FC2ブログ

Google Eddystoneについて知っておくこと

2015年7月14日 Googleは新たな戦略サービスとしてEddystoneを発表しました。 それまでは、Physical WebやUriBeaconの販促を担当していたGoogleのScott Jensonと何度はメールでやりとりはしていましたが、おそらくマーケット担当者がはいり、戦略サービスとしてリリースするようになったのでしょう?  

Apple iBeaconでは以前からビーコンベンダーへの圧力は厳しく、iBeaconをつかうAPIはiOSのみでAndroidに対応すると法的措置をとるという情報が海外ビーコンベンダーの経営者から聞いてました。 今回のEddystoneはそのAppleの対抗策という意味あいもあるとおもいます。

GoogleのScott Jensonとコンタウトしている時は、URLのブロードキャストのみで専用アプリが必要なく、QRコードと同じ動きだったのが、Eddystoneからは、3つのフレームフォーマットに変更されました。

Eddystone-UID (Apple UUIDにちかいフォーマット、しかし互換性なし)
Eddystone-URL (Physical Webと同じ仕様)
Eddystone-TLM (新たに追加されたフォーマット、IoTをターゲットにセンサー類に対応)

機能的にはかなり充実しました。iBeaconとは違い、マーケティング要素だけでなくIoTも意識した拡張性をもたせました。
下記ibeacon専用ブログを翻訳してみました。ご参考ください。



*原文

http://ibeaconsblog.com/eddystone/



Eddystone: マーケッターや開発者が知っておくこと

Eddystoneのリリース、GoogleのBluetoothハードウェアである新しい規格は、コンテクストをアプリに追加する模索する事業者や開発者にとって大きなニュースです。

英語辞書名から命名された"Eddystone"は、AppleのiBeaconに対してデータにより簡単にアクセス、より良くターゲット、よりセキュリティを強化したり、そしてさらに柔軟性を増しています。

もしあなたがビーコンサービスを始めるなら、下記を知っておいた方がいいです:

ビーコンハードウェアにとらわれない:
Googleは、ビーコン端末ベンチャーであるKontaktやEstmoteなど数社と秘密裏に協業をしていました。それはビーコンハードウェアに依存しないというためです。Googleによると現在使用しているビーコン端末を"単純なファームウェアアップデート”
だけでサポートできてしまうのです。

Eddystoneは無料でオープンソースです:
フォーマットは、GithubでApache2.0規格のオープンソースライセンスでリリースされています。バグは十分な参加メンバーによる協業作業で容易に発見・修復がおこなれています。つまり、ポーランドのTriMetステーションでリアルタイムで者に送信され、作業し、テスト検証されています。


AppleのiBeaconの大幅な改善:
AndroidスマホでBLEを必要としている開発者にとても簡単に使ってもらうことができます。ビーコンプロジェクトは、世界のスマホ市場の80%を占有するユーザーにより良くアクセスし、販売する方法ができたのです。APIは、アプリを制作する開発者やビーコン端末(バッテリー寿命、移動した時など)を管理・監視するサービス業者に役に立ちます。

ディープなAndroidインテグレーションとしてお客様のみだけでなく、温度やノイズや湿度などを計測できる、価格とは違ったデータを提供することができるのです。

セッキュリティ機能でエフェメラル識別子(EID)と呼ばれています。それはIDを頻繁に変更し、承認されたクライアントのみがデコードすることができます。(UIDハッキングやなりすまし対策

Eddystoneは、UUIDでなくURLを送ることができます。 URLはブラウザを開くことができます。よってiBeaconと違い専用のアプリは必要ありません。これは基本的には、ビーコンの"QRコード”と同じです。ただし、QRリーダーアプリは必要ではありません。単純にビーコンに近ずくと所定のウェブページが開くのです。

エキサイティングですが、注意してください:
Googleは、あなたがビーコンキャンペーンを送信する時は特別なダッシュボードは持っていません。あなたはあなのビーコン端末でGoogle EddystoneとApple iBeaconを双方フォーマットして持つことはできません。

これはオープンソースです。よってEddystone対応のビーコン端末を必要する場合はGoogleか開発者から最適なサポートを受ける必要があります。

全体的にEddystoneは、iBeaconより改善を計っています。しかし、インテグレーションするにはいつくか努力を要しますし、最初はバグがあるでしょう。しかし、Eddystoneはあなたのコンテクスト化を推進するために大きな可能性を提供するでしょう。

Eddystoneに関する詳細情報は、Googleのデベロッパーブログをご参照ください。

http://googledevelopers.blogspot.jp/2015/07/lighting-way-with-ble-beacons.html



*Google Eddystoneソースコード

https://github.com/google/eddystone

スポンサーサイト

iBeacon関連書籍”iBeaconアプリ開発ガイド”となりました!



iBeaconの仕組みからiBeacon端末の分類や用途、さらにiBeacon端末に対応したiOSやAndroidスマホアプリのつくり方、これ一冊でアプリ開発からアプリ登録方法までを網羅しました。書籍名は”iBeaconアプリ開発ガイド”、本の内容は、

■第1章「iBeacon」とは
「iBeacon」の仕組み/「iBeacon」の特長とメリット/
「iBeacon」の用途/「iBeacon」端末の種類/
他のセンシング技術との比較/「Bluetooth 4.0」から「4.2」へ
■第2章「iBeaconアプリ」をつくる
「Beacondo」の概要と特長/「iBeacon」の設定/
スクリーン(Screens)の設定/ ページ(Pages)の設定/
「Extras」の設定/「KML ファイル」と「マップ作成」/
「Twitter」「Facebook」共有設定/「Bar コード」「QR コード」
読み取り/「Beacondo ビューワー」で「アプリ」を検証
■第3章「iBeaconアプリ」を登録
「iOS ネイティブ・アプリ」を設定/「App Store」への登録/
「Android」の「ネイティブ・アプリ」を設定/「Google Play
ストア」への登録
■第4章「iBeaconアプリ」と「クラウド」の連携
「Beacondo Manager」(CMS)機能/ プッシュ通知機能/
アプリSEO 機能/ クーポン機能/ スタンプラリー機能/
「EC サイト」との連携

ISBN978-4-7775-1907-1
定価:本体1900円+税
工学社より8月中旬発売

”Carrefour”ルーマニア全店舗でOnyxBeaconを採用!



欧州の小売最大手”Carrefour”は、今回ルーマニア内の全28店舗においてiBeaconネットワークを構築しました。”Carrefour”実験店舗でテストフェーズを経て、実際の商業ネットワークという点ではグローバルな段階で最初のプロジェクトです。このソリューションでは、600個のOnyxBeacon社の”Beacon One”ビーコン端末が”Carrefour”の国内各店舗で利用されています。そこでは、ガイド付きショッピング経験やパーソナライズし、リッチなコンテンツをお客様のスマートフォンに自動配信されます。




今のところ、カルフールがiBeaconテクノロジーをお客様向けに利用するには2つのメリットがあります:

①店舗内(インストア)ナビゲーションと
②商品/価格/販促に関した情報です。

それは最初のステップですが、次第に勇気をもって可能性のあるロードマップを展開する予定です。そのロードマップとは、賢い小売サービス業者と個別のお客様との継続的な相互関係やパーソナライズされた関係性をバーチャルにおいて無限の可能性を追求するというものです。



iBeacon端末、モバイルアプリケーションそしてクラウドCMSで構成されたシステムを従来の小売店で使うことは、オンラインのECサイトで普通に利用されているようなトラッキング、分析そしてデジタルコミュニケーションのテクニックの重要な部分が創造的に実装されることになります。

これらのテクニックを実践することで、お客様の店内体験を改善するだけでなく、小売業者がよりターゲットされたお客様に対して最適な場所とタイミングで商売上のメッセージを配信できるということも将来的に重要になるからです。それが顧客満足度と売り上げ拡大につながるのです。


■"Carrefour"の詳細内容

■ようやく念願のOnyxBeacon CMSで新たにヒートマップに対応しました!





■Onyx Beacon CMSの詳細は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.crijapan.jp/index.php/ja/beaconcms.html





SaltのIoT関連記事-Smart Public Transportプロジェクトを抜粋



http://www.wearesalt.org/the-internet-of-things-the-fourth-industrial-revolution/



興味深い記事がありましたので、一部翻訳し抜粋します。 最後部分にOnyxBeaconのSmart Public Transportプロジェクトが紹介されました。

=================================================================================================
THE INTERNET OF THINGS: THE FOURTH INDUSTRIAL REVOLUTION?

「Internet of Thingsは、われわれの世界をより良く変革するよう導いている」
著者 Oliver Haenlein.

“人類史の中で潜在的に最大のビジネスチャンス” – これはあるIT技術者がInternet of Thingst (IoT)を例えた言葉です。専門家が、2020年までにIoTは300億まで物がつながる可能性があり、世界を変えるだろう事に同意しています。しかし、それが私たちの経済的、社会的な背景をどのように変えるのか?

技術調査会社ガートナーIoTに関する定義は次の通りです: “組み込み技術を含む、物理オブジェクトのネットワークが、物内部の状態や外部環境を感知したり、相互に交信します。 IoTは、物、通信、アプリケーション、およびデータ分析を含む生態系を包括します。”

私たちが見ているのは、インテリジェント電子デバイス間の相互関連性の成長過程にあるネットワークです。 これが意味するのは、例えば、センサ、警告やアプリが、私達の台所ですべての「事」として相互に認識して、あなたがどこにいても、オンラインショッピングアプリで接続する前に、冷蔵庫に十分なミルクがないことを、知っているように、つまり、あなたの考える代わりになるのです。しかしながら、キッチンを越え潜在的には全体のコミュニティ、都市、さらには国までも、大規模な自己監視神経システムのような相互接続されて情報共有ができるようになるのです。

究極の目標は、私たちの生活を簡単かつ安全にすることです。そっしてIoTという機会が存在することで非常にエキサイティングになることです。テクノロジーは、すべてのセクターを越えて適用され、我々を可能をもたらし、例えば、エネルギー使用量、ヘルスケアを改善します。そしてそれを我々がビジネスとするのです。

M2M通信分析会社 – Machina ResearchプリンシパルアナリストのJeremy Green,は、IoTの将来のインパクトを予測: “人々よく言う言葉、第四次産業革命について言及します。第一は蒸気、第二は電気、第三は情報、そして第四が物がネットにつながるInternet of Things (IoT)だと指摘しています。”

ユートピア

大手テクノロジー企業シスコのPlamen Nedeltchev博士は、「IoTは、ユートピアに向かうインチング(微妙に動く)」であると考えています。

彼は言います: “人々は、新しいIoT経済の受益者になります。未知の今日の機会を与え、社会のすべての面を変えていきます。人々は、廃棄物の削減し、環境を保護し、農業生産性を高め、橋やダム構造の弱点を早期に発見警告し、遠隔制御照明、スプリンクラーシステム、洗濯機、センサ、アクチュエータ、およびガジェットを有効にすることができるようになります。“

“私たちは、世界の飢餓を解決していませんが、この新しい経済の中で、ユートピアのいくつかの側面として現実になる可能性があります。次のシナリオを想像してみてください:資源が人々のニーズに基づいて配分された場合は、おそらく貧困と飢餓を大幅に軽減することができるのです。

“もし我々が駐車場の問題を解消し、20%から30%まで都市交通量を減らすことができれば、自動車事故や交通事故死も減少する可能性があります。. もし廃棄物の削減や街灯の管理、緊急告知、交通信号灯、そして環境モニタリングが改善されれば、2013年には観光でUS$130億ドルの節約が可能いなります。他の国や都市も同様の利益を得ることができます。もし工場が、組み立てラインでより良い商品を生産する方法を実現できれば、彼らはエネルギーを最適化し、そのエネルギー公約に約20%〜30%を節約することができます。”

未来を垣間見る

未来的なコンセプトの香りがします。IoTを既にここにあります。シスコCEOのJohn Chambersはいいます:"この変革は現在起こっています。それは、人々の生活、仕事、遊びが全てが変わっていくのです。

British Gasの箱を使用するとあなたのサーモスタットとボイラーは、モバイルデバイスからの温水と暖房を調整しながら、相互通信して確認することができるのです。

IoT開発会社 Sen.seから母のような製品があります。それは、薬を飲むかする時のためのリマインダを提供し、起床、あなたの睡眠パターン、カフェインの摂取と運動のレベルを分析しながら、インテリジェントに相互理解してあなたの人生を管理することができるのです。

食品のサプライチェーンは、相互接続することにより、透明性で改善します。そして病気の予防を計画し、テクノロジーは自立学習、予測、警告するよう開発されていきます。スマート農業と接続されてた農作物は開発途上にあります。すなわち灌漑が、リアルタイムデータに基づいて世界の水の過剰使用の問題に取り組みながら、より効率的に改善します。

魅力的な開発は、私達に未来の光を与え、世界中でも進行中です。Onyx Beacon社は,ハンガリーに本社を置いている若い起業家のチームは、視覚障害者が公共交通機関を使用する際に役立つのIoTを利用しています。

“Vodafone財団、Tandem協会、ブカレストの公共交通会社との提携し、Onyx Beacon社は、公共交通機関のバス数百台にiBeacon端末をそれぞれ貼りつけて、視覚障害者の持つモバイルアプリと常時リンクしています。バス車両が停車駅に到着した時、視覚障害者の持っているスマホアプリが正確な目的地ルートを音声案内します。複雑なルートをカスタマイズしても、正確なルート情報を視覚障害者にオンタイムで知らせるので迷い子になることはありません。”.


下記にてOnyxBeacon社のSmart Public Transportプロモーションビデオをご紹介します。


■Onyx Beaocn CMSの内容は下記からご参照いただけます。

http://www.crijapan.jp/index.php/ja/beaconcms

OnyxBeacon技適取得とSmart Public Transportプロジェクト



ながらくお待たせしました!ルーマニアのITベンチャー OnyxBeacon社が開発製造するBLEビーコン端末がTELECの技適マークを取得しました。アウトドアでも使えるビーコン端末です。SDKを使いアプリに組み込み、近接するとビーコン端末に搭載されたブザーを鳴らすことができます。Estimoteビーコン端末とOnyxBeaconビーコン端末との大きな違いは、非暗号化か暗号化かです。両社のビーコン端末はほぼ同じ価格帯となります。



■Smart Public Transport プロジェクト
ルーマニア・ブタペストの地元テレビ局でとりあげられたOnyxBeacon製BLEビーコン端末をつかった視覚障害者むけの公共サービスです。スマホアプリをつかい、バスに先頭にBLEビーコン端末を貼付けて、スマホアプリをインストールした障害者がバス停で待ちながら、目的のバスが近寄るとバスに貼付けられたビーコンのブザーが鳴り、スマホアプリから音声ガイドが流れる仕組みです。視覚障害者の方がバスに乗り込むとブサーが鳴り止む仕組みのようです。今後はブタペストに全域で走行するバス全てにこのシステムが導入されるとのことです。





■OnyxBeacon CMSに関するプロモーションビデオ


■米IBMのセミナーアプリでOnyxBeacon CMSが採用



■OnyxBeacon CMSの説明資料
ただいま、最新版OnyxBeacon CMSの管理画面を日本語化してSIに活用しようと計画中です。





■OnyxBeaconのご紹介サイトはこちらから...

http://www.crijapan.jp/index.php/ja/beaconcms

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック