのに役立ちます。以下は、開発者コミュニティプラットフォームに基づくTencentパートナーの典型的なアプリケーションです。これは、屋内と屋外の温度、湿度、気圧、大気質のリアルタイムモニタリング、インテリジェントビルの制御とゲートなど、WeChatアプレットに基づいています。そして他のアプリケーションケース。



Tencentの開発者コミュニティプラットフォームはSemtech、Weichuan Technology、ZTE Technology、Ruixing Hengfang、Ruike Huilian、STMicroelectronics、Xiamen Sixin、National Technology、Chengdu Bogao Information、Xiamen Dayang Communication、Lite-Onを受賞しましたTencentは、引き続きいくつかのIoT技術サミットを開催し、Tencentの内部専門家、コミュニティ開発者、およびパートナーに、科学技術、クラウドネットワークコミュニケーション、新華III、Lierda、およびMeite Guochuangの優れたパートナーを支援するよう依頼します。IoTのエコロジーを向上させるための技術、製品、ソリューションを共有します。



TencentのTEGネットワークプラットフォーム担当ディレクター、Wang Yachenは次のように述べています。
「すべてをつなぐことがTencent IoTの開発ビジョンです。Tencentは、オープンとウィンウィン、そしてパートナーとの概念に従って、中国のIoT産業の急速な発展を促進します。TTNとの協力による開発にTencentの開発者コミュニティプラットフォームを使用します。柔軟なアクセス、機動的な開発、経験の交換、IoTオープンコミュニティの事例共有、IoTアプリケーションの開発限界の引き下げ、パートナーによるIoTアプリケーションおよびサービスの迅速な提供を支援します。」



The Things Networkの創設者であるThe Things IndustriesのCEO、Wienke Giezemanは次のように述べています。
「私たちは、Tencentと協力して、IoT開発者コミュニティを中国にもたらすことができます。強力なパートナーシップを築き、便利な開発者ツールを提供することで、LoRaWANエコシステムを強化し、LoRaWANの採用を加速できます。」

Semtechのバイスプレジデント兼ワイヤレスおよびセンシング製品ビジネスユニットであるIoTのバイスプレジデント兼バイスプレジデント、Marc Peguluは次のように述べています。

「Semtechは、引き続きLoRa開発者エコシステムの開発を支援し、IoTソリューションプロバイダとシステムインテグレータの開発プロセスを簡素化し、製品化までの時間を短縮します。TTNとTencentの強力な協力により、LPWANと中国のエコロジー開発が促進されます。市場は新しくてエキサイティングなビジネスチャンスをもたらします。」

現時点では、Tencent Thinks開発者コミュニティプラットフォームは、フレンドリーなユーザーによってテストされています。
下のQRコードをスキャンして、初めてプラットフォームのオンラインアナウンスを入手してください。



===========================================ここまで





◆LoRa IoTスターターキットをThe Things Networkで試す パート1:LoRaWANとキットの紹介
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/getting-start-the-lora-iot-starter-kit-with-the-things-network-part1-jp




無免許長距離無線通信ネットワーク LPWANの代表例であるLoRaWANは,センサデバイスとセキュアに通信するため暗号化して通信する仕組みが導入されています。通信開始時は、「アクティベーション」により暗号鍵を交換しますが、この方式にはABPとOTAAの2種類があります。今後、LoRaWANの発展において理解が重要であるこの2種類の方式について解説します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/what-is-the-activation-method-on-lorawan-abp-and-otaa-jp






以上








右下の字幕オプションで日本語を選択してご覧ください!

■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com














CRIニュースレター登録


*ご興味ある方は、下記入力欄にEmailアドレスをご入力後、左下のSubscribeボタンをクリックして下さい。






























スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する