The Things Networkのパートナー企業が70社、ユーザー数4万人を越えました!

今年2月にアムステルダムで開催されましたThe Things Conference会場での壁広告の様子です。

The Things Conference - サードパーティ製LoRaWANデバイス
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-807.html

そして、今年4月からThe Things Networkのトップメニューページを自社デバイス販売をメインとしていた"SHOP"からビジネスエコシステムを構築するため"MARTKETPLACE"に変更し、The Things Network環境下で使えるLoRaWANノードデバイス、ゲートウェイ、IoTアプリケーション等他社商品を紹介するメニューに変更しました。

今週に入り、この"MARKETPLACE"パートナーページの協賛企業が70社を越えました! そしてユーザー登録も40,000人を越えました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/marketplace/partners






◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



スポンサーサイト

LEANキャンパスとThe Things Networkコミュニティの意義

2年程前、iBeaconガイドブックというBluetoothビーコンを使いながら、スマホアプリケーションを誰でも簡単に作れる参考本を上梓させていただきました。 自分の書籍が、本屋さんに置かれているか? たまたま新宿紀伊国屋書店で眺めていたら、偶然、目に留まったのが、下記の「RUNNING LEAN 実践リーンスタートアップ」という書籍です。 このLEANシリーズは、現在、数種類までシリーズ化されています。




■出版社: オライリージャパン (2012/12/21)
■言語: 日本語
■ISBN-10: 4873115914
■ISBN-13: 978-4873115917
■発売日: 2012/12/21
■価格: 2,200円+税


他の出版社からも同様の内容の書籍が和訳され発売されています。

一緒にビジネスを始める前にパートナー会社やコンサルをしている会社には、LEANキャンパスを作るよう勧めています!


※イテレーションというのは、iteration。 ソフトウエア開発、特にアジャイル開発における、短い間隔で反復しながら行われる開発サイクルのこと。 設計・試験・調査・改善という一連の工程で構成され、内在するリスクや問題点を短いサイクルで発見・改善しながら開発を進められるという利点がある。

この手法がすべての業界に適用されるとはおもいませんが、IoTサービスやIoTシステムをこれから始めたい方や企業には十分活用できるのではと思っています。 そして具体的に実証実験に入った時に、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークをつかいながら、IoTサービスを具現化されたい方にイテレーション手法を実践しながら、サービスやシステムの完成度を高めるには、The Things Networkは、絶好のネットワーク環境なのです。 何故ならば、無料でLoRaWANネットワークをためせるからです!

さらに、自分や自社、あるいは関連子会社や下請け開発会社などと協業しながら勧める場合でも、リソースをグループ内だけで引き出すだけでなく、The Things Networkコミュニティを活用しながら、外部のリソースとうまく付き合いながら、IoTサービスやシステムの完成度をあげていくことができます。

万が一、創造していたIoTサービスやシステムに仕上がらなくとも、初期投資のリスクは最小限に抑えることができます。

The Things Networkコミュニティは、日本ではまだ立ち上がったばかりですが、欧米では既に多種多様な成功したIoTユースケースがあります。 これを機会にThe Things Networkをはじめてみませんか?

まずは今月末に発売されますThe Things Networkの参考本をお店で確かめてください。



■体裁:A5判約140頁
■本体予価:2300円
■著者:吉田 秀利・尾鷲 彰一
■発行者:工学社
■発売予定日:2018年1月下旬
■ISBN978-4-7775- C3004
■書籍の概要説明

◆明日2018年1月26日、TTN Kagoshimaコミュニティ主催のLoRaWAN勉強会が行われます!



IoT(モノのインターネット)デバイスの無線通信方式として「低消費電力で長距離のデータ通信を可能とする技術」である「LPWA(Low-Power Wide-Area Network)」。その中でも、無線局免許が不要な"アンライセンス系LPWA"である「LoRaWAN」が注目を浴びています。
この勉強会では、オランダ発祥のオープンコミュニティ方式の無料LoRaWAN「The Things Network」の利用方法をワークショップ形式で学んでいきます。

第1回目は、「LoRaWANとThe Things Networkについて学ぼう」を予定しています。詳細はこちらから...
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.jp/forum/t/ttn-kagoshima-lorawan-ttn-1/108



以上




■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com





本の題名が決まりました! The Things Network ~ 「LoRaWAN」をみんなでシェアして使う



■体裁:A5判約140頁
■本体予価:2300円
■著者:吉田 秀利・尾鷲 彰一
■発行者:工学社
■発売予定日:2018年1月下旬
■ISBN978-4-7775- C3004
■書籍の概要説明

”さまざまな社会課題に対応するため、「IoT機器」と「ソリューションサービス」は、ともに拡大し、IoT普及率は2030年には8割を超えると見込まれています。そうなると、それらのIoT機器のデータをやり取りするデータを運ぶネットワークの構築が急務となります。現状のWi-Fiでは、長距離のデータを飛ばすことができません。また、携帯電話網やLTE通信網では、コストの面から見てもかなり非現実的です。

そこで注目されているのが「LoRaWAN」をはじめとする「サブGHz帯」です。この帯域は、2km~15kmまで飛ばすことができ、さらにオープン帯域なので、だれでも免許なしに使うことができます。しかし、いくら長距離に届くと言っても、無料で使えなければ、普及は難しいでしょう。

「LoRaWANネットワーク」を開放して、「IoTサービスを手軽に始められる」環境を整える試みがはじまりました。つまり、「ネットワーク」の「シェア」です。

本書で紹介する「The Things Network」は、この発想のもと、オランダのアムステルダムでスタートしました。そして、その試みが日本にも広がり、東京でもすでに3箇所、横浜でも4箇所のゲートウェイが設置されています。本書は、「LoRaWAN」を使ってこの「TheThings Network」につなぐ方法を解説しています。”


また、昨日開催されましたミライト様主催のLoRaWANセミナーに参加させていただきましたので、レポートします。 参加者はおよそ20名弱でした。

◆第2回豊洲から始まる無償LoRaWANネットワークのご紹介

セミナー情報はこちらから…
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.mrt.mirait.co.jp/info/4264.html





最初にミライトの石田部長様から自社ビルを含む3カ所の豊洲、枝川、新木場ビルにKerlink LoRaWANゲートウェイを3台設置されて、近辺の企業やパートナー向けにLoRaWANネットワークを開放される説明をされました。 下記LoRa無線適用エリアでご興味のある企業の方は、LoRaWANネットワークが無料で開放されています。IoTシステムなど実証実験が可能となっています。詳細はミライト様までご連絡ください。



次にオープンウェーブ尾鷲さんがLoRaとLoRaWANおよび自社IoTサービスについて説明し、その後私がThe Things Networkについて話しをしました。 

休憩を挟んで、ミライトの穂刈様が、LoRaWANの自社での取り組みとユースケースの説明、そして最後にミライトの若月様のDragino LoRa mini dev boardを組み込んだセンサーモジュール(温度湿度センサーとボタンセンサーボックス)とKerlink LoRaWANゲートウェイを経由してThe Things Network、見える化ツールCayenne で実際にセンサ―データを表示するデモンストレーションが行われました。



The Things Networkコンソール画面、LoRa mini dev. boardを設定するためのArduino IDE画面、センサー見える化ツール Cayenneの設定画面を解りやすく順番に説明されていました。

セミナーの後で参加者の方、数名と会話させていただきました。 参加者の意識は高く、既に他社のLoRaWANネットワークを利用されている方もいて、生の声をお聞きすることができて貴重な機会でした。多謝。

今月末~来月初めに全国の書店でThe Things Network本が発売されますが、センサーノード、LoRaWANゲートウェイをバンドルしたLoRaWANサクセスキットを第一段として発売予定です。 他のIoTユースケースに対応できる、手軽で、安く、簡単に始められるキットへと展開したいと思います。





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




オランダ「The Things Network」創設者 Wienke Giezeman 来日

一昨日、草の根LoRa無線ネットワークサービスを展開する「The Things Network」の創設者 Wienke Giezeman からメールを受信しましたのでご紹介します。



◆セミナーは無料で、オランダ大使館主催のアントレプレナーセミナーのようです。 セミナーに出席される場合、下記サイトより事前登録が必要となります。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScocbBwly5lGNefXASefkn-k0AydRctmTK5hcHTjUrmxSKucQ/viewform





◆「The Things Network」サイト

https://www.thethingsnetwork.org/



◆「The Things Network」の紹介動画



◆「The Things Network」のシステムアーキテクチャー
Johan Stokkingが「The Things Network」のシステムコンセプトを説明



◆「The Things Network」LoRa無線伝送方法について
無線通信技術者Thomas Telkampが無線インフラ設計をしています。 LoRa無線ネットワークをつかうインフラ構築方法論を細かく説明しています。

●こちらから...
↓↓↓↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=T3dGLqZrjIQ&t=32s









◆詳細はこちらから.
↓↓↓↓↓↓
http://www.crijapan.jp/index.php/ja/iotgateway.html





◆Dragino LoRa IoTキットのプレゼン動画



◆詳細はこちらから.
↓↓↓↓↓↓
http://www.crijapan.jp/index.php/ja/iotgateway.html

■IoTゲートウェイカタログをダウンロード
  ↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/IoTGateway_catalog.pdf



■Dragino社LoRaWAN対応IoTゲートウェイ
・SEMTECH社LoRa通信チップ搭載したIoTゲートウェイ LG01-JP




■LoRaWAN対応センサーノード LoRa mini 920-JP表



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JP裏



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JPをArduino IDE互換開発PCBに装着している様子




■LoRa mini用着脱可能なテストユーティティ
Arduino IDEで開発したさまざまなセンサー制御プログラムをLoRa mini本体にロードするためのテストユーティリティ




■「LoRa」導入ガイド―「IoT」「LoRa」の仕組みから、「IoTアプリケーション」の実例までのLoRa入門書


A5判  160ページ 定価 2,484円(本体2,300円)
ISBN978-4-7775-1972-9 C3004 2300円
2016年 9月28日 工学社より全国書店にて発売!
◆工学社のサイト
↓↓↓↓↓↓↓

https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1972-9






カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック