FC2ブログ

1年ぶりに中国深圳に出張しました!

1年ぶりに3泊4日のスケジュールで中国深圳まで出張してきました。 日本からの同行者はオープンウェーブの尾鷲社長です。今回は、Dragino社の新製品の仕様打ち合わせと新たなIoTベンダー2社との打ち合わせもありました。

*昨年2017年4月の深圳出張レポート
↓↓↓↓↓↓↓
Dragino社訪問 - LoRa通信ベンチャー




昨年と同じく香港国際空港からA43口で上水まで1時間ほどバスに乗り、地下鉄上水駅の次の駅羅湖駅で香港から中国への入管2カ所で検閲(この検閲に約2時間もかかりました!)をうけて、中国側の川を渡り、羅胡駅から徒歩5分程にあるBest Western ShenZhen Felicity Hotelに宿泊しました。

*Best Western ShenZhen Felicity Hotelの正面玄関




”福”マークの裏側は、旧正月の飾りになっていました。



ホテル13階の部屋から見える羅胡周辺の景色。20数年前に深圳のこの周辺を訪問した時は、20階以上の建物は、フランスとの合弁で建設されたホテルが3つだけしかありませんでした! 20数年を経て、あまりの発展ぶりに感慨深い思いがします。

*中国最大のシェアサイクル業者 ofo
羅胡駅からホテルまで歩いて向かう途中、中国最大のシェアサイクル - ofo の黄色の時点が目立ちました。深圳羅胡の街中には、黄色のofoとオレンジ色のmobikeの2社のシェアサイクルの寡占状態でした。





翌日朝、Dragino CEO Edwin Chenが、ホテルまで迎えに来てくれました。 昨年再会した時は、BMWの中古車でしたが、今年はベンツに代わってました(笑)。 売り上げもLoRa関連だけで昨年の4倍にまで拡大しているようです。

*Dragino 8チャンネル LoRaゲートウェイ - LG08の試作品
下記は、The Things Networkでも1000台以上実績のあるRAK Wireless製のSEMTECH SX1301を搭載した8チャンネルコンセントレータ―ボードが、Dragino社製OpenWRTボードの上に組み込まれています。




*Dragino LoRa GPS Trackerの改造版
ある欧州の顧客から受注したLoRa GPSトラッカーです。徘徊老人をターゲットにしたIoTアプリケーションと連携するように設計されています。



*Dragino MODBUS LoRa Brdige
MODBUS LoRa Brdige。 香港政府の公共施設に数千個採用されていると説明していました。 加速度センサーと傾斜センサーを内蔵させて、台風や災害がきた時に木樹や建築物の状況を把握するための遠隔地センサーモジュールといってました。 搭載されているMCUは、STMcroelectronics社にARM Coretex M0が搭載されDragino LoRa STモジュールが、MODBUS LoRa Brdige PCB上のM.2コネクター(右上部分)ににそのまま装着が可能です。



*Dragino 新型ARMベースのLoRaモジュールLoRa ST

↓↓↓↓↓↓↓
http://wiki.dragino.com/index.php?title=LoRa_ST

*Dragino NB-IoT Shield for Arduino
中国と欧米市場では、そろそろNB-IoT市場が立ち上がるのか? NB-IoT用シールドも紹介されました。


↓↓↓↓↓↓↓
http://wiki.dragino.com/index.php?title=NB-IoT_Shield


*Dragino CEO Edwin Chenと記念写真
Edwinさんと尾鷲さんと事務所の近所にあるレストランで美味しい点心をご馳走になり、記念写真。




*1年ぶりに散歩する羅湖中心地 - 金光華広場へ
この金光華広場近辺は、昨年、羅胡の街をさまよいならがWiFiスポットを利用できた場所だったのでよく覚えています。



ミィーティング最終日の夜、 金光華広場の近くの日本人のまったくいない四川火鍋店にチャレンジしました。 最初に注文する時から、店員の言葉がまったく理解できませんでした(笑)。 メニューを見ても全部漢字で、おそらく共通語できちんと話せる店員も少ないせいか?単語すら一言も聞き取れませんでした。広東訛りの共通語なのでチンプンカンプン?

若い女性店員が、見るに見かねて百度(バイドゥ)アプリの自動翻訳機能をつかい、尾鷲さんの日本語を聞き取りながら、理解していましたが、それも、どれだけあたっているかわかりませんでした?




注文も一番辛くなく、まろやかなスープにしたのですが、しゃぶしゃぶのように肉をたべたら、1つ食べただけで汗がポタポタ落ちるような状態!!!  とても食えたもんじゃないので、真ん中のほぼ辛くない安全地帯のスープで、羊、豚、牛と肉をたべました。 周りのテーブルをみていると日本の鍋料理のように最後にきしめんの形をした縦線の入った平たい麺をいれて食べていたので、この人達の味覚はどうなっているのだろう? と疑問に感じました(笑)

最後に、8チャンネル対応のLoRaWANゲートウェイは、6月くらいにはリリースできるとおもいます。お楽しみに!


◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



スポンサーサイト

LoRa GeolocationユースケースとThe Things Network Stack V3

LoRa無線変調技術を発明したNicolas Sorninが保持している数々のパテントリストです。

*Nicolas Sorninのパテントリスト

https://patents.justia.com/inventor/nicolas-sornin

その中でもSemtechと共同申請しているのは、下記の内容となります。

*SemtechとNicolas Sorninと共同パテント

https://patents.justia.com/patent/9800288

Google翻訳で直訳したので文書がわかりずらくてすみません!  
=================================
1つまたは複数のビーコンおよび複数のエンドポイントを備えるネットワークにおける無線通信方法であって、チャープ拡散スペクトルフォーマットに従って変調されたタイミングメッセージをビーコンによって送信し、前記タイミングメッセージを1つまたは複数のエンドノードa 前記タイミングメッセージを検出して、前記タイミングメッセージによって前記送信機の前記時間基準への前記エンドノードのローカル周波数基準及び/又は時間基準を整列させることを特徴とする方法。
=================================
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
この内容、LoRaWANに携わる方なら、ピンとこられると思いますが、LoRaデバイスクラスBを意味しています。 Semtechが、LoRa Geolocationサービスを推進している原因はここにあります!


米国Philladelphiaに本社を置く米大手ISPのCOMCASTが、LoRaWANサービス - MachineQメニューの中で市内バスにGPSチップを使わず、LoRaノード端末のみでLoRa Geolocationを実践しています。 市バス位置測位LoRa Geolocationシステムの開発供給元Microshare社の担当女性のプレゼンです。

*MicroshareのLoRa Geolocationユースケース





*LoRa Geolocationサービス - COLLOS



The Things NetworkでLoRa Geolocationに対応しました!下記のLoRaノードデバイスの位置情報を取得するAPIをThe Things Networkと連携してご利用できます。 COLLOSは、下記通信プロトコルをサポートしています。



デバイス測位方法には次の3つ方法があり、測位精度は1から3の順に低くなります。

1.LoRa TDoA(到達時間差)+ Wi-Fi:10 m程度 エンドポイント

2.LoRa TDoA(到達時間差):20~50 m程度エンドポイント

3.LoRa RSSI(受信電界):200m程度 エンドポイント

詳しくは、The Things Networkのホームページ上のクイックスタートガイドをご参照ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/docs/applications/collos/quick-start.html

The Things NetworkとCOLLOSのアカウントを作成し、ご利用ください。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://preview.collos.org/


The Things Network Kagoshimaイニシエータの田中さんにSemtech社の戦略位置測位サービス「COLLOS」を試してもらいました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-1

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-2



*LoRaWAN 1.1xに対応のThe Things Networrk Stack V3開発状況

The Things Netowrkの技術チームは、今年の夏にリリースされる予定の主要なアップデート、クラスBとCを可能にするV3スタック、LoRaWAN 1.1をサポートし、パブリックネットワークとプライベイトネットワーク間のピアリングを可能にしています。 詳細につきましては、The Things ConferenceでのJohan Stokkingの説明をご参照ください!

LoRaWAN v1.1の仕様が公開されました!

*Johan StokkingによるThe Things Network Stack V3の説明






*来月5月4日 22:00に開催予定のWebinarのご案内です。The Things Network CEO Wienke GeizemanとTech Lead Johan Stokkingが今後の開発スケジュールについて説明します!




◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp




以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-2

TTN Kagoshimaイニシエータ 田中さんに下記 Dragino LoRa GPSトラッカーとSemtech開発のLoRa Geolocationサービス - COLLOSを使って鹿児島市内で実証実験をしていただきました。



位置測位地図表示は、Cayenneの標準機能を使いました。 GPS機能とLoRa Geolocation機能を比較表示しましたが、Cayenne位置情報認識が小数点5桁が切り捨てになる為、どちらも同じ緯度経度を表示されています。



右が、Dragino LoRa miniを使った位置測位の表示結果です。 Arudinoスケッチは同じプログラム tinyGPSを利用しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://github.com/dragino/Arduino-Profile-Examples/tree/master/libraries/Dragino/examples/GPS/tinygps_example

また、TTN MapperによるRSSI強度の地図表示も会わせて作成いただきました。



*TTN Mapperのヒートマップ



*LoRa Geolocationサービス - COLLOS



The Things NetworkでLoRa Geolocationに対応しました!下記のLoRaノードデバイスの位置情報を取得するAPIをThe Things Networkと連携してご利用できます。 COLLOSは、下記通信プロトコルをサポートしています。



デバイス測位方法には次の3つ方法があり、測位精度は1から3の順に低くなります。

1.LoRa TDoA(到達時間差)+ Wi-Fi:10 m程度 エンドポイント

2.LoRa TDoA(到達時間差):20~50 m程度エンドポイント

3.LoRa RSSI(受信電界):200m程度 エンドポイント

詳しくは、The Things Networkのホームページ上のクイックスタートガイドをご参照ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/docs/applications/collos/quick-start.html

The Things NetworkとCOLLOSのアカウントを作成し、ご利用ください。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://preview.collos.org/

*只今、The Things Networkユーザー向けにSemtech社よりLoRa Geolocationサービスのベータリリース公開中です。ぜひ、お試し下さい! 下記は2月に開催されましたThe Things ConferenceでのSemtech社 LoRa Geolocation担当部長 Richard Lansdowneのプレゼンテーションです。 ご参考までに!



*LoRa Geolocationに関するインタビュー動画

Semtech社Richard Lansdowneさんに加えて、米ComcastとオランダKPNのLoRa Geolocationサービス担当者へのインタビュー動画、米大手ISPのComcastは、市内バス、オランダ通信キャリアKPNは、もちろん全国に1800万台ある自転車が当面のLoRa Geolocationユースケースとのことです。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LoRa Geolocationサービス - COLLOSをためしてみる!-1




◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp




以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



LoRaWANスタック標準搭載、Arm mbed OS 5.8 リリース

2日前、Arm IoTエヴェンジェリストのJan Jongboomさん【このブログでも彼を何度か話題にしています】が、LoRaWANスタックが標準搭載されたArm mbed OS 5.8 リリースを投稿していました。



*Arm mbed OS 5.8ニュースリリース
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://os.mbed.com/blog/entry/Adding-a-LoRaWAN-stack-to-Mbed-OS-58/

*Jan Jongboomさん関連のブログ記事

The Things NetworkとARMの共同プロジェクト - LoRaWANファームウェアアップデート機能

ArmとのThe Things Networkと共催Webinar

The Things Conference - LoRaWANに関する2つの新技術



*Janさんが開発したリポジトリー
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://github.com/ARMmbed/lorawan-fota-bootloader

*Janさんによるmbed OSとLoRaWAN(The Things Network)に関するQ&A集
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://os.mbed.com/blog/entry/Getting-started-LoRa-Mbed-Things-Network/

*LoRaWANサンプルプログラム例
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://github.com/ARMmbed/mbed-os-example-lorawan


Arm mbed OS 5.8ニュースリリースのポイントだけ和訳します。

LoRaWANスタックは固定で6KB RAMに割り当てられています。 スタックの合計サイズはMbed OSのモジュール構成によって異なります。 すべての数値は、Mbed OS 5.8を実行しているMulti-Tech xDotをターゲットで測定した場合、



*Armでアナウンスされているmbed OS対応デバイス群、まだSTMicrolelctronics社製品(村田製作所製造)は、まだリストされていません?



*The Things Conferenceで使用したJan Jongboomさんの説明資料




Deep Learingをmbedデバイスシュミレータに組み込んでいるのは興味深い!




◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp




以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com





カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック