自動業界とビーコン

日本では社会インフラである道路でビーコンが張り巡らされています。 特に高速道路においてビーコン(光ビーコンと呼んでいますが実際には赤外線利用)が取得したデータから交通情報をリアルタイムに把握し、これを毎朝NHKテレビで交通情報として放送されています。

このインフラシステムは、UTMSという名称で構築されています。

*UTMSについて

http://www.utms.or.jp/japanese/system/index.html



*光ビーコンについて

http://www.utms.or.jp/japanese/beacon/index.html



さらにトヨタの系列会社・デンソーが開発したETC(QRコードの開発企業として有名)では、高速道路の入退出管理に使われています。 実はETCは、政府に公認された特定無線波長のみ使用制限された無線ビーコンです。 ETCのシステムインフラは、大手物流の子会社が開発・運営しています。

ビーコンは既に日本の交通・自動車業界ではデファクトスタンダードとなっているのです。

ここでトヨタがチャレンジしているT-Connectについて興味深いPVがありますのでご紹介します。



*T-Connectおでかけスマホアプリ

http://tconnect.jp/detail/3360574



iBeaconは、Appleがスマホにターゲットして普及していますが、一足先にトヨタは日本の社会インフラでビーコンをつかったクラウドサービスをトヨタ車を購入したユーザー向けにドライブ体験価値を高めるためのサービスを提供しているのです。

今後、AppleやGoogleが車を商品としてリリースが噂されていますが、売上規模や先進性からもトヨタを駆逐するのはそう簡単ではありません。

しかし、生まれたてのBluetoothビーコン(iBeacon)ですが、自動車業界で利用されるビーコンのように今後さまざまな業界に浸透し、利用されていくのはまちがいありません。
スポンサーサイト

ポーランドのiBeaconベンチャー Estimote社来日

マルタさん-1

今週月曜日に来日中のポーランド Estimote社日本営業担当のマルタさんに同行していただき、Estimoteビーコンを数十個購入され、そして、Beacondoでスマホアプリを開発されているSIerを手掛けるお客を訪問しました。

そこでマルタさんにEstimote最新ビーコン Nearables とインストア分析の技術動向を説明してもらいました。

昨年まで数名の会社規模だったEstimote社も今年は50名のエンジニアまで拡大し、ニューヨークに数名の営業部員を抱えて海外展開中です。Estmote CEOは若干35才とのことです。

詳細は公開できませんが、北米で大規模ショッピングセンターにEstimoteビーコンを多数設置し、今まさに実証実験中とのことです。 特にインストア動態分析の精度で導入効果をあげ技術開発にさらに邁進している様子でした。開発中のアプリも非常に興味をひく内容でした。やはり日本より進んでいる感じです。

Estimoteビーコンを既に使われている方はご存知かとおもいますが、Bluetoothだけでなく、温度センサーをSoC (System on Chip)化されています。例えばビーコンを貼りつけた温度誤差は2℃前後です。

さらにクラウドベースのアプリを構築する際、これらのセンサー類を管理する時にとても使いやすいSDKが無料で公開されています。 Beacondoを利用される会社様には、既にEstimote製ビーコンを推奨してよかったと実感できました。

IoTの普及にあわせてEstimote社のビーコン端末はとても重宝する商材だと感じました。



*Estimote社のサイト

http://estimote.com/



Estimoteビーコンは、Beacondoで制作したアプリととても相性がいいのです。

続きを読む»

iBeaconの参考本を発売することになりました!

iBeaconの参考本を上梓することになりました。本の題名はまだ決めておりませんが、内容はほぼ完成しました。

詳細が報告できる段階になりましたら、このブログでご紹介いたします。

ところで下記の動画デモは、”Digital Signage Today”で紹介されたMacDonaldの最新のサイネージKioskの動画です。 いつも感じていることなのですが、Kioskシステムは、日本が欧米に比べてかなり進んでいます。



MacDonaldには失礼ですが、UI動作のスムーズさ、デザイン完成度、そしてシステム連携(特にインフラ)は、日本のカラオケ業界と比べると、MacDonaldのKioskはまだまだという感じがします。 実際にカラオケショップにいき、最新のタブレット選曲端末を触ってみると一目同然です。(MacDonaldのサイネージKioskのように大きくないですが)



日本のスマホゲーム会社が、3Dコンテンツゲームをデザインし、世界市場向けに莫大な売上実績を誇るのは、こうした背景があるからだと感じています。 特に3Dコンテンツを小さな画面上でデザインする時、映画を撮るノウハウ、カメラのアングルを意識した動きが必要になります。3Dコンテンツの動きやタップした時のハッとした展開、3Dビジュアルセンスが重要なのです。 MacDonaldのKioskデモは、そういう意味ではまだまだ原始的な動きだなという印象です。

ただし、インターラクティブの体験を客単価の安いお店でも取り入れ、お客様にユーザー体験を売るというコンセプトは欧米の小売業者のほうが日本の小売業者よりも早いかもしれません。しかし、コンテンツそのもの完成度は日本はまだまだ欧米には負けないような気がします。

Criteo社のモバイルコマース市場分析



上記は、モバイル広告配信ベンチャー Criteo社の世界でのモバイルコマースの現状分析です。

■Ceiteo社のサイト

http://www.criteo.com/jp/why-criteo/


自動最適化するCriteoエンジン
ビッグデータに基づく配信をアルゴリズムで  Criteo は、個々のユーザ行動と購入意思に関する膨大なデータをスコア化する高度なアルゴリズムに基づいて配信されています。Criteo のエンジンは潜在的な顧客を特定し、購入される可能性の高い商品を高い精度で予測することが可能です。これらの予測に基づき、パーソナライズされたパフォーマンス広告を、CPC モデルで配信しています。

特筆すべきは、日本は想像以上にモバイルコマースが普及していて他の国よりはるかにスマホでの決済行為が浸透しています。これは推測ですが、昨年くらいから、メルカリなどC2C市場が立ち上がり、さらに日常生活でSony Felicaを採用したPasmoやWaonやNanacoをつかった少額決済が定着していた背景があったからではないかとおもいます。



おそらく、Apple PayやAndroid Payが日本市場でサービスが開始されると瞬く間に新たなモバイルコマース市場として普及するのではと推測できます。 しかし、韓国よりもモバイルコマース率が高いとは? 私の想像を超えていました。



Android PhoneとiPhoneがモバイルコマースで利用される率の差です。端末数は、Androidが世界的にも圧倒的に先週していますが、スマートフォンをつかったモバイル決済に関しては、世界的にもまだiPhoneが上回っています。日本のようにiPhoneが圧倒的に使われている現状をみると店舗向け販促アプリや観光アプリで国内の需要を掘り起こすには、まず最初にiOSでアプリをつくるというのが鉄則ですね。 これはスマホゲームでも同じ状況のようです。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック