FC2ブログ

Dragino 8+1チャンネルLoRaWAN Picoゲートウェイ LG308 まもなく発売!

2018年11月初めに中国出張でDragino本社でお客様と打ち合わせしました。予てから共同で開発しておりましたSemtech SX1308 LoRaコンセントレータとSX1276 LoRaトランシーバーをベースにした8+1チャンネルLoRaWAN Picoゲートウェイの国内販売がようやくリリースできる段階になってきましたのでお知らせします。



*8+1チャンネルLoRaWAN通信カードは、GPS機能搭載をしてRasberry Pi 3 タイプB拡張カード(HAT)として使用可能!



LoRaWAN Picoゲートウェイ LG308は、LoRa無線通信とWiFiまたはEthernet経由でIPネットワークを橋渡しします。IPバックホールとして3G/LTEネットワークへも専用モジュールを装着して繋ぐこともできます。 LoRa無線を使うとセンサデータを低消費電力で、より遠くまで送受信することができます。


*IPバックホールとして運用される場合、NTTドコモ、またはソフトバンクのSIMを挿入してご利用できます。

LoRaWAN PicoゲートウェイLG308は、LoRaWANプロトコルに完全に準拠しています。そして、Semtech社SX1308 LoRaコンセントレータチップセットとSX1276 LoRaトランシーバーを装備しております。さらにSX1308チップセットは、10種類のプログラマブルパラレルデモジュレーションパスに対応し、SX1308が転送ブロックされたとしてもSX1276トランシーバーで送信が可能になります。

2種類のLoRa通信チップ構成により、単一LoRaコンセントレータ―SX1301と比較しても、より効率的に安定したLoRaWANネットワークを構築することができます。




*LoRaWAN Picoゲートウェイ LG308の特長

  ・Open Source OpenWrt LEDE システム
  ・Web設定画面又はSSH管理
  ・49種類 LoRaデモジュレータ(変調)
  ・LoRaWAN仕様準拠ゲートウェイ
  ・Semtech SX1308低消費ゲートウェイチップセット搭載
  ・Semtech SX1276 送信パス対応
  ・10個のプログラマブルパラレルデモジュレーションパス

*LoRaWAN Picoゲートウェイ LG308 英文マニュアル

↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LG308_User_Manual_v1.0.pdf





今後、日本でもオープンな環境でベンダーロックインされないLoRaWANネットワークを構築する際、お求めやすい価格でゲートウェイをご提供させていただく予定です。 お楽しみに!!!


↓↓↓↓↓↓↓↓
Dense Networkの可能性とLoRa Geolocationサービス


↓↓↓↓↓↓↓↓
衛星GPS(GNSS)からLoRaWANによるTDoAへの移行


↓↓↓↓↓↓↓↓
ラズパイとLoRaWAN (The Things Network)


↓↓↓↓↓↓↓↓
ピコセル型LoRa Geolocationサービス


↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationユースケース







以上







■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



スポンサーサイト

独BOSCH - XDK、LoRaWANに対応してパワーアップ!

今月、独の車載部品メーカーBosch社からXDK(クロスドメイン開発キット)が、正式にLoRaWANに対応してパワーアップしたというのでご紹介いたします。 LoRaWANに対応したことで今後ますますスマートファクトリーが普及することでしょう!





Bosch XDK110クロスドメイン開発キットでは、モノのインターネット向けのセンサベース製品およびアプリケーションのプロトタイプをすばやく作成できます。このワイアレスセンサは、IoTアプリケーションの時間とコストをカットし、基本的または高度なレベルのプログラミングが自由にできます。XDK110は、複数の微小電気機械システム(MEMS)センサが含む統合製品です。活発な情報交換、知識の共有、技術的サポートおよびその他のためのXDK開発者コミュニティにアクセスします。このデバイスは、大量生産するためのプロトタイプからの簡単に移行できるよう目的に設計されており、製品開発に明確な道筋を提供しています。

特徴
オールインワンセンサ開発キットで、部品選択、ハードウェアアセンブリ、アルタイムオペレーティングシステムの展開必要としません。初めてのプログラミング用の便利なアルゴリズムライブラリ、サンプルアプリケーションです。
すべてのシステムコンポーネント用ドライバ セキュアなデータプロトコル
小型フォームファクタ
内蔵リチウムイオン充電式電池
同梱の拡張ボード経由で機能的な拡張性
高レベルのAPIの標準パワーユーザーのユーザーおよび低レベルのAPI
PCベース開発ツールによって、あらゆる開発者向けツールと併用しやすい
CE、 FCC およびIC認証済
サンプリングレート
加速度計2000Hz
ジャイロスコープ2000Hz
磁力計300Hz
182Hz BME160センサ
BMI610センサ1600Hz(加速度計); 3200Hz(ジャイロスコープ)

動作条件
動作温度範囲: −20°C~60°C
保管温度範囲:−20 ° C~60°C
湿度範囲: 10~90%RH(非結露)
IP定格: IP 30(IEC 60529)
電圧:5VDC
充電電流: 最大500mA
測定範囲
加速度計±2…±16g(プログラマブル)
ジャイロスコープ±125º/s…±2000º/s(プログラマブル)
磁場強度±1300μT(X、Y軸)、±2500μT(Z軸)
光センサ0.045-約21万5 Lux; 22ビット
温度-20ºc~60°C[XDK動作条件より制限]
圧力300~1100hPa
10~90%RH湿度(結露なし)[XDK動作条件より制限]

ユーザインターフェイス
電源スイッチ
充電の状態を表示する緑のシステムLED
3つのプログラマブルステータスLED(赤、橙、黄)
2つのプログラマブルプッシュボタン
Micro SDカードスロット
Jリンクデバッグプローブ用のインターフェース
拡張ボード用インターフェース

*Bosch XDKの詳細はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.mouser.jp/new/bosch/bosch-xdk110/





新たにLoRaWANに対応した通信アダプタがリリースされました!



今年2月に開催されましたThe Things Conferenceでは、TTN STUTTGARTコミュニティのイニシエータ Mirko Rossさんが、この話をされていました。 ようやく半年以上たち、BoschでLoRaWAN対応XDKモジュールとしてアナウンスされました。



*TTN STUTTGARTでBosch XDK開発者とともに紹介されたLoRaWAN対応通信モジュール
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/community/region-stuttgart/post/01032018-bosch-connectivity-presenting-their-xdk-to-discuss-ttn-lora-usecases

The Things Networkの標準見える化ツール Cayennesを利用中です。



拡大キャプチャー画面
↓↓↓



推進中のDragino LoRa miniもいくつかのセンサーと一緒にリスト表示されています!







以上






■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 



The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



11/14/2018, IoT Workshop Yokohamaに参加させていただきました!

昨日、2018年11月14日横浜みなとみらいで開催されました「IoT Workshop Yokohama」に参加させていただきました。 ちょうどET/IoT Technology展が近所で開催されていました。 数年前、組み込みデータベースを販売していた時は、同じ展示会に出展社として参加していました。 当時の展示会の冠名は、 Embedded Technologyという名称でした。当時からの出展社名もまだ出店していて馴染みがあり、懐かしい感じでした。

その後で「IoT Workshop Yokohama」に参加・合流しました。









プログラム:

15:30-15:40:開催趣旨説明・出席者紹介

15:40-16:10:センサネットワークコンソ-シアムでの活動紹介:山口耕司・秋山 演亮



プレゼンテーション資料です。ご参考まで。





プレゼンテーション資料です。ご参考まで。



16:10-16:30:LoRa技術とThe Things Networkの紹介: TTNアンバサダー 吉田秀利



プレゼンテーション資料です。ご参考まで。



16:30-16:50:Openwaveでの活用事例:TTN横浜 尾鷲彰一



16:50-17:00: ----------------------- 休憩(10分)--------------------

17:00-17:10:ルワンダでのIoT事例とLoRa衛星: 東京大学 福代孝良



アフリカ・ルワンダからネット経由で福代さんにプレゼンテーションをしていただきました。東京大学中須賀教授とスマートアフリカプロジェクトを推進されているとのことでした。

17:10-17:20:ハイブリッドロケット用テレメトリ装置の開発と打ち上げ結果:神奈川大学ロケット部



プレゼンテーション資料です。ご参考まで。



17:20-17:40:TTNN静岡での活用事例: TTN静岡 原賀浩太郎



プレゼンテーション資料です。ご参考まで



17:40-18:00:質疑応答・ラップアップ

18:30~ :懇親会:レストラン・カフェ grill&sea table AKITO

主催: センサネットワークコンソーシアム、The Things Network 横浜、
The Things Networkアンバサダー

後援: 神奈川県異業種連携協議会、まんてんプロジェクト、一般社団法人九州G空間情報実践協議会、

次世代宇宙システム技術研究組合


Sensor Network Consortium について
センサネットワークコンソーシアムは、IoTの技術や利活用の普及を目指すオープンコンソーシアムです。IoTデバイスや利用システムの開発を有志が集まって進めています。

*センサーネットワークコンソーシアムPV
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/SensorNetworkJP/videos/589184538112506/

*センサーネットワークコンソーシアムのサイト
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
www.sensor-network.jp




ワークショップに参加された皆様、登壇された皆様、ほんとにお疲れ様でした! 


*関連ブログ
↓↓↓↓↓↓
災害予測に衛星データ活用




以上






■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



半年ぶりに深圳Dragino社を訪問しました!

先週 、半年ぶりに深圳郊外にあるDragino社および委託工場を訪問しました。 

今回は、いつものオープンウェーブ社長&TTN Yokohamaイニシエータの尾鷲さんに加えて、Dragino製LoRa通信モジュール『LoRa mini』を自社IoT商品に組み込み採用いただいている二人のイノベーターである

・Sensor Network代表理事山口さんと
・NEXT STEP代表&TTN Fukuokaイニシエータの上野さん

にご同行いただいて訪問しました。 

さらに山口さんが、LoRaセンサノード用PCBをネット経由で発注されているSeeed Studio社へも同じ深圳市にあるということで表敬訪問しました。 【Seeed Studioは、Dragino商品の販売代理店でもあります。 Seeed Studio CEOのEricさんは不在だったため、かわりにIoT事業責任者&Seeed Studio CTOのAlbert Miaoさんが迎えていただきました】

* 『LoRa mini』組み込み商品 1. - Sensor Network山口さんが設計したラズパイ用LoRaセンサノードPCBと水位計





* 『LoRa mini』組み込み商品 2 - .NEXTSTEP上野さんが設計したLoRa環境センサーモジュール




ホテルまでDragino CEO Edwinさんが我々を迎えにきてくれてDragino本社に1時間で到着。 Edwinさんから会社概要および商品ロードマップについて説明してもらいました。その後、今度リリースする8+1チャンネルLoRaWANゲートウェイ LG308 の紹介を受けました。



* Semtech 8チャンネル対応 SX1308ベース+1チャンネル SX1276を搭載したPico LoRaWANゲートウェイ
詳細はこちらから (技適は来年初旬予定)
↓↓↓↓↓↓↓
http://www.dragino.com/products/lora/item/140-lg308.html

さらに当方からの要望で、同じLoRaWANゲートウェイ基板を共通化したラズパイ拡張モジュールとして対応できる8+1 LoRaWAN GPS HATの試作品。 (これも技適は来年初旬対応します)



*ARM CortexMをベースに設計されたLoRa GPS Tracker、既に初期ロットの下記FASTPCBA社で製造中です。



午前中でさまざまな商品ロードマップや技術的な質問など情報交換をして昼食をとりました。 Dragino本社で記念撮影!



食事を終えて、深圳郊外の西から東へと車でおそよ1時間移動、Dragino外注先アッセンブリ工場のFASTPCBA社に到着。さっそく工場見学のため、帽子と上着、靴カバーを着衣してクリーンシャワーを浴びて工場内で見学しました。

案内役の若い女性は、英語の発音がきれいで、おそらく英語専攻していた感じでした。



入口にはいると壁一面に会社の組織図が貼ってありました。



PCB組立工程図



おそらく組立工場で使っている製造設備メーカーの名称が一覧表示されています。 日本のヤマハ発動機もありました。



部品保管場所



受け入れ検査および品証部署



アッセンブリメインラインはドアが別になっています。この先に自動表面実装機が数台並んでいます。



ヤマハ製の自動部品実装機









実際にDragino社が設計したエレベータ用コントローラPCB特注品が最終工程にストックされていました。



Dragino社がODM供給中のエレベータ用コントローラを手にする尾鷲さん



Dragino社 CEO Edwinさんが、自分で設計したLoRa GPS TrackerのPCBを手に取りチェック!



1時間くらい工場見学後、FASTPCBA社入り口で記念撮影!



さらにおよそ1時間弱、車で移動してSeed Studino本社へ到着。 CTOのAlbert Miaoさんが迎えてくれました。 



中国ではじめてMaker Faireを始めたのがSeeed Studioだったようです。 知らなかった!



さっそくAlbertさんが展開しているIoT事業について説明



説明の途中で、LoRaWANの話しになり、どこかでみたようなロゴ、 The Things Networkのロゴがクライドエコシステムの中に記載されていました。 私が、The Things Network Japanアンバサダー、 尾鷲さんがTTN横浜イニシエータ、 上野さんがTTN福岡イニシエータという話をすると、Albertさんが思い出したように席を立ち、しばらくしてもどってきました。



Albertさんが手にして開発中だというLoRaWANゲートウェイと2つのセンサノードを机の上に置きました!



机の上に置かれたLoRaゲートウェイの試作品を立って見入る山口さん!



最後に興味深いIoTユースケースをAlbertさんが紹介してくれました。 それは、『IoTea』という名称で動画が埋め込まれたプレゼンで、中国のお茶畑をLoRaセンサモジュールとソーラー付きLoRaWANゲートウェイで環境管理するというものでした。







*Seeed StudioのIoTソリューションサイト
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.seeed.cc/#/iot



Seeed Studioに向かう車で移動中のEdwinさんに会社のことを聞いたら、Seeed Sdudiioは、純正のArduino商品の供給元でもあり、ここ最近はかなり売上が拡大し、近い内に上場するようなことをいってました。 社内を見回すと社員は、みな若く活気がありました。



最後にSeeed Studioの会社入口で記念撮影!



この後、いわゆる深圳のラジオ会館、といっても秋葉原の10倍以上の広さ。 夕方6時にお店が閉店するので急いで移動。



ラジオ会館を後にして深圳で有名なレストランで会食。



1日フルでEdwinさんのベンツで運転案内してもらいました。 食事までご馳走になり、ほんとにありがとう! 謝謝。



皆さま、おつかれさまでした。辛苦了!

=========================

来週11月14日(水)さまざなIoTシステムを手掛けられるSENSOR NETWORKさんとTTN Yokohamaさん主催のユースケースを中心としたセミナーを横浜で開催します! お近くの方、ご興味ある方は、是非お越しくださいませ。

IoT Workshop Yokohama
  身近なIoTを目指して ~最新技術と利用事例~




IoT普及のカギは、安価で誰でも使えるシステムが必要となります。
LoRa無線技術を中心とした、デバイスやインフラの開発・利用事例を中心に、オープンな情報交換会を行います。

日時: 2018/11/14(水)15時30分~18時
場所: 日本丸メモリアルパーク・訓練センター 第3教室
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-1-1

プログラム:
15:30-15:40:開催趣旨説明・出席者紹介
15:40-16:00:事例紹介① センサネットワークコンソ(秋山、山口)
16:00-16:20:事例紹介② The Things Network 横浜(尾鷲)
16:20-16:40:事例紹介③ The Things Network アンバサダー(吉田)
16:40-17:00:事例紹介④ The Things Network 静岡(原賀)
17:00-17:10:休憩(10分) 
17:10-17:30:事例紹介⑤ (調整中)
17:30-17:50:質疑応答
17:50-18:00:ラップアップ

18:30~ :懇親会:桜木町野毛近辺(場所未定)会費制4000円ぐらい)

主催:
 センサーネットワークコンソーシアム
 The Things Network 横浜
 The Things Networkアンバサダー

後援: (調整中)
 一般社団法人九州G空間情報実践協議会
 神奈川県異業種連携協議会 


*ご興味ある方は、下記サイトよりお申し込みできます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/events/1113167908860513/










以上






■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック