FC2ブログ

1年ぶりに中国深圳に出張しました!

1年ぶりに3泊4日のスケジュールで中国深圳まで出張してきました。 日本からの同行者はオープンウェーブの尾鷲社長です。今回は、Dragino社の新製品の仕様打ち合わせと新たなIoTベンダー2社との打ち合わせもありました。

*昨年2017年4月の深圳出張レポート
↓↓↓↓↓↓↓
Dragino社訪問 - LoRa通信ベンチャー




昨年と同じく香港国際空港からA43口で上水まで1時間ほどバスに乗り、地下鉄上水駅の次の駅羅湖駅で香港から中国への入管2カ所で検閲(この検閲に約2時間もかかりました!)をうけて、中国側の川を渡り、羅胡駅から徒歩5分程にあるBest Western ShenZhen Felicity Hotelに宿泊しました。

*Best Western ShenZhen Felicity Hotelの正面玄関




”福”マークの裏側は、旧正月の飾りになっていました。



ホテル13階の部屋から見える羅胡周辺の景色。20数年前に深圳のこの周辺を訪問した時は、20階以上の建物は、フランスとの合弁で建設されたホテルが3つだけしかありませんでした! 20数年を経て、あまりの発展ぶりに感慨深い思いがします。

*中国最大のシェアサイクル業者 ofo
羅胡駅からホテルまで歩いて向かう途中、中国最大のシェアサイクル - ofo の黄色の時点が目立ちました。深圳羅胡の街中には、黄色のofoとオレンジ色のmobikeの2社のシェアサイクルの寡占状態でした。





翌日朝、Dragino CEO Edwin Chenが、ホテルまで迎えに来てくれました。 昨年再会した時は、BMWの中古車でしたが、今年はベンツに代わってました(笑)。 売り上げもLoRa関連だけで昨年の4倍にまで拡大しているようです。

*Dragino 8チャンネル LoRaゲートウェイ - LG08の試作品
下記は、The Things Networkでも1000台以上実績のあるRAK Wireless製のSEMTECH SX1301を搭載した8チャンネルコンセントレータ―ボードが、Dragino社製OpenWRTボードの上に組み込まれています。




*Dragino LoRa GPS Trackerの改造版
ある欧州の顧客から受注したLoRa GPSトラッカーです。徘徊老人をターゲットにしたIoTアプリケーションと連携するように設計されています。



*Dragino MODBUS LoRa Brdige
MODBUS LoRa Brdige。 香港政府の公共施設に数千個採用されていると説明していました。 加速度センサーと傾斜センサーを内蔵させて、台風や災害がきた時に木樹や建築物の状況を把握するための遠隔地センサーモジュールといってました。 搭載されているMCUは、STMcroelectronics社にARM Coretex M0が搭載されDragino LoRa STモジュールが、MODBUS LoRa Brdige PCB上のM.2コネクター(右上部分)ににそのまま装着が可能です。



*Dragino 新型ARMベースのLoRaモジュールLoRa ST

↓↓↓↓↓↓↓
http://wiki.dragino.com/index.php?title=LoRa_ST

*Dragino NB-IoT Shield for Arduino
中国と欧米市場では、そろそろNB-IoT市場が立ち上がるのか? NB-IoT用シールドも紹介されました。


↓↓↓↓↓↓↓
http://wiki.dragino.com/index.php?title=NB-IoT_Shield


*Dragino CEO Edwin Chenと記念写真
Edwinさんと尾鷲さんと事務所の近所にあるレストランで美味しい点心をご馳走になり、記念写真。




*1年ぶりに散歩する羅湖中心地 - 金光華広場へ
この金光華広場近辺は、昨年、羅胡の街をさまよいならがWiFiスポットを利用できた場所だったのでよく覚えています。



ミィーティング最終日の夜、 金光華広場の近くの日本人のまったくいない四川火鍋店にチャレンジしました。 最初に注文する時から、店員の言葉がまったく理解できませんでした(笑)。 メニューを見ても全部漢字で、おそらく共通語できちんと話せる店員も少ないせいか?単語すら一言も聞き取れませんでした。広東訛りの共通語なのでチンプンカンプン?

若い女性店員が、見るに見かねて百度(バイドゥ)アプリの自動翻訳機能をつかい、尾鷲さんの日本語を聞き取りながら、理解していましたが、それも、どれだけあたっているかわかりませんでした?




注文も一番辛くなく、まろやかなスープにしたのですが、しゃぶしゃぶのように肉をたべたら、1つ食べただけで汗がポタポタ落ちるような状態!!!  とても食えたもんじゃないので、真ん中のほぼ辛くない安全地帯のスープで、羊、豚、牛と肉をたべました。 周りのテーブルをみていると日本の鍋料理のように最後にきしめんの形をした縦線の入った平たい麺をいれて食べていたので、この人達の味覚はどうなっているのだろう? と疑問に感じました(笑)

最後に、8チャンネル対応のLoRaWANゲートウェイは、6月くらいにはリリースできるとおもいます。お楽しみに!


◆2018/2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!


Johan Stokking (左 The Things Network TECH LEAD=CTO)とWienke Geizeman (右 The Things Network CEO)


*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



スポンサーサイト

Dragino社製「LoRa」シールドとTHE THINGS NETWORK連携

IoTビジネスが発展すると集めたビッグデータを収納する場所、つまりプラットフォームが必要となります。今までオフィス市場やECサイトなどで利用されていたクラウド環境もあらゆる業界でセンサーがインターネットに繋がるようになってくると新たにプラットフォーム市場が生まれます。下記は調査会社矢野経済研究所が昨年、市場調査した予測です。

2019年のIaaS/PaaS市場規模は3,500億円と予測



*******記事より******
 近年IoTが注目されているが、これまでは高い技術力や資本力を持たないとIoTビジネスに取り組むことができないと考えられてきた。自社でIoT関連のサービスをゼロから構築することは、技術的にも、また費用面においても負担が大きい。

 しかし、IaaS/PaaSを活用すれば、それらを持たずともIoTビジネスに取り組むことが可能になる。中堅・中規模のユーザー企業の中にも、IaaS/PaaS提供事業者が提供するIoTプラットフォームを中心としたPaaSを利用し、IoTビジネスに積極的に取り組むユーザー企業が現れはじめている。

 矢野経済研究所では、そうした動きにも後押しされ、IaaS/PaaS市場は、2016年以降も高成長を維持していき、2019年のIaaS/PaaS市場規模(事業者売上高ベース)は、3,500億円に達すると予測している。

https://www.yano.co.jp/press/press.php/001569
**************************

 当社では、免許不要のLPWA(Low Power Wide Area)の主力通信技術である「LoRa」および「LoRaWAN」に着目し、パートナーであるDragino社製のIoTゲートウェイを日本で展開しています。 最近、IoT案件がいくつか舞い込んでいるため、防備録としてDragino製「LoRa」通信シールドとIoT PaaSで成長しているTHE THINGS NETWORKとの連携で詳細な動画が公開されていましたので、ご紹介いたします。

 注記: 動画ではRasberry Pi用に無理やりDragino製Arduino用「LoRa」通信シールドをジャンパー線を駆使しながら接続していますが、現時点で、Dragino社はRasberry Pi用「LoRa」通信シールドをリリースしていますので、このような努力は必要ありません。

 ◆Dragino社製「LoRa」通信シールド


Dragino社では、通常のLoRa通信シールドの他に、GPSチップが搭載されているLoRaシールドもリリースしています。

◆Dragino社Arduino用LoRa GPS機能付きシールド




◆Dragino社Rasberry Pi用LoRa GPS機能付きシールド





Part1


Part2


Part3


Part4


Part5


Part6





https://www.thethingsnetwork.org/


Part7 センサーデータを「LoRa」通信シールドを経由してTHE THINGS NETWORKで設定する方法


 ●THE THNIGS NETWORKでは推奨するIoTゲートウェイ、LoRaノード、LoRa通信アダプター(実際はArduino Unoですが、The Things Unoと命名)のサポートハードウェアは少ないのです。


当社パートナーのDragino社のLoRa関連商品は海外でかなりの数のユーザーが、THE THINGS NETWORKのクラウド環境で利用されています。下記は日本でのアーリーアダプターのTHE THINGS NETWORKとDragino LoRaシールドを利用する紹介ブログです。

http://qiita.com/ammo0613/items/f6ef5c8fd7a371323ab7



 THE THINGS NETWORKは、比較的簡単にIoTネットワークを構築することが可能です。今後「LoRa 」RF変調を使う省エネ長距離無線は、日本ではNTTの「FOMA」のような3G無線回線市場を破壊(DISRUPT)する可能性を秘めています。






◆Dragino LoRa IoTキットのプレゼン動画



◆詳細はこちらから.
↓↓↓↓↓↓
http://www.crijapan.jp/index.php/ja/iotgateway.html

■IoTゲートウェイカタログをダウンロード
  ↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/IoTGateway_catalog.pdf



■Dragino社LoRaWAN対応IoTゲートウェイ
・SEMTECH社LoRa通信チップ搭載したIoTゲートウェイ LG01-JP




■LoRaWAN対応センサーノード LoRa mini 920-JP表



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JP裏



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JPをArduino IDE互換開発PCBに装着している様子




■「LoRa」導入ガイド―「IoT」「LoRa」の仕組みから、「IoTアプリケーション」の実例までのLoRa入門書


A5判  160ページ 定価 2,484円(本体2,300円)
ISBN978-4-7775-1972-9 C3004 2300円
2016年 9月28日 工学社より全国書店にて発売!
◆工学社のサイト
↓↓↓↓↓↓↓

https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1972-9



◆Dragino社訪問 - LoRa通信ベンチャー




いよいよ明日、Open Cloud Innovation Festaセミナー登壇!

いよいよ明日、東京電気通信大学で開催されます「Open Cloud Innovation Festa」にて当社尾鷲が下記セミナーで登壇いたします。

■下記サイトにて事前登録が必要となります
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://open-cloud-innovation-festa.com/





「Open Cloud Innovation Festa 2016」は、IBMクラウド「SoftLayer」と「Bluemix」のユーザーコミュニティが主催する技術カンファレンスです。オープンイノベーションを支える国内外の最新事例、普段聞けないネタ、技術的なネタと色々と面白い企画が盛りだくさんです。インフラエンジニアも、開発エンジニアも、営業の方も、そうでない方も、クラウドに興味のある方の参加をお待ちしております。

主催

Open Cloud Innovation Festa 2016 実行委員会

協賛

日本アイ・ビー・エム株式会社

協力

国立大学法人 電気通信大学
日本SoftLayerユーザー会
日本Bluemixユーザー会
一般社団法人クラウド利用促進機構

場所

国立大学法人電気通信大学
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
京王線 調布駅下車 中央口改札 中央口より徒歩5分

参加費

無料

当日について

・受付票を必ず印刷いただき、当日受付でお渡しください。
・先着200名様にバリスタコーヒー交換券をプレゼントいたします!
・休憩時間には、特製クッキーをご提供いたします!

プログラム

プログラム内容は予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

受付

12:00より

セッション
各セッション時間:45分、休憩時間:15分(各セッションの間)

IoT時代におけるセンサーデバイスとネットワーク通信について
~サブGHz無線ネットワーク「LoRa」~
  シーア―ルアイジャパン株式会社
  技術取締役 尾鷲 彰一
  B棟2F 201 午後2時より

◆当日セミナーの動画がアップされました!












◆Dragino LoRa IoTキットのプレゼン動画



◆詳細はこちらから.
↓↓↓↓↓↓
http://www.crijapan.jp/index.php/ja/iotgateway.html

■IoTゲートウェイカタログをダウンロード
  ↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/IoTGateway_catalog.pdf



■Dragino社LoRaWAN対応IoTゲートウェイ
・SEMTECH社LoRa通信チップ搭載したIoTゲートウェイ LG01-JP




■LoRaWAN対応センサーノード LoRa mini 920-JP表



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JP裏



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JPをArduino IDE互換開発PCBに装着している様子




■「LoRa」導入ガイド―「IoT」「LoRa」の仕組みから、「IoTアプリケーション」の実例までのLoRa入門書


A5判  160ページ 定価 2,484円(本体2,300円)
ISBN978-4-7775-1972-9 C3004 2300円
2016年 9月28日 工学社より全国書店にて発売!
◆工学社のサイト
↓↓↓↓↓↓↓

https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1972-9






学校内無差別殺人対策に「LoRa」ネットワークを活用!


今週、たまたまWall Street Journalネット版をみたら、米国の学校向け無差別殺人事件に対処するための防犯システムの中で「LoRa」が緊急通知として取り上げられていましたのでご紹介します。

日本では、厳しく拳銃所持を罰則化している状況なので、このようなニーズは少ないとおもいます。例えば、直下型地震、津波、地滑り、洪水による橋崩落など、災害リスクは日本でも同じように起こりえます。 このような緊急時に、大手キャリアの携帯ネットワークだけに頼るのではなく、自前の二次防災バックアップネットワークとして「LoRa」無線通信ネットワーク化することは意味があります。さらに「LoRa」は省電力低コストでネットワークシステムを構築できるのです。

Using Technology to Protect From Mass Shooting


*原文はこちらから....

http://www.wsj.com/articles/using-technology-to-protect-from-mass-shootings-1473012905




緊急防災システムの仕組みはとても簡単です。

◆教室の入り口のドアとペンダント式の無線スイッチで開閉操作できます。(おそらく、Bluetooth通信でドアとペンダントがペアリングしてあるはずです)


◆教室内では、先生がペンダントをぶらさげて生徒におしえます。


◆緊急ネットワークに「LoRa」ゲートウェイで教室内で緊急ランプ(パトライト)を先生がいつも見えるところに設置きます。万が一、緊急ランプがついたら、先生は即座にペンダントのボタンを押して、教室の入り口ドアをロックして侵入を防ぎます。




今回は米国ならではの「LoRa」無線通信ネットワーク事例ですが、このようなユースケースを参考にすれば、日本でもあらゆる緊急災害時に「LoRa」無線ネットワークを活用することができます。

あらたに「ビーコンをつかうIoTアプリケーション」と題して説明資料を下記に公開しました。





◆Dragino LoRa IoTキットのプレゼン動画



◆詳細はこちらから.
↓↓↓↓↓↓
http://www.crijapan.jp/index.php/ja/iotgateway.html

■IoTゲートウェイカタログをダウンロード
  ↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/IoTGateway_catalog.pdf



■Dragino社LoRaWAN対応IoTゲートウェイ
・SEMTECH社LoRa通信チップ搭載したIoTゲートウェイ LG01-JP




■LoRaWAN対応センサーノード LoRa mini 920-JP表



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JP裏



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JPをArduino IDE互換開発PCBに装着している様子




■「LoRa」導入ガイド―「IoT」「LoRa」の仕組みから、「IoTアプリケーション」の実例までのLoRa入門書


A5判  160ページ 定価 2,484円(本体2,300円)
ISBN978-4-7775-1972-9 C3004 2300円
2016年 9月28日 工学社より全国書店にて発売!
◆工学社のサイト
↓↓↓↓↓↓↓

https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1972-9






台風10号で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます

 台風10号で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌!

下記サイトより転載:
http://www.sankei.com/region/news/160901/rgn1609010020-n1.html
----------------------------------------------------------------------


 統計開始以来初めて東北地方の太平洋側に上陸した台風10号の襲来から一夜明けた31日、台風の直撃を受けた岩手県を中心に、記録的な大雨による河川の氾濫で11人が死亡し、2人が行方不明になるなど被害が拡大した。

 川の氾濫で高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」から入所者とみられる9人が遺体で見つかった同県岩泉町。他にも1人が死亡し、2人が行方不明になった。役場の電話がつながらず、県は衛星電話で被害状況の確認を急いだ。

 同県久慈市は久慈川と長内川が氾濫した。2つの川に挟まれた中心部が広い範囲で冠水、1人が亡くなった。両河川は東日本大震災では津波の力を分散させて被害を最小限に抑える役割を果たしたが、今回は皮肉にも被害を大きくさせた。
----------------------------------------------------------------------

 イギリス北部にあるオープンソース開発会社 AB OPENでは、「LoRa」通信モジュールをつかった洪水センサーネットワークシステムを低価格なRasberryPiでシステム構築しています。このような自前のシステムを川の上流部で張り巡らしていたら、上述のような悲惨な事故は未然に防げたかもしれません。

 通常の携帯ネットワーク(LTE)は、2011年東北大震災の時のように中継機器が、ネットワークトラフィックの纐纈(目詰まり)を起こし、携帯電話さえもつながらなくなるのです。災害時に「LoRa」ネットワーク、つまりLoRaWANセンサー感知システムを構築すれば、独自無線ネットワーク網として利用できます。下記のように川の氾濫を事前に察知して、防災通知ができます。




 一日も早く、日本でもこのような自前省エネ長距離無線ネットワーク技術「LoRa」が普及することを期待しております。

 2016年9月末、「LoRa」導入ガイドとして書籍を発売することになりました。ご参考までに書籍の概要をお知らせします。低価格なArduinoやRasberryPiをつかい、プログラミングをしながら、MQTTセンサーネットワークを構築するノウハウとIoTアプリケーションについて記述しました。




 最終的にはIBM Watson IoTやGoogle TensorFlowなどAIエンジンを利用して自動診断するところまでシステム化するのが、これからの潮流になるとおもいます。その前段階の導入本となります。

 追記:IBM主催のハンズオンセミナーに参加いたしますので
御時間ございましたら、ご参加ください。

http://open-cloud-innovation-festa.com/














◆Dragino LoRa IoTキットのプレゼン動画



◆詳細はこちらから.
↓↓↓↓↓↓
http://www.crijapan.jp/index.php/ja/iotgateway.html

■IoTゲートウェイカタログをダウンロード
  ↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/IoTGateway_catalog.pdf



■Dragino社LoRaWAN対応IoTゲートウェイ
・SEMTECH社LoRa通信チップ搭載したIoTゲートウェイ LG01-JP




■LoRaWAN対応センサーノード LoRa mini 920-JP表



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JP裏



■LoRaWAN対応センサーノードLoRa mini 920-JPをArduino IDE互換開発PCBに装着している様子




■「LoRa」導入ガイド―「IoT」「LoRa」の仕組みから、「IoTアプリケーション」の実例までのLoRa入門書


A5判  160ページ 定価 2,484円(本体2,300円)
ISBN978-4-7775-1972-9 C3004 2300円
2016年 9月28日 工学社より全国書店にて発売!
◆工学社のサイト
↓↓↓↓↓↓↓

https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1972-9





カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック