FC2ブログ

SEO対策にJoomla!~LoRaWANとBluetooth連携!

Joomla!でSEM奮戦記、Bluetooth端末とLoRaWANでIoTアプリケーション構築

TOP >  FOTA >  LoRa Alliance Tokyoへ行ってきました!

LoRa Alliance Tokyoへ行ってきました!

昨日、10月25日(木) 新宿ヒルトンホテルで開催されたLoRa Alliance Tokyoに参加しました。



The Things Network Shizuokaイニシエータの原賀さんと合流し、さっそく新宿ヒルトンの会場に。 

カンファレンス会場の隣のベンダー展示ブース。 The Things Network Stack V3を採用されたM2Bコミュニケーションズ社。 Powered by THE THINGS INDUSTRIES パネル表示。 M2Bコミュニケーションズ社の都竹さん、田代さんとThe Things Network Shizuokaの原賀さんとで記念写真。



M2Bコミュニケーションズ社ブースで展示されていた山や崖崩れをセンシングするLoRa通信機能付きのノード。 実際の杭の専業メーカーとの共同開発ということでとてもよく考えれらている商品でした。 温暖化による異常気象は今後また世界的規模で継続するので、通信費用のかからない災害向けLoRaノードは、今後かなりの需要が見込まれるでしょう!



arm社のJan JongboomさんもLoRa Allinance Tokyoのスピーカーとして参加。 今回彼のスピーチを聞くというのが目的でした。 結婚式会場のように丸テーブルに10席椅子があり、各席には同時通訳アダプタがテーブルに置いてありました。 参加者は全体で200名ほど。



Janさんが実際にスピーチで使っていたプレゼン資料です。 ご参考まで。



*プレゼンテーション枠が限られた時間だったようでJanさんの話が薄かったので追加です。こちらに補足説明資料をご紹介します。 彼が、mBed OSのLoRaWANスタックの企画設計、実装に深くかかわっています。



夜、西新橋にある蛇の目寿司で皆で合流してIoT秘密の会議(笑) 




Jan JongboomさんとJohan Stokkingさん、来年1月31日アムステルダムで開催されるThe Things Conference再会を約束して二人とお別れ!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

The Things NetworkとARMの共同プロジェクト - LoRaWANファームウェアアップデート機能



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

LoRaWANがOTAに対応、遠隔からファームウェアのアップデートが可能に


体系化されたFUOTA対応LoRaWANスタックは、大規模IoTシステムで必須機能です。



『今回LoRa Alliance Tokyoで発表された新仕様は具体的には、時刻同期用の「LoRaWAN Application Layer Clock Synchronization Specification v1.0.0」、マルチキャスト用の「LoRaWAN Remote Multicast Setup Specification v1.0.0」、大容量ファイルのユニキャスト用の「LoRaWAN Fragmented Data Block Transport Specification v1.0.0」の3つで構成され、いずれもFUOTAを実現するためのものだ。FUOTAの機能を利用するためには、新仕様に対応した新しいスタックが必要。既存のLoRaWANデバイスは、そのままではFUOTAを利用できない』







以上






■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com














CRIニュースレター登録


*ご興味ある方は、下記入力欄にEmailアドレスをご入力後、左下のSubscribeボタンをクリックして下さい。
















関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する