FC2ブログ

リアルタイム資産管理ソリューション 「TRACKO」

2つの異なる性格のBLEビーコン端末を利用するソリューションです。1の目のビーコンは、屋内外の施設に常設して一定間隔でBluetooth電波を発信します。これを「固定ビーコン」と呼びます。2つ目のビーコンは、在庫品、レンタルカー、病院内検査機器、社員がもつIDカード等、移動をともなうビーコン端末です。これを「移動ビーコン」と呼びます。

この2つの異なるビーコン端末を、クラウド上のビーコン管理プラットフォームであるOnyx Beacon CMSがリアルタイムで位置情報と移動情報(移動ビーコン)を監視するのです。 このような利用シーンで共通化したモバイル端末用アプリケーションを提供いたします。

■リアルタイム・アセット管理ソリューション 「TRACKO」

  *モバイル端末で在庫や検査器具などの位置情報がリアルタイムで検索
  *スマートフォンやタブレットなモバイル端末が非接触スキャナーに
  *スキャニングや位置状況をシステムが自動アップデート
  *リアルタイムとオフラインモード両方に対応
  *屋内および屋外での利用が可能に

TRACKO_logo.png

下記はビーコンを使うAsset Trackingの資料ですが、さらにモバイル端末用共通アプリを使うことで、より早くサービスをご利用いただけます。





下記は、大型施設内で道順などをモバイル端末でガイドするソリュ−ション=Way Finderです。Onyx Beacon CMSではこのようなモバイルアプリケーションをつくための参考アプリケーションもご提供していおります。

スポンサーサイト

ようやく日本も「LoRa」が注目されるか?

昨日の米SEMTECHのYoutube専用ページに日本のNTT Westの紹介動画が公開されました。先週の韓国SK Telcomに続き日本でもサブGHz帯の低電力、長距離無線ネットワークサービスに注目がかかるかもしれません。


■世界12か国で全国土レベルで「LoRa」技術を使った広域ネットワークが構築され、市レベルでは既に100都市を越えています。

「LoRa」に関しては、10年来の友人、世界ではじめてOpenWRTをベースにWiFiMeshをつかうAsteriskアプライアンスサーバーの製造したDraginoのEdwin Chenから教えてもらいました。

IoT化が進むと低電力、長距離無線ネットワークは今後必須になると感じてはいましたが、あっという間に「LoRa」のパテントホルダー SEMTECHの動画に日本のNTT関連会社が紹介されるとは! IoTのスピード感を感じる今日この頃です。
「LoRa」は実はスイスの小さなベンチャーCyCleoがオリジナル開発元でパテントホルダーでした。このパテントを米SEMTECHが買い取り事業化しています。

詳細は、今後出版される「LoRa」参考本に譲るとして、簡単にいえば、無免許、低電力、長距離無縁ネットワークです。この無線は、サブGHz帯と呼ばれています。



■工学社のサイト

ISBN978-4-7775-1972-9
定価:本体 2300 円+税
発売日 2016.9.28
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1972-9





*昨日、米SEMTECH YoutubeページでNTT Westの紹介される



最近のSEMTECH 「LoRa」チップSXシリーズは、GPS機能も搭載されて、当社でサービス展開するビーコンとの相性も抜群なのです。










◆Dragino LoRa IoTキットのプレゼン動画



◆詳細はこちらから.
↓↓↓↓↓↓
http://www.crijapan.jp/index.php/ja/iotgateway.html

■IoTゲートウェイカタログをダウンロード
  ↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/IoTGateway_catalog.pdf



■Dragino社LoRaWAN対応IoTゲートウェイ
・SEMTECH社LoRa通信チップ搭載したIoTゲートウェイ LG01-JP




■LoRaWAN対応センサーノード LoRa mini 920-JP表



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JP裏



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JPをArduino IDE互換開発PCBに装着している様子




■「LoRa」導入ガイド―「IoT」「LoRa」の仕組みから、「IoTアプリケーション」の実例までのLoRa入門書


A5判  160ページ 定価 2,484円(本体2,300円)
ISBN978-4-7775-1972-9 C3004 2300円
2016年 9月28日 工学社より全国書店にて発売!
◆工学社のサイト
↓↓↓↓↓↓↓

https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1972-9






アクア、コインランドリー洗濯機 12,000台をIoT化


今月からサブGHz帯と呼ばれる無線ネットワーク「LoRa」の参考本の制作を始めています。まだ、本の題名はきまっていません。 この「LoRa」は、米国IBM研究所と半導体メーカーSEMTECHが共同開発しました。商用ではじめて省エネ、サブGHz帯、スペクトラム拡散をつかい無線長距離通信できるネットワークプロトコルの名称です。



様々なセンサーやスイッチや物がインターネットにつながるIoT化でよりローコストで長距離まで無線ネットワークを構築するために時代のニーズに答えた技術だと思い、書籍化をします。「LoRa」は、LoRaWANとも呼ばれ、オランダは通信キャリアが「LoRa」を使い全国網のネットワークを構築したり、最近では、韓国SK Telcomが同じく「LoRa」を使い韓国全土をネットワーク化、つまりIoT化のインフラを国をあげて整備しています。残念ですが、日本は電力自由化で無線マルチホッピングのスマートメーターを推進はしていますが政府レベルでいうとIoT化については遅れていると言わざるを得ません。



*オランダ、全土で「モノのインターネット」利用可能に 世界初

http://www.afpbb.com/articles/-/3092486




*SEMTECHは、IoTゲートウェイのライブラリを公開しています。ただし、コア技術のRF変調部分は「LoRa」互換チップを開発する半導体メーカーとライセンス契約する必要があります。

*IoTゲートウェイのライブラリーをオープンソース化
https://github.com/Lora-net/LoRaMac-node

https://github.com/Lora-net/lora_gateway

実際にIoTゲートウェイに「LoRa」ネットワークを構築するための説明に使う「LoRa」シールドを装着しているところです。



*OpenWRT(Linux)ベースのIoTゲートウェイに「LoRa」シールドを実装

1_LoRa_RasberryPi.png

*RasberryPiに「LoRa」シールドを実装


コインランドリー、ゲームセンター、自販機、コインパーキング、ファストフードチェーン等、無人でサービス事業を展開するような業態でIoT化して稼働率や顧客分析する際に有効です。 今までなら通信キャリアと契約して定額の通信経費がかかりましたが、「LoRa」は無許可のサブGHz帯無線ネットワーックを広範囲で構築できますので、これからネットワーク運用コストの価格破壊が起きるかもしれません?


Aqua_coinlandry.jpg

*参照記事ソース

アクア、洗濯・乾燥機1万2000台をIoT化 稼働実績を分析し営業に生かす
注記: ハイアールアジアは、アクアに社名変更したようです。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/051100045/031000029/









USB Central BeaconとBeaconホットスポットサービス

ビーコン端末も数個から数十個までなら、なんとか現場でチェックしながらビーコンの電池やビーコンレーダーアプリでサポート担時間をかけて保守作業ができます。しかし、欧米では最近 WiFiアクセスポイントの付加機能として内部にビーコンセンサーが内臓され、ビーコンスキャンやビーコンCMSと同期することができるようになってきました。

これはビーコン端末そのものが、普及しはじめている証拠なのかもしれません。 当社で扱うOnyx Beacon CMSおよびビーコン端末でも新たにUSB型のビーコン端末で現場にある複数のビーコン端末をスキャニングし、現場に設置したビーコン端末を死活監視し同時にビーコンCMSへも自動設定(エンロールメント)できるようになります。USB型ビーコンは、通常のビーコン端末としても機能します。

例えば、Free WiFiサービス業者やWiFiホットスポートサービスを展開するお店や観光地で連携して「Beaconホットスポットサービス」を容易に始めることができるようになります。



そこで、Onyx Beaconでは、「USB Central Beacon」というローカルにある複数のBLEビーコン端末を統合、死活監視するUSB型ビーコン端末をリリースしました。

USB Central Beaconの表面


USB Central Beaconの裏面


USB Central BeaconをDRAGINO IoTゲートウェイに装置している様子
LoRa対応のIoTゲートウェイ LG01-JPのUSBポートにUSB Central Beaconを挿入して複数のBLEビーコン端末を集中管理・死活監視ができます。USB Central BeaconはPython言語でコントロール、OSは、Linux, Windows, MacOSをサポートしています。



USB Central BeaconとOnxy Beacon CMSと連携している様子






◎USB Central BeaconはPython言語で制御します。下記が主な機能です。

 注記: 上の「====」から下の「=====」までがコマンドラインとなります。

■1. ビーコンの消費電力チェック

The value returned in data field is the current power level.
=============== 
$ py onyxcentral27.py dongle get -p
OnyxCentral Tool 1.1
Command 0x21 Profile 0x15 status 0x00 data 0A
===============


■2. ビーコン認識頻度

The value returned is the frequency milliseconds
Last update:
2016/05/19 15:51 firmware:onyxcentral http://wiki.intranet/doku.php?id=firmware:onyxcentral
http://wiki.intranet/ Printed on 2016/05/19 15:52
===============
$ py onyxcentral27.py dongle get -f
OnyxCentral Tool 1.1
Command 0x23 Profile 0x15 status 0x00 data E803
===============


■3. メモリー情報チェック

This commands prints memory metrics information.
===============
$ py onyxcentral27.py dongle get -m
OnyxCentral Tool 1.1
Command 0x03 Profile 0x15 status 0x00 data 45003F00230024FBFCFFCC0900
BlkMax: 69 BlkCnt: 63 BlkFree: 35 MemAlo: 64292 MemMax: 65532 MemUB: 2508
Sane: 0
Beacon Scanning
Currently the scanning is limited to up to 8 devices scan oper
==============

■4. ビーコンスキャニング

==============
$ py onyxcentral27.py scan
OnyxCentral Tool 1.0
Event 0x0783 Profile 0x15 status 0x00 data
00007A8691CFE5E0AE1E0201061AFF4C00021520CAE8A0A9CF11E3A5E20800200C9A66009286
7ABA
Scan Data: ADV_IND PUBLIC E0:E5:CF:91:86:7A -82
0201061AFF4C00021520CAE8A0A9CF11E3A5E20800200C9A660092867ABA
...
Scan Data: ADV_IND PUBLIC 78:A5:04:69:04:72 -48
0201061AFF4C00021543C5B090ABBF11E4BCD80800200C9A6600690472BA
Event 0x0783 Profile 0x15 status 0x00 data
0000CC9735489120C31F0201060303AAFE1716AAFE00CD20CAE8A00800200C9A662091483597
CC0000
Scan Done 0x0782 Profile 0x15 status 0x00 data
0800007A8691CFE5E000006C93354891200000ED943548912000008697354891200000DEF968
04A57802008D41E948B4B0000072046904A5780000CC9735489120
===============

■5. ビーコンエンロールメント(CMS管理画面に自動設定)

===============
$ py onyxcentral27.py enroll
OnyxCentral Tool 1.1
Beacons: 13
Sysids: [u'7C669D7D084D', u'20C38FD4FA3B', u'78A50407AFA2', u'20C38FD4FA6D',
u'20C38FD5053B', u'20C38FD53D6A', u'20C38FD5051B', u'20C38FD5014B',
u'68C90B06EF0D', u'20C38FD53FA0', u'20C38FD563BC', u'20:C3:8F:D5:3F:A0']
Event 0x0783 Profile 0x15 status 0x00 data
0000E8D457F37B98A81E0201061AFF4C00021520CAE8A0A9CF11E3A5E20800200C9A660057D4
E8BA
Scan Data: ADV_IND PUBLIC 98:7B:F3:57:D4:E8 -88
0201061AFF4C00021520CAE8A0A9CF11E3A5E20800200C9A660057D4E8BA
Event 0x0783 Profile 0x15 status 0x00 data
0400E8D457F37B98A81F0B094F6E7978426561636F6E1216000B987BF357D4E8BA20CAE8A000
57D4E8
Scan Data: SCAN_RSP PUBLIC 98:7B:F3:57:D4:E8 -88
0B094F6E7978426561636F6E1216000B987BF357D4E8BA20CAE8A00057D4E8
...
Scan Data: SCAN_RSP PUBLIC 20:91:48:35:94:3B -51
0B094F6E7978426561636F6E1216000B20914835943BBA20CAE8A00035943B
Scan Done 0x0782 Profile 0x15 status 0x00 data
0800008697354891200000E8D457F37B980000664EAC5EB8F40000F09C91CFE5E00000ED9435
48912000007A8691CFE5E002008D41E948B4B000003B9435489120
...
Beacon 987BF357D4E8 not in account, enrolling
Enroll message: No unsynced beacon found, created a new one. Found last
deleted beacon (23255). Successfully synced beacon 23264.
Beacon enrolled, synchronizing
Event 0x0784 Profile 0x0B status 0x00 data
040000010101987BF357D4E8020A4F6E7978426561636F6E20CAE8A0A9CF11E3A5E20800200C
9A665700E8D401008401
SYNC: SYSID 987BF357D4E8 FW 4.0.0 HW 1.1.1
PW 2 FQ 10 DN OnyxBeacon
UUID 20cae8a0-a9cf-11e3-a5e2-0800200c9a66 MJ 87 MN 54504
REV 1 BATT 388
Sync ok
==============

■6.ビーコン設定

==============
$ py onyxcentral27.py config -a
OnyxCentral Tool 1.1
Beacons: 12
No pending configs for beacon 7C669D7D084D
No pending configs for beacon 20C38FD4FA3B
Pending configs for beacon: 78A50407AFA2
[{u'msg': u'ok', u'rev': 2, u'config':
u'AgACAAAAAAAAAAAAAAAAAN5AQqRDLsxVMMWBf3naESvEFofs9POFIBu6zEEg7S2aKAvQtJXIEQ
/LGaHiM13psnMhmmuoO3fakNgVa6ZVAfw=', u'id': 201, u'type': u'Key'}]
Appying config for revision 2
Config Event 0x0786 Profile 0x0B status 0xA0 data
Status: Could not connect
No pending configs for beacon 20C38FD4FA6D
No pending configs for beacon 20C38FD5053B
No pending configs for beacon 20C38FD53D6A
No pending configs for beacon 20C38FD5051B
No pending configs for beacon 20C38FD5014B
No pending configs for beacon 68C90B06EF0D
Pending configs for beacon: 20C38FD53FA0
[{u'msg': u'ok', u'rev': 25, u'config':
u'GQABAAAAAAAAAAAAAAAAABcmY6bpCJMONx2Wt0WfCDf2q2j62lX+pDaFbYJyqOPsceBFbQVDNm
5K+h//VhGSEIJEOJIJw+R0YB5GM0wwzn4=', u'id': 25938, u'type': u'Config'}]
Appying config for revision 25
Config Event 0x0786 Profile 0x0B status 0x00 data 1900
Status: applied revision 25
Sync ok
No pending configs for beacon 20C38FD563BC
===============

■7.ビーコン同期

=============
$ py onyxcentral27.py sync -a
OnyxCentral Tool 1.1
Beacons: 12
Sync required for beacon: 7C669D7D084D
Event 0x0784 Profile 0x0B status 0x31 data
Could not read beacon information
..
Sync required for beacon: 20C38FD53FA0
Event 0x0784 Profile 0x0B status 0x00 data
04000001010120C38FD53FA002054F6E7978426561636F6E20CAE8A0A9CF11E3A5E20800200C
9A66D50070B219006501
SYNC: SYSID 20C38FD53FA0 FW 4.0.0 HW 1.1.1
PW 2 FQ 5 DN OnyxBeacon
UUID 20cae8a0-a9cf-11e3-a5e2-0800200c9a66 MJ 213 MN 45680
REV 25 BATT 357
Sync ok
Sync required for beacon: 20C38FD563BC
Event 0x0784 Profile 0x0B status 0x31 data
Could not read beacon information
===============







■2020年までBluetoothビーコン市場は爆発的に成長、ユビキタス危機に瀕す!



カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック