FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  ibeacon >  iBeaconsセンサーで検知しiOSアプリのアクション項目を設定をする

iBeaconsセンサーで検知しiOSアプリのアクション項目を設定をする

Beacondoで制作したスマホアプリ内にiBeaconsセンサーで検知した後、どういうアクションをするかを設定します。 iBeacons対応センサーは、ルーマニア製円形薄型で裏面に3M両面テープが装備されたものを利用します。非常に軽いので店内ポスターや電車内広告の裏面にも貼りつけて利用することができるように設計されています。 【Beacondoは、iBeacons対応BLEセンサーならメーカーは選びません!】



Beacondoデザイナーを開き"Settings"ボタンをクリックすると左枠ブロックにiBeaconsのUUID、Major, Minor値を入力します。初回は設定されていないため枠下の+をクリックしてiBeaconsセンサー固有のUUID, Major, Minor値をブロック内に入力します。



iBeaconsセンサー項目をクリックするとポップアップ小ウィンドウ画面が表示されます。ここでは、3つのRangeのツリーメニューの"Immedaite", "Near","Far"のどれか1つの項目を選択します。



iBeaconsセンサーをスマホアプリが検知した時のアクションの種類を選択します。BeacondoではActionsの種類が多岐にわたりサポートされます。 今回は一番シンプルな、文字情報をスマホアプリ内にポップアップ表示するケースを選択します。それ以外にも、URLにリンクしたり、Youtube動画を起動したり、音声ガイダンスを流したりできます。



Actionsのすぐ下の項目Promptの入力項目にプッシュ配信したいメッセージを入力します。



Frequency項目は、プッシュ配信する頻度を決めます。 上のメニューは、アプリが立ち上がる時に1回だけ表示します。下のメニューは、ある一定間隔でRangeに入った時点で何度もプッシュ配信メッセージがスマホに表示されます。



Beacondoデザイナーで制作したアプリをZIP形式で保存し、iPhoneにファイル転送してBeacondo Viewerから制作したアプリファイルを呼び込み、iPhone上で実行します。今回は、"夏物アプリ”です。



"夏物アプリ"をタップすろとアプリが起動開始します。



iBeaconsセンサーのそばにiPhoneを近ずけると、1,2秒でアプリの中央にBeacondoデザイナーで入力してプッシュ配信メッセージが表示されます。 



OKボタンをクリックすると最後にアプリ名と最後にOKボタンが表示されます。

Beacondoデザイナーには様々なアクション項目がございますのでお試し下さいませ!

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する