FC2ブログ

ようやく、 GoogleがLoRa Allianceの公式スポンサーに!

2/18/5/31にGoogle Cloudが、正式にLoRa Allicanceのスポンサー企業として参加したニュースが流れました。 今年2月のLoRaWAN世界開発者会議 The Things Confernceに出席した際、AmazonやMicorsoftは、それぞれKeynoteセッションもあり、何故 Googleは参加しないんだろう?と思っていました。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://lora-alliance.org/in-the-news/lora-alliancetm-announces-google-cloud-joins-sponsor-member

これは推測の域をでておりませんが、米東海岸フィラデルフィアに本拠としてうケーブルネットワーク配給およびISP大手のComcastが、西海岸でそれもGoogleのお膝元サンフランシスコのベイエリアにいちはやくLoRaWANネットワークを構築し、IoTサービス展開しているのが原因かもしれません???

いよいよ、米国でもSenetの全米プロパンガス配給から、さまざまな産業を巻き込んでLoRaWANネットワークが立ち上がる感じがしています。

*COMCASTのプレスリリース
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://corporate.comcast.com/press/releases/comcasts-machineq-lights-up-san-francisco-bay-area-with-lorawan-iot-network

下記にてネットニュースを翻訳します
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IoTネットワークがサンフランシスコベイエリアで活性化




MachineQサービスの展開は勢ついており、最近、さまざまな業界で新しい顧客を発表しました。

米大手ISPのComcastは、カリフォルニア州のサンフランシスコベイエリアで、マシンエンタープライズのInternet of Things(IoT)サービスを開始しました。現在、クパチーノ、フリーモント、ヘイワード、メンロパーク、マウンテンビュー、オークランド、パロアルト、レッドウッドシティー、サンノゼ、サンタクララ、サニーベール、サンフランシスコと同様に主要な技術拠点でLoRaWANネットワークを構築しました。



エンタープライズグレードのIoTソリューションを構築する上で地域の新興企業や開発者は、machineQネットワークを利用することで今やクラウドに接続できるようになりました。 MachineQゼネラルマネジャーのAlex Khorramは、IoT "震源地"として密集したIoTネットワークを提供するという決断は、"非常に簡単だ"と述べました。

「ソリューションプロバイダーと協力して成功を収めた当初は、米国やその他の地域で急速に成長している企業向けIoT分野で、LoRaWANなどの低消費電力でコスト効率の高いテクノロジが必要であることを強調しています。

高精度センサー技術を開発する専門家であるSanta RosaベースのPNI社のセンサーは、MachineQ のLoRaWANネットワークを利用しているクライアント向けのソリューションの1つです。 そのPlacePodスマートパーキングソリューションは、オンストリートおよびオフストリートのパブリックおよびプライベート駐車場管理のために、正確でリアルタイムの車両検出と利用可能なパーキングスペースの配置情報を提供します。

PNI社のマーケティングディレクター、Robin Stoeckerは、“都市は、PlacePodスマートパーキングセンサーのリアルタイム駐車データを利用して、ドライバーが駐車場を見つけやすいようにしています。 MachineQのLoRaWANサービスを利用することで、駐車場や他の接続されているIoT機器の情報を活用して、駐車スペースを空けるための運転手の渋滞状況把握や炭素排出量を削減することを目的としてデータ駆動型で意志決定を促すことができます。

MachineQネットワークは、世界中の43カ国の80以上の通信事業者が現在使用しているLoRaWANテクノロジープロトコルを使用して構築されています。 サンフランシスコベイエリアのネットワーク展開は、最近、資産追跡、地理的位置、水道メーター、施設管理、害虫駆除などの様々な業界に新しい顧客を発表し、MachineQの勢いを続けています。

MchineQチームは、サンタクララの5月16日から17日まで、IoT Worldのスタートアップシティーショーケースでプロジェクトカイロスのスポンサーです。


*LoRa Geolocationサービス - COLLOS


The Things Network Kagoshimaイニシエータの田中さんにSemtech社の戦略位置測位サービス「COLLOS」を試してもらいました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-1

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-2

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Dense Networkの可能性とLoRa Geolocationサービス





◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com







スポンサーサイト

The Things Networkのパートナー企業が70社、ユーザー数4万人を越えました!

今年2月にアムステルダムで開催されましたThe Things Conference会場での壁広告の様子です。

The Things Conference - サードパーティ製LoRaWANデバイス
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-807.html

そして、今年4月からThe Things Networkのトップメニューページを自社デバイス販売をメインとしていた"SHOP"からビジネスエコシステムを構築するため"MARTKETPLACE"に変更し、The Things Network環境下で使えるLoRaWANノードデバイス、ゲートウェイ、IoTアプリケーション等他社商品を紹介するメニューに変更しました。

今週に入り、この"MARKETPLACE"パートナーページの協賛企業が70社を越えました! そしてユーザー登録も40,000人を越えました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/marketplace/partners






◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



NB-IoTデバイスの出荷台数、2023年6億1320万台に達する

先月末、中国深圳にあるDragino社訪問の際に紹介されましたNB-IoT Arduinoシールドの写真です。中国でNB-IoTモジュール市場が既にたちあがっているのか? これから大量に出荷するCEO Edwinが言っていました。 委託工場も従来の工場に加えて新たに契約先を追加して増産すると説明していました。

*Dragino NB-IoT Shield for Arduino


↓↓↓↓↓↓↓
http://wiki.dragino.com/index.php?title=NB-IoT_Shield


世界のスマホ市場 CPUを独占しているarm社もIoT市場向けmBed OS 5.8からは、NB-IoTLoRaWAN通信スタックを標準装備しています。 これを見てもLPWA(日本)、海外ではLPWANと呼ばれている新しい低電力消費通信市場は、この2つのプロトコルで成長するものと推測できます。

*今年2月に開催されましたLoRaWANデベロッパー会議 The Things Conferenceでもarm IoTエヴァンジェリスト Jan Jongboomさんのkeynote



NB-IoTに関する記事を見つけましたので、ご参考までに転載します。

NB-IoTデバイス出荷台数は2023年に6億1320万台に達する

*下記オリジナル記事転載
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://iotbusinessnews.com/2018/05/15/82055-nb-iot-device-shipments-will-reach-613-2-million-units-in-2023/



IoTアナリストのBerg Insight社の新しい調査報告によると、NB-IoTデバイスの世界出荷台数は、2018年の1億690万ユニットから41.8%の年平均成長率(CAGR)で2023年には6億1132万台に達すると予測しています。

NB-IoTは、主要マーケットアプリケーションは2Gに取って代わろうとしている中国の需要急増により、急成長に加速しています。

上級アナリストでレポートの作成者であるTobias Ryberg氏は次のように述べています。

"中国は、世界の携帯電話のIoT産業における大きなパラダイムシフトを推進しています。 世界最大のデジタル・インフラストラクチャー・プロジェクトの1つに着手し、今後5年間に数十億の新しい接続デバイスが生まれます。 NB-IoTは、国の優先LPWA技術として指定されており、国家政策において重要な役割を果たしています。"

2Gから4Gへの移行は、世界的な傾向であり、NB-IoTによって加速されています。 ヨーロッパでは大手移動通信事業者が、NB-IoTのユビキタス領域への進展を図っています。

Vodafoneは、標準開発のリーダーの一員であり、2020年までに全ネットワークにわたって商用サービスを展開します。2017年末にオペレーターはイタリア、スペイン、アイルランド、オランダに「NB-IoT」サービスを提供しました 。 2018年には、ドイツ、英国、チェコに拡大予定です。 Deutsche Telekomは、2011年第2四半期にドイツとオランダで導入され、さらに6つの欧州諸国に適用範囲を拡大する予定です。 2018年初頭にNB-IoTサービスを提供している他の欧州事業者にはOrange、TIM、Telia Companyが含まれています。 Telefonicaは今年後半にヨーロッパで導入を開始する予定です。

北米市場もNB-IoTが離陸を開始しています。 T-MobileUSAは今年2月にラスベガスでNB-IoTサービスを開始し、Verizon は、年末までに256万平方マイルをカバーする全国ネットワークを構築する計画しています。

オーストラリア、シンガポール、南アフリカ、韓国、トルコ、アラブ首長国連邦などはすでに展開が進んでいる国の例です。



LTE-Mは、市場の変革において重要な役割を果たすもう1つの技術です。 Berg Insights社は、2020/20/2019の間に採用が加速し、2020年を超えて大規模に拡大すると予測しています。2023年までに年間LTE-Mデバイスの出荷台数が1億8,530万台に達すると予測しています。


LoRaWAN 1.1対応TTN Stack V3は今夏リリース!





◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



富士山観光と中国経済

ゴールデンウィーク中に富士山と箱根で神社詣をしました。 今年もあと数か月、良いことがありますように!


*箱根から御殿場方面138号線から見える富士山、とても壮観です。 138号線から富士スバルラインを通り富士山五合目まで自家用車で登りました。


*五合目の真向かいは富士山山頂が望めます。この時の温度は、摂氏5°C、海抜2,300メートル。


*五合目ロッジの辺りは、90%が中華系観光客の人達で賑わってました。ロッジにある売店は、中華系観光客で持っている感じです。(昨年も同じ状況でしたので)。 中国人、台湾人、その他アジアからのお客様、ありがたいことです(笑)


*五合目ロッジを通り過ぎると鳥居があり、2つ鳥居をくぐりぬけると富士山大社があります。


*五合目ロッジを階段で下ると展望台があり、この日、ほぼ全員中華人でした。五合目の駐車場は、観光バスと自家用車は別の位置にあり、帰る際に駐車してある大型観光バスの数を数えてみたら、30台でした! 


*ちょっとググってみると統計の真偽は別として、日本と中国のGDPは2010年からだいぶ差をつけられています。 4月末に中国深圳に出張しましたが、IoTベンチャー企業のせいか? 訪問した会社2社は景気がよく、事務所の専用駐車場には、日本車製を含めて高級車で埋められていました。 深圳という事情もあるとおもいますが、生活している人のレベルは確実に上がっている感じがします。


*たまたま連休最後の日に図書館で読んだ雑誌「エコノミスト」にキャッシュレス社会に大きく変遷した中国の記事が載ってましたので、一部転載します。

===== ここから記事一部転載 ===== 

 ATM(現金自動受払機)は、鉄の塊、クレジットカードはプラスチックのごみ、いずれも産業廃棄物になる日が来るだろう」(上海伊藤忠商事・水谷秀文総経理)
 中国駐在16年を数えるベテラン商社マンが驚く程、この2年の中国の激変ぶりはすさまじい。
 実際に上海の街を歩くと、一個二元(日本円34円)の屋台の肉まん、コンビニの無人レジ、タクシーの呼び出しと支払い、シェアリング自転車、飲み屋の割り勘まで、全てがスマホによる二次元コード(QRコード)の読み取りとタップで決済できる世界が出現している。完全なる現金なし社会だ。
 朝の忙しいコンビニの行列、タクシーの支払いの時に出すおつりのやり取りやカードの暗証番号の打ち込みとサイン、こうした作業が全く必要ない究極のストレスフリー社会。それが現在の中国の都市部で見られる日常光景になった。
 なぜここまで中国でスマホ決済が普及したのか。偽札が多い、お札が汚いなどの理由もあるが、店舗はQRコードを貼るだけで端末は要らず、手数料も無料。人手も減らせる。ネット通販最大手アリババの決済会社アリペイ(支付宝)、中国のネットサービス最大手テンセントのメッセンジャーアプリの微信のWeChat Pay (微信支付)の2強がさまざまな優遇策や利子付きサービスを始めたのも普及の追い風となっている。

日本のGDPを上回る

 中国の調査会社、易観によれば2017年10~12月期の中国のモバイル決済の総額は、37.8兆元(643兆日本円)。前年同期比で27%増加し、軽々と日本のGDPを上回った。その92%を2強が占めている。

 アリペイの場合、その決済履歴は個人の信用スコアリングとなり、芝麻信用という制度で点数が高いほど、公共図書館の本の貸し出しからレンタカー、シャエリング自転車、病院の診察に至るまでデポジット(事前預託)が必要ない、などの特典サービスを受けることができる。
  そのデータが国家が把握できるとしても、「便利ならいい」というのが中国人の功利主義だ。「地域差別、民族差別の解消にもなる」(中国人アナリスト)との意見もある。

===== 続きは、雑誌「エコノミスト」 2018.5.8号をお読みください。===== 


LoRaWAN 1.1対応TTN Stack V3は今夏リリース!





◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック