FC2ブログ

「Click & Mortar」から「Tap & Pay」へ

十年前は、流通小売業界で大量のデータをコンピュータを使ってソートあるいは分析する際は、”OLTP”,”OLAP”や”データマイニング”という言葉は使われてしました。さらに顧客ひとり、ひとりの動向に合わせて商品やサービスを紹介して商談の効率化をはかるという手法に”One-to-Oneマーケティング”という言葉も頻繁に使われていました。

ウェブ技術の発達でクライアント・サーバーコンピューティングからクラウドコンピューティングの時代に移行するにつれて、それらの言葉も変わり、”ビッグデータ分析”,”ETL”、”オムニチャネル"さらに”IoT”という言葉に替りました。しかし、本質は同じです。

お客様から集められる情報は、「誰もがスマホを1台持つ」時代になってより詳細に、より容易に情報を入手できます。それもお客様の購買行動を確認するだけでなく、日常の動きや、場合によっては、Facebookなどで顧客志向までも察知することもできます。

SNSのつぶやきを分析するサービスだけで大手企業のクライアントがついて、上場するベンチャーもでてきています。

つまり、あるお客様の傾向にもとずいて売り場の商品の仕入れや陳列を変えていくということも重要な情報経営戦略の手段となっています。 このようにお客様のさまざまな傾向を文脈として理解し、分析し、最適な商品やサービスを提供することを、最近、”Contextual Marketing”という言葉をいう人もいます。

経験による勘と度胸だけでは、通用しない時代になったのかもしれません。前回のブログでもまとめましたが、このようなお客様のさまざまな動きをiBeaconやEddyStoneをつかいログとして収集して、最適な情報を提供できればとおもっております。

特にCRM(Customer Relationship Management)は、”Contextual Marketing”を実践する際にはとても重要です。業界によって価値ある情報はさまざまなので、ケースバイケースで適用する対応能力やコンサルテーション力が必要であると感じています。

一般的なCRM適用例として

1.顧客ライフサイクル軸
 CRMに沿って顧客を企業との関係性で識別。
   例:「見込み客=D」、「初回客=C」、「通常客=B」、
     「優良顧客=A」、「離反客=Z」などに分類
2.顧客属性軸
 知り得た顧客の属性で識別。顧客からアプリ登録時やアンケートで取得。
   例:「性別」「年代」「居住または勤務エリア」などに分類
3.顧客動態軸
 来店時iBeaconで動き or アプリ内ページ閲覧で識別。
   例:「商品購買履歴」「商品陳列棚滞在時間」「ECサイト訪問回数」
     「実店舗訪問回数」などに分類

これに対してどのような”しきい値【=訪問回数、時間指定、滞在時間、GEOロケーション、プッシュ通知】”を設定し、お客様のスマホがビーコン端末に反応した時にスマホ画面に最適な情報を提供するか?実証実験を繰り返します。 よく言われる ”Click & Mortar”から新たに”Tap & Pay”でスマホをターゲットにPDCAを繰り返しながら、成功パターンを積み上げていくのです。 最終的には優良顧客率を上げてお客様にお店に足を運んでいただき、お店や商品、サービスのファンになっていただくのです。それがお店や会社の売上に貢献し、経営の安定につながります。

o2oサービスの概要は下記のようになります。


オープンソースBIもCRMを構築する上では非常に重要です。下記オープンソースBIで有名な”Pentaho”の小売業界向けサンプル画面です。



スポンサーサイト

BeacondoアプリとiBeacon顧客動態分析とCRMを統合

今年もあと2ヶ月で終わり。今年は7月中旬にGoogleからEddystonが発表され、ロケーションマーケティング市場もいよいよ来年から本格的普及期になるかもしれません。

Beacondoを使ってスアホ販促アプリを制作し、iBeaconをつかった顧客動態分析サービス OnyxBeacon CMSと連携させることができました。 ここでお客様のデータベースやPOSの購買履歴ログなどと連携させてo2oサービスをローンチするべく、いくつかのCRMサービスを検証しております。

o2oサービスの概要は下記のようになります。






年内にあるお客様向けにo2oサービスローンチするべく悪銭苦闘している最中です。

EMV普及と今後のモバイル決済

ここ4年程、モバイルペイメントに関わる仕事も携わってきました。 とくに決済端末に組み込まれたコンパクトなデータベースエンジンのマーケティングや販売をしてきて、何故、Google Wallet(現在はAndroid Payと名称変更)が米国で立ち上がらないのか?不思議に思ってました。 最大の理由は米国小売大手で組織化されている業界団体が、Google Walletに対応した米Verifone社が製造する決済端末の導入に反旗をひるがえし、独禁法違反も辞さない抵抗をしていたからです。

「IC搭載カード」といえばアリムラ技研を思い出します。たまたま、家の近所の散歩コースでいつも旧アリムラ技研ビル(現在は菅原研究所)の話を友人から聞かされていたので、決済ビジネスの成長過程は頭の片隅に記憶にとどめる程度でした。


元は「アリムラ技研」の建物
現在はメカトロニクスの「菅原研究所」本社
================================
有村國孝氏は、古河電工を5年目に退社し、渡米。 米国で、ICカードを発案
して、公知のものを特許化。1990 年の特許切れまでは、特許権料で大儲け
その後BSの平面アンテナの特許を取るも、特許回避され商業的に成功せず
最後は負債20億円で倒産
================================

今週メール配信されたMobile Paymentのニュースの中で非常に興味深い記事がありましたので、ご紹介します。

■Moible PaymentのEMVに関する記事

http://www.mobilepaymentstoday.com/articles/brace-yourselves-emv-is-here/





記事の中から、興味深い内容を翻訳します。
-----------------------------------------------------------------
米国市場でEMV移植がNFCモバイルペイメントがより主流になり推進するだろう事を信じていない決済業界の経営者達がいかに困難にぶち当たるかわかるだろう。それは下記の2,3の理由によるからである。

最初に、仏Ingenicoや米Verifoneが既に数千規模でEMVベースのPOS端末を市場に投入しているからであり、それらの読み取り端末の大半は非接触技術が組み込まれていることによる。

次に、ほぼすべての単体モバイルPOS供給業者は、新しいハードを実装している、ICチップに対応しているだけでなく、同時に非接触機能をも備えている。全ての食品からローカリの農場市場までAndroid PayやApple Payにようなサービスに対応している選択しも備えているのである。

最後に、近接モバイルペイメントは、米国でまもなく普及するはずである。それはEMV決済プロセス自身によるからである。

私は、週末にターゲットして、最初にICチップ搭載のカード決済を実践してみた。それはスムーズではなかった。POS端末がICチップ搭載カードを読み取る時間が、今までに磁気カードに比較して長くかかったからである。その余計な時間は、消費者にタップさせるには十分で、消費者が持っており、今後むしろスマホで決済することになりそうだからである?

ICチップ搭載のプロセスが、今後、むしろこの摩擦(時間が余計かかる)を引き起こすかが興味深い。または少なくとも消費者がこの摩擦をどう認識するか。カード支払いをする時にモバイル決済がより簡単に資料できるか、非接触決済の他の手段としてスマホで決済するのが促進されるのではないかと推測できるからである。
-------------------------------------------------------------------

日本では、お財布携帯が既にリリースされてから、数年くらいたつでしょうか? モバイル決済で低価格商品の購入なら、誰でも周知の事実ですが、 米国は、ようやくICチップ搭載のクレジットカードが、Master cardやVISAからリリースされるようです。 この環境が、日本で方式の違う、お財布携帯やICチップ搭載カードとどういうふうに混在し、発展するか? 興味深いです。

いきなり、仏Ingenico社や米Verifone社のEMV決済端末がApple PayやAndroid Payと共に既存のカード決済端末にとって代わることはないかもしれませんが、少なくとも、欧米の人達は、ネットでも実店舗でもApple PayやAndoriod Payなどスマホ決済が日常習慣化するはずですから、海外からの観光客が多くなれば、国内の小売店は、EMVに対応した決済端末を用意せざるを得なくなるのではと推測しています。

さて、どうなることやら?
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック