ArmとのThe Things Networkと共催Webinar

昨日、ArmのIoTエヴァンジェリスト Jan JongboomさんとThe Things Network Tech Lead(CTO) Johan StokkingさんとのWebinarが公開されました。 二人が使ったプレゼンテーション資料が、先ほど、Janさんから公開されました。





追記(12/2) : Arm Janさんが、上記Webinarでの質疑応答について下記サイトで公開しておりますので、追加しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://os.mbed.com/blog/entry/Getting-started-LoRa-Mbed-Things-Network/


先月、新宿ヒルトンホテルでThe Things Network Johanさんから、どうしても紹介したい人間がいるというので、実は少し風邪気味だったのですが、食事が終わり、ホテル一階のバーラウンジでJanさんと軽く会話をした程度でした。

Johanさんが、どうしても私に会わせたいといった内容が、ArmでIoTエヴァンジェリストとして活動しているJanさんの働きぶりをみて、最近少し理解できるようになりました。 Janさんの個人Githubを見ても、100数十にもおよぶプログラムが公開されていて、世界じゅうのArm mbed OSの普及活動を垣間見ることができました。 定住場所は、オランダアムステルダムだと思いますが、ほぼ世界各地を飛び回り、mbed OSカンファレンスやセミナーで、IoTエヴァンジェリストとして活動しているようです。

1つ彼の活動を通じて感じた事があります。 それはmbed OSを組み込んだ時計を説明している動画です。説明しているのは、Janさん。



IT業界長年従事されているシニアの方ならご存知かとおもいます。 米Intelが、日本のベンチャーであったビジコン、システック、東京応用化学、そしてシャープやカシオなど電卓委託生産で最初にトリガーとなった半導体市場。 電卓市場からマイコン、PCへと産業構造が大きく変わり、ここ最近はスマホ市場が成長してそのIntelも今、岐路にたっています。

ArmのIoTエヴァンジェリストであるJanさんの説明しているウェラブルやあらゆるセンサーがネットにつながるようになる変革は、この電卓の時と同じような光景をみているように思います。

おそらくあと何年かするとウェラブル市場にも第二の波が訪れるのでは?と感じています。(自分が、LoRa関連商品を企画しているからかもしれません?)

JanさんとJohanさんのこの前共同プロジェクトとしてThe Things Network上でLoRaWAN環境でファームウェアをアップデートするツールもオープンソースとして公開されています。

*ARM IoTエヴェンジェリスト JanさんとTTN CTO Johanさんの共同プロジェクトの詳細はこちらから......
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
The Things NetworkとARMの共同プロジェクト - LoRaWANファームウェアアップデート機能

最後に、本日The Things Network CEO WienkeさんのTEDx RotterdamのプレゼンがYoutubeで公開されました。ただいま、The Things Network参考本を執筆中です(汗)






以上




■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/



◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




スポンサーサイト

豊洲から始まる無償LoRaWANネットワークのご紹介

2017年11月22日、株式会社ミライト様主催、TTN YOKOHAMAを主催するオープンウェーブ様との共催による「豊洲から始まる無償LoRaWANネットワークのご紹介」セミナーが本日おこなわれました。The Things Network、The Things Industriesを使いながらCayennes myDevicesアプリケーションを連携するデモンストレーションを実施していただきました!








◇株式会社ミライト様プレスリリース

http://www.mrt.mirait.co.jp/info/info/4245.html


◇2017/11/29、Arm MbedとThe Things NetworkとのWebinar公開



LoRaWANは、デバイス通信のための最もエキサイティングな新技術の1つです。 無許可のスペクトル技術を利用して、10km以上の範囲と10年間のバッテリー寿命を約束し、誰もがIoTネットワークを構築できます。 これはInternet of Things(IoT)アプライアンスにとって完璧だと思います。 しかし、これらのパフォーマンスはどのように現実世界で実現していますか? そして、LoRaは、LTE Cat-MやNB-IoTのような他の低電力広域ネットワーク(LPWAN)とどう違うのですか?

*ARM mbed申し込サイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://pages.arm.com/2017-10-29-webinar-registration.html



*ARM IoTエヴェンジェリスト JanさんとTTN CTO Johanさんの共同プロジェクトの詳細はこちらから......
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
The Things NetworkとARMの共同プロジェクト - LoRaWANファームウェアアップデート機能




以上



■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




LoRa GPSトラッカーでLoRaWANクラスBビーコン機能をテスト!

今年7月末に当社パートナーのオープンウェーブ尾鷲さんとDraginoのある中国シンセンに訪問しました。 Dragino CEO Edwin Chen(10年以上の付き合い)と三者で打ち合わせしてから3回モデルチェンジを経て4か月がたちました。 そして、ようやくここまで漕ぎ付きました!(汗)

Dragino社訪問 - LoRa通信ベンチャー

今週初めに届いたばかりのLoRa miniをベースとしたGPSトラッカーの外観写真です。 先月末、LoRa Allianceで公開されましたLoRaWAN v1.1からサポートするクラスB(ビーコン機能)をこのGPSトラッカーを検証する予定です。

LoRaWAN v1.1の仕様が公開されました!





色のバリエーションは5種類となりますが、標準で販売する場合は、ケースとバッテリー無しのLoRa mini GPSトラッカーPCBとLoRaWANゲートウェイを開発キットとして販売する予定です。







◇LoRa miniをベースとしたGPSトラッカーのカタログ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRa_GPS_Tracker_catalog.pdf



2017年11月17日、18日に開催されます、「横浜ガジェット祭り2017」に、LoRa、The Things Networkなどについて、当社パートナーであり、TTN YOKOHAMAを主催する株式会社オープンウェーブさんが出展いたします。



*横浜ガジェット祭り2017の紹介Facebookページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/yokohamagadgetmatsuri/

オープンウェーブさんの出展会場は、会場C 横浜三井ビルディング1階、ブース番号はC15です!是非ご来場ください。



本日さっそく、出展会場に応援にいきました。 横浜駅近辺に三か所を借りて展示会場に模様替え。写真は、横浜駅東口駅中の会場です。



TTN Yokohamaを主催するオープンウェーブさんのブースにも近所にある大手企業の方が訪問、質問をうけ上々の滑り出しです!



◇Dragino社のRasberry Pi用LoRa GPSモジュールとほぼ同じ設定でThe Things Networkで利用が可能です!
↓↓↓↓↓↓↓
http://wiki.dragino.com/index.php?title=Connect_to_TTN#Use_LoRa_GPS_Shield_and_Arduino_as_LoRa_End_Device


◇The Things Network環境で利用できるマッピングサービス - TTN Mapper
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ttnmapper.org/

◇The Things Network環境でNode-Redを使い、GPSトラッキングする方法
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/labs/story/gps-tracker




以上




■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




LoRaWAN v1.1の仕様が公開されました!

2017年10月17日から20日まで中国蘇州市で第9回LoRa Allicanceカンファレンスが開催されました。





The Things Network CTOのJohan StokkingさんもLoRaWANネットワークサービスプロバイダーとして仕様策定の委員となっています。上記写真の司会者の左隣がJohanさん。

今回のLoRa Allicanceカンファレンスでは、LoRaWAN v1.1の仕様が公開されました。おもな特長として、

◆ハンドオーバーローミング、LoRaWANクラスB、およびセキュリティを強化したLoRaWAN 1.1仕様
◆LoRaWANバックエンドインターフェイス1.0 - ネットワークベンダー間のローミングに必要なネットワークを相互運用可能なノードをサポート
◆LoRaWAN 1.1リージョナルパラメータrev.Aでは、LoRaWAN 1.1エンドデバイスの地域固有の無線パラメータを記述

などが上げられます。さらにLoRaWANセキュリティキーの構造も新たにJoin Server機能が追加されたために、ネットワークセッションキーの構造もより堅牢なネットワークシステムとなりました。 

1.ハンドオーバーローミング、LoRaWANクラスB、およびセキュリティを強化したLoRaWAN 1.1仕様
2.LoRaWANバックエンドインターフェイス1.0 - ベンダー間のローミングに必要なネットワークを相互運用可能なノードをサポート
3.LoRaWAN 1.1リージョナルパラメータrev.Aでは、LoRaWAN 1.1エンドデバイスの地域固有の無線パラメータが記述

2017年11月3日にThe Things Network CTO Johanさんが自らLoRaWAN v1.1仕様についてWebinarで説明。 The Things Networkもバージョン2からバージョン3にアップデートすることでLoRaWAN v1.1に対応しました!



・2つのセッションキーを追加したセキュリティ機能強化
・新たなMACコマンドを追加
・LoRaWAN Class Bのサポート
・Join Serverによるセキュアプロビジョニング
・LoRaWANネットワーク間でのローミング機能

*LoRaWAN v1.1でアップデートされたキーの構造



NwkKeyから派生して3つのネットワークセッションキーで構成されます:

1. MACコマンドの暗号化のためのキーが、NwkSEncKey
2. サービスネットワークプロバイダが所有するMICの半分を計算するキーが、SNwkSIntKey
3. MICの残りの半分を計算し、転送先のネットワークプロバイダと共有するキーが、FNwkSIntKey

アプリケーションセッションキーのAppSkeyは、AppKeyから派生して、アプリケーションペイロードの暗号化に使用されます。
従来のLoRaWAN v1.0xネットワークサーバーでは、すべてのキーはNwkKeyから取得され、ネットワークセッションキーと同じく、デバイスはAppKeyを使用しません。

*11/7公開 JohanさんのThingMonkカンファレンスでのプレゼン内容



ThingmonkカンファレンスでのThe Things Network のJohanさんのプレゼンの様子。Johanさんのお爺さんが、バナナの小売をやっていたことで、バナナの原産地から船、倉庫などを経てお店に並ぶバナナのプロセスをネットワークサーバーの存在意義に例えているとことがおもしろい! 途中で女性が、The Things NetwrokとCyannesのmyDevicesを使いインテグレーションしているデモも説明。

*LoRaセンサーノードのスケーラビリティ


LoRaセンサーノードもはじめは、PoC(Proof of Concept)的に試作からはじめて次第にネットワークにつながるセンサーの数がスケールアップしたら、開発環境もかわってくることを考慮にいれなければなりません。 LoRaWANネットワークサーバー機能であるThe Things Netwrokは、異なるセンサーノードでもスケーラビリティに対応し、よりセキュアな環境でIoTシステムサービスを拡張できるようにThe Things Industriesという有償のマイグレーションサービスを提供しています。



*The Things Industriesのサイト
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com/


◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp







以上






■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/



◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




ニューヨーク・マンハッタン中心Borough地区、The Things Networkでスマートシティ推進!

米国ニューヨーク市の中心地であり、世界金融をコントロールするマンハッタン・Borough地区。 先週末、The Things Network New Yorkを主催するTerry Mooreさんから連絡が入りました。 マンハッタン・Borough区代表Gale Brewer女史とThe Thins Netwrok NYCの両団体が契約しマンハッタンの中心地であるBorough地域でスマートシティー化を推進するニュースが公開されました。



マンハッタンといえば、摩天楼がならぶ高層ビル群、金融街 Wall Streetは、世界金融の中心地でもあります。



自由の女神で有名なリバティ島を含めた黄色の地域が、マンハッタン・Borough地区です。

  

マンハッタン・Borough地区代表Gale Brewer女史とThe Things Network NYCのメンバーとの調印式の模様。

10月27日金曜日、ニューヨーク・マンハッタン地区にあるSilicon Harlem 2017会議にて、Manhattan Borough地区代表Gale Brewer女史は、The Things Network NYCがThe Things Networksを利用してIoTネットワークコミュニティを構築することを支援するというコミットメントを発表しました。

さまざまなマンハッタン内の地区にゲートウェイを購入して配備することに加えて、このコミットメントとビジョンは、同様の目標を持つ他の組織に手を差し伸べるのに役立ち、コミュニティプロジェクトのためのThe Things Networkの普及と導入をスピードアップします。

◆The Things Network NYC コミュニティサイト
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/community/newyork/


マンハッタン・Borough地区の先端部分では、既に13台のLoRaWANゲートウェイが設置されています。



The Things Networkのアーリーアダプターでもあり、The Things Network NYCの主催者であるTerry Moore氏が、”コミュニティの価値”について力説しています。

◆近日中、LoRa miniをベースとしたGPS Trackerを販売開始いたします!  The Things NetworkアカウントでGPSトラッキングを簡単に利用できます。 The Things Network全国各地コミュニティから発売予定です。 只今、The Things Networkの全国各地のコミュニティの主催者募集中です!




◆Dragino社LG01-JP(LoRaゲートウェイ)の新ファームウェアでThe Things Networkに接続する! まもなくLG01-JPでOTAAおよびダウンリンク機能をサポートする予定です。




https://qiita.com/openwave-co-jp/items/ece578bb51d748f11f71

◆The Things Network Japan コミュニティサイト

↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/

◆オランダ・アムステルダムのスマートシティ具現化
本家、オランダアムステルダムのスマートシティ計画で地元通信キャリアKPN向けにLoRaWANネットワークを構築したことが、The Things Network起業の要因でもあるのです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

iBeaconとLoRaWANゲートウェイが連携した街全体IoT化プロジェクト - 「IoT Living Lab」






以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック