FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  IoT市場 >  2019年 IoT市場予測 トップ10

2019年 IoT市場予測 トップ10

今週たまたまLinkedinに興味深い投稿がありましたのでご紹介します。

著者は、オーストラリアのLoRaWANサービスプロバイダ Meshedとも関わりあいのある方。 The Things Networkは、現在、世界8か所でPublic Clusterと呼んでいるLoRaWANクラスターサーバーで構築されています。以前、このブログでもご紹介しましたイギリス政府が投資しているDigital Catapultを始め、フィリピン政府が投資するPacketworx等、センサデータを格納するサーバーは世界規模で負荷分散化されています。オーストラリアでは、このMeshed社によってThe Things NetworkのPlublic Clusterサーバーが運営されています。

*オリジナル投稿記事
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.linkedin.com/pulse/top-10-iot-predictions-2019-paul-mcmanus/


==================================
Top 10 IoT predictions for 2019




IoTバブルの最中、私は、木を見て森を見ることができないという危険にさらされています。 そして、私たち全員が「年間予測」とその最終的な目標について知っています。 2018年にオーストラリアで気づいた傾向に基づき、そして客観的なデータはありませんが、IMHO(=in my humble opinion 私見)として2019年に起りうる可能性について以下のように考えています。


1. IoTデバイスの導入は指数関数的に増え続ける



2018年、有線と無線の両方で利用可能で、展開されているIoTデバイスの数が大幅に増加しましたが、特に無線の電池式ユニットが増えました。 スマートシティと農業は、これらの機器が展開されている主要なバーティカル市場であり、多くの「概念実証」(PoC)プロジェクトが進行中です。
私の予測では、より多くの組織がIoTに足を踏み入れることで、これらのPoCスタイルのプロジェクトがもっと多く見られるようになるでしょう。 また、需要の発生源として新たな業種が浮上してきます。下記の項目k4を参照してください。

2. NB-IoTは再び軌道に乗るのに苦労するでしょう - 2018年とは異なる理由で

2018年の私にとってのLPWANスペースの最大の驚きは、オーストラリアのNB-IoTプレーヤーから来るノイズがほとんどないということでした。私は、本当にSigfoxやLoRaWANのような公共バンドのLPWAN技術に挑戦することへの電話会社の大きな推進力を期待していました。

しかし何も起こりませんでした。私見として、電話会社には、IoTのどんな風味が促進されるのかという緊張があります。 NB-IoTでしょうか、それとも5Gでしょうか。そして5G-IoTはどのように見えるのでしょうか。

電話会社のIoT担当者にとって、牽引をすぐに受けられなるケース、既存のサービスを破壊される可能性のあるIoTアプリケーションがあります。スマート廃棄物、スマートパーキング、農業センシングなどのユースケースは、ますます非セル方式のLPWANテクノロジに支配されているため、置き換えが困難になります。

私の予想では、特に大都市でのスマートウォーターメーターにおいて、より多くのNB-IoTユースケースが見られるでしょう。しかし、電話会社事業の携帯電話側における市場の圧力、相反する技術オプション、そして組織的な混乱、そして特に市場対応機器の欠如は、それらが協調して力強いIoT優位を築くのを妨げるだろうと思っています。

3. IoTスタートアップベンチャーは増加

IoTの作業に関して最も満足のいくものの1つは、数年前は不可能だったアプリケーションとビジネスモデルのための新しい機会の出現を見ていることです。

IoTのしくみや可能なことに頭を悩ます人が増えるにつれて、スタートアップベンチャーや新しいビジネスコンセプトに多大な投資がかかると考えています。 これはまた、スタートアップにワークスペースやその他のサービスを提供する人々にとって、良い年になることを意味します。

地方自治体、州および国の政府に注意してください。あなたが、あなたの市/地域/州/国を単に安いものを作るものから、またはものを何もない状態から引き出すことから始めることができるところです。 どこに住んでいようとも、イノベーションは未来の繁栄の鍵です。

4. 2019 - the year of Prop Tech




12ヵ月前、不動産開発および管理業界からの問い合わせもありませんでした。 約6ヶ月前、私たちは "Prop Tech"と呼ばれる用語とこの分野からの大きな関心の高まりを聞き始め、彼らの建物を "スマート"にする新しい方法を見つけたいと思います。

ワイヤ、従来のBMSベンダー、またはIPベースのネットワークに固有のセキュリティ上の問題のいくつか。 私の予想では、来年のプロップテックでは "PoC"プロジェクトが急増し、より良い建物アメニティとエネルギーコストの節約の機会が提供されるでしょう。


5. IoTプラットフォームのシェイクアウトと統合

現時点でのIoTランドスケープの特徴は、解決すべき問題を探している何十ものIoTクラウドプラットフォームソリューションです。
IoT用の「ビッグデータ」プラットフォームへの大規模な金融投資を正当化するのに十分な大規模な展開がまだないため、それらの多くは時期尚早の感があります。

多くの人が「5万ドル未満でベッドから出ることはありません」とよく聞きますが、小規模なプラットフォームからお客様の規模を拡大するのに役立つプラットフォームやPoCは最終的にお客様のIoT導入を大幅に拡大するメリットを享受できます。 2019年は、この分野でのM&Aや他のプラットフォーム関連企業が脱落するのを目にすると思います。

6. LoRaWANがLPWAN市場を支配する



Meshedは、2018年にLoRaWAN製品とサービスを提供する立場にあるので、誰かは私を偏っていると非難します。 しかし、LoRaWANは低電力配備に最適なIoTネットワークとして急速に普及しています。

LoRaWANは、主要な競合他社、特にSigfoxよりも、顧客がますます意識するようになっているという、自然な技術的およびビジネス上の利点を持っています。

LoRaWANは、単一の会社によって管理されるのではなく、多くの製造業者が製品と品質面においてリーダーシップを争うという非常に競争の激しい状況を作り出し、会社の大規模な提携によって管理されています。

LoRaWANでは、無料公開、有料非公開、Telco形式の有料公開、およびこれらすべてハイブリッド提供など、さまざまなビジネスモデルを選択できます。 顧客は柔軟性を好み、単一のビジネスモデルや電話会社に固定されているのではありません。

彼らは、LoRaWANを使用することで、テクノロジへの投資を不要にすることなくプロバイダを変更することができます。私の予想では、LoRaWANは、20-19年特にEUとアメリカとは異なる市場ダイナミクスを持つオーストラリアで、多くの場所で非常に貧弱な、あるいはゼロのセルラーカバレッジにより、競合他社よりも市場シェアを拡大するでしょう。

7. The Things Networkは電話会社に破壊をもたらし続けるでしょう

技術におけるゲーム名の破壊、大規模な国内および国際的な電話会社やソフトウェアプロバイダーは、長年にわたって電気通信市場を支配してきました。

支配したそれらの企業は、どこでも、誰でも無料の公共サービスを非常に安価にどこでも利用できる場所で、自由に使用できる製品と競合しなければならなかったことはありません。

それについて考えてみてください。グローバルなクラウドソースの電気通信ネットワーク - 今ではそれは破壊的です。Googleや他のオンラインプレイヤーが、90年代に大手メディア企業の広告収入を台無しにし、ウィキペディアが百科事典企業のパーティーを台無しにしたように、The Things Networkは見事に役立つIoT通信ネットワークを無料で提供している。

より高い使用料の可用性要件を必要とする組織のために付加価値サービスを提供しています。電気通信のための破壊的なゲームチェンジャー、電話会社は、IoT市場の事業計画を立てる際に、無料の競合他社を計算に入れていないため、The Things Networkに直面して少し麻痺していることに気付きました。

2019年の私の予測は、The Things Networkは、少なくとも2倍の規模になり、地方自治体、州政府、国の政府、大学、企業のような真面目な関係者がますます関与し、基地局のホストになるにつれてさらに「商用化」することになるでしょう。



8. ブロックチェーンは実際に役立つようになるでしょう

誇大宣伝の曲線を新たな高みへと乗り越えて、blockchainは、最新暗号の崩壊とICOの戦車として「幻滅の谷」に苦しんでいます。
特に自動化されたIoTセンサーデータを挿入することができ、ヒューマンエラー/詐欺による汚染の機会がない場合、ブロックチェーンが「証明」テクノロジとして大きな価値を提供することは間違いありません。

私の予測では、2019年にIoT関連のブロックチェーンプロジェクト、特に農業/食料サプライチェーン、そして位置情報サービスに本格的な勝利が見込まれるでしょう。

9. システムインテグレーターが参加する

私は、ほとんどのSIerがIoTに関して無気力なことに驚いています。 IPベースのネットワーク、アプリケーション、ライセンス、ネットワーク運用、クラウドホスティング、および他の多くのITサービスから過去20年間で太った、怠惰な、そしてリスク回避的な成長を遂げてきました。

彼らは、同じレベルのIoTサービスに飛び乗ったことはありません。最近、過酷なSIerが展開している主な戦略は、注意と警戒です。

しかし、90年代にインターネットの始まりがどのようになったのかを忘れてはなりません。これは、多くの自社事業の出生地であり、来年以降にIoTに何がもたらされるのかという考えのためです。 私の予想では、スマートSIはIoTの分野で活躍し始め、顧客はそこでお金をかけている(現在は新興企業や新規参入企業で)、そして超競争的なITサービスの収益と利益の減少に対抗するSIerの必要性な場所になるとおもっています。

10. IoTにおける分析、AI、ML(Machine Learning)、およびエッジコンピューティングの出現


上記の予測項目5で触れたように、深刻なAIおよびMLプラットフォームを実行するのに十分なデータがIoTデバイスによって作成されていません。

私は、2019年にこれが変わると信じています。何百万もの追加のセンサーが展開されているので、分析エンジンとAIにはより豊富な摂取が利用可能になるでしょう。

その良い例は、IoTデータと情報を非常に有利に使用し、エネルギーコストを節約し、機器の故障や故障を予測するためにProp Techですでに起こっていることです。

2018年に我々は、ハイスループットコンピューティングが例えば人、車、バスなどを数えるためにビデオカメラで使用され(そしてUoWスマートインフラストラクチャのおかげで)そして次に単純なカウントを送信するエッジコンピューティング革新のいくつかの素晴らしい例を見ました。分析処理のためのLoRaWANネットワーク上のデータ、高品質データと正確な洞察がエッジから送信されるため、AIとMLはさらに効果的になります。



Paul McManus
Meshed IoT - LoRaWAN Smart Cities & Ag Tech
Published on 2018 M12 29
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.linkedin.com/in/pmcmanus63/

==================================

↓↓↓↓↓↓↓
ボストンコンサルティング、世界のIoT市場は2020年までに2670億USドル(29兆6743億円)規模に拡大



↓↓↓↓↓↓↓
LoRaとIoT市場の未来







◆LoRa IoTスターターキットをThe Things Networkで試す パート1:LoRaWANとキットの紹介
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/getting-start-the-lora-iot-starter-kit-with-the-things-network-part1-jp





無免許長距離無線通信ネットワーク LPWANの代表例であるLoRaWANは,センサデバイスとセキュアに通信するため暗号化して通信する仕組みが導入されています。通信開始時は、「アクティベーション」により暗号鍵を交換しますが、この方式にはABPとOTAAの2種類があります。今後、LoRaWANの発展において理解が重要であるこの2種類の方式について解説します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/what-is-the-activation-method-on-lorawan-abp-and-otaa-jp







以上







右下の字幕オプションで日本語を選択してご覧ください!

■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com














CRIニュースレター登録


*ご興味ある方は、下記入力欄にEmailアドレスをご入力後、左下のSubscribeボタンをクリックして下さい。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する