Onyx Beacon がProximity Solution Provider世界ランク第4位を獲得!

Onyx Beacon がProximity Solution Provider世界ランキングで4位を獲得!

Appleが2013年9月にiBeaconを発表して3年が立ちました。Bluetooth端末とスマートフォンを利用した新たな近接マーケティング手法、いわゆるProximity(近接) Marketing。安価なビーコン端末をつかいながらクラウド上で訪問顧客の動線や興味をあおるクーポン配信などをてがける企業は世界に広がり、ビーコンベンチャー企業が乱立しました。

2016年10月に下記のような世界各地にビーコンサービスを提供するProximity Solution会社のランキングが公表されましたのでご紹介します。



http://www.ibeacondo.com/download/Proxbook-Report-Q3-2016-Proximity-marketing-in-airports-and-transportation.pdf



当社の取引先であるルーマニアのビーコンベンチャー Onyx Beacon社のサービスが世界ランク 第四位となりました!

・第一位は、イギリスでスマートフォンモバイル決済サービスも手掛けるProxama社、
・第二位は、米国半導体大手 Qualcomm社の子会社で、いわゆるビーコン端末のパイオニア Gimbal社、
・第三位はベルギーのビーコンベンチャーでとてもクリエイティブなモバイルサービス展開をしているIn The Poacket社

・そして、第四位にルーマニアのOnyx Beacon社が選出されました!

思えば三年前にはじめてOnyx Beacon社CTO Marius Moneraにコンタクトした頃は、正直いってお金になるレベルのサービスではなかったのですが、その後、何回も改良を重ね、数人で始めた事業も、現在は30人を超える開発スタックをかかえるまでに成長しています。

Onyx Beacon社の出荷実績は、既に会社レベルで4,000社と契約し運用されています。

日本では、まだ数えるくらいの顧客数ですが、来年はOnyx Beacon社の成長とともに日本でも契約先企業を増やしたいと思います。

*今年始め Onyx Beaon社開発スタッフの写真


















■Onyx Beacon CMSの詳細は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.crijapan.jp/index.php/ja/beaconcms.html





スポンサーサイト

小売業以外でのビーコン活用

以前、ABI Reseachでも報告されました小売業以外でのビーコン活用について当社での取り組みをご紹介いたします。 復習ですが、グローバルなBluetoothビーコン市場は2015年から2020年まで成長率6000パーセントに達することが期待されます。約800万個が2015年に出荷されました。この数は2020年までに88億個まで急増することが予想されています。



小売り以外の非小売業界には、スポーツ、製造、テレコム通信、交通&空港、流通、病院、ヘルスケアなどが含まれます。



非小売業以外で当社が取り組んでいる業界として通信業界があります。 特にWiFiネットワークサービスを展開しているサービスプロバイダーです。米国大手サービスプロバイダーに採用されたOnyx Beacon最新ハードウェア USB Central BeaconとビーコンCMS。 「WiFi ルーターとBeacon 端末を使うビーコンHotSpots サービス」をご紹介いたします。

■概 要

①屋内施設でWiFi ルーターの配下にビーコン端末を複数設置お客様の動態管理を可能にする「ビーコンHotSpots サービス

②既存のスマホアプリに専用SDK ミドルウェアを組み込み、お客様がビーコン端末に近寄るとクーポンが配信されます

③お客様が施設内にいる時、目的地をお客様がタップすれば、屋内地図上で自動でナビゲーションが表示されます

■用 途

①ショッピングモール、観光地、商店街で無料WiFi サービスと連携し「ビーコンHotSpots サービス」として新たな広告収入源としてビジネス展開できます

②観光アプリやスタンプラリーアプリと連携し、インドアおよびアウトドアのナビゲーション用インフラを構築できます

③クラウドCMS システムで顧客ログデータを収集し、他の分析システムやCRM システムと連携しながらPDCA サイクルでまわすことができます



そして、2つ目は防災セキュリティです。昨今、IoTが花盛りでビジネスで話題となり盛り上がっていますが、産業向けというよりは、日本のように地震大国で応用できるシーンがあると感じています。 「ビーコンを用いた火災報知ソリューションのご紹介


■概 要

①火災報知器、ビーコン端末、IoT ゲートウェイを屋内の施設に配備し、管理用のクラウドサービスと連携します

②火災が発生した際、スマートフォンに火災発生を即座に通知するソリューションとなります

③高層ビル、大規模商業施設、病院、ホテル等で離れた場所でもいち早く近辺の人に火災を知らせことができますのでリスクを最小限に抑えることができます


■用 途

①会社の事務所内、ショッピングモールなどで火災が発生した際ビーコン近辺にいるお客様に対し、火災発生の通知と非難勧告を行います。また、避難経路の指示も可能です

②帰宅後の事務所や、留守中の家庭で火災が発生した際に、指定したクライアントのスマートフォンに対し火災発生を通知します

③火災はスプリンクラー等により消火できますが、その後の盗難設備の保全に役立てます。例えば、火災発生を知ることにより事務所機器の被害を確認し、現地に赴くことが可能です









Onyx Beacon がProximity Solution Provider世界ランク第4位を獲得!

http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-496.html



2020年までBluetoothビーコン市場は爆発的に成長、ユビキタス危機に瀕す!

2020年までBluetoothビーコン市場は爆発的に成長、ユビキタス危機に瀕す!

出荷台数の面では、グローバルなBluetoothビーコン市場は、2015年から2020年にかけて307.2パーセントの年成長率で急拡大することが期待されます。

By: Jes Ellacott      18Mar 2016


*原文リンクは以下となります。

http://www.technavio.com/blog/bluetooth-beacons-are-teetering-brink-ubiquity-shipment-volume-expected-grow-exponentially-2020#sthash.EqO6arcN.dpuf



ビーコンはエキサイティングです。小売業者や他の会社が、ビーコン範囲内でお客様がどこにいるかを検出できる、新しいっぽい技術です。そして、小売業者は、よりインタラクティブな小売体験を創造し、関連する情報、プロモーションをお客様にプッシュ通知で告知することができます。

ビーコンは、Appleが2013年に最初にiBeaconをリリースしてから脚光を浴びています。しかし、GoogleとMicrosoftはそれぞれ独自のビーコン規格で市場に参入し、ビーコン技術は爆発する体制を整えているのです。

2015年の技術規格によるBluetoothビーコン端末市場(出荷台数別シェア)

Source: Technavio
出荷台数の面では、グローバルなBluetoothビーコン市場は2015年から2020年まで年成長率で307.2パーセントの成長することが期待されます。約800万個が2015年に出荷されました。この数は2020年までに88億個に急増することが予想されます

市場の成長は2017年にピークを迎え、初期の目新しさの要因が弱くなるとその後緩やかな減少傾向になります。しかしながら、CAGR(年平均成長率)は、今後5年間で100%以上と予測されます。

2015-2020年のBluetoohビーコン端末市場(100万台単位)

Source: Technavio
そして現在のビーコン端末の主なターゲットは、小売り業者でそのお客様である最終消費者が利用し、上図のような強烈な成長の牽引役となります。しかし、私たちは、小売り以外のアプリケーションが、より多くビーコン端末を採用するだろうと予測しています。非小売業界には、スポーツ、製造、テレコム通信、空港、IT、流通、病院、ヘルスケアなどが含まれます。実際に、ビーコン端末を何らかの方法で利益享受を得てない2,3の業界があります。

2015-2020年までのBluetoothビーコン端末市場セグメンテーション

Source: Technavio
だから今、グローバイルビーコン市場の何をどのようにカバーしているのか?誰かの話をしましょう。TechNavioコンサルティングのアナリストは、世界中のビーコン採用と成長をトップベンチャーが貢献しているのを確認しています。

________________________________________
Blue Sense Networks
欧州の会社でBluetoothビーコン端末の製造とソフトウェアを専門に手掛けています。2013年に設立され、本社はイギリス。会社は世界30か国で500以上の顧客を抱えています。BlueBarというブランド名でiBeacon認証ビーコン端末で販売しています。会社は、イギリスの先端的な近接ソフトウェアとハードウェアを提供しています。
________________________________________
Estimote
2012年に設立、米ニューヨークに本社があります。会社は下記の製品を供給しています。
Beacons と stickers:
どこでも、どんな物で付けられるくらいとても小さな無線センサーです。パワフルなARMプロセッサー、Bluetooth Smartモジュール、メモリそして温度やモーションセンサーが付いています。コインバッテリーで電源供給され、内臓アンテナで無線信号が発信されます。スマートデバイスにインストールされた互換性のあるアプリで反応し、それらの無線信号が受信されます。
SDKとソフトウェア:
EstimoteのSDKとクラウドソフトウェアは、アプリケーションとメタデータをフルにアクセスするよう設計されています。オブジェクトタイプ、ビーコン所有者、正確な位置情報が含まれています。それらは、ビーコンの基本的な機能に加えて、セキュリティと他のサービスもまた提供できます。
________________________________________
General Electric
1982年に設立、ニューヨーク州のSchenectadyに本社があります。誰もが知っている米国コングロマリット。会社は8つの異なるビジネス部門があります。アプライアンス、航空、資本、エネルギー管理、ヘルスケア、オイルとガス、電力と水そして交通。GEは、2014年にウォルマート店舗向けに新しいLED照明器具でiBeaconsを統合しました。
________________________________________
Gelo
Geloは、米国ベースのビーコンハードウェアを製造するスタートアップ企業。2013年に設立、ミシガンに本社があります。会社は、iBeacon仕様の製品を販売しています。会社は3つの主なセグメントでビーコン技術を販促しています。パワフルなビーコン端末、クラウドプラットフォーム、柔軟なSDK。
________________________________________
Glimworm Beacons
2011年に設立、本社はアムステルダムにあります。Glimwormは、アムステルダムのGlimworm ITとロッテルダムのTweetonigの共同オペレーションです。会社は、着脱可能なカバーと充電可能なバッテリー機能をつむビーコン端末を供給しています。
________________________________________
Kontakt.io
Kontakt.ioは2013年に設立、本社はニューヨークにあります。会社は様々なアプリケーションに対応したビーコン端末を供給しています。
Smart Beacon:
iBeaconとEddystoneプロトコルに対応したビーコン。
Cloud Beacon:
3つの機能があります。モニタリング、トラッキング、分析。レンジ内のビーコンをモニターします。WiFiデバイスをトラッキングします。そして収集したデータをクラウドに上げレポートし分析します。
Beacon Kontakt.io Tough Beacon:
iBeaconとEddystoneフォーマット両方で機能します。32.8フィート(約10m)まで届き、帯電防止と防水対応のビーコン端末です。
Eddystone Kontakt.io Tough Beacon:
耐破損性のビーコンでiBeaconとEddystoneフォーマット両方で機能します。
________________________________________
Onyx Beacon 会社レポートはこちらから...
2013年に設立、ルーマニアに本社があります。会社は9か国でグローバルに展開しています。70Mまで電波が届く範囲のビーコン端末を供給しています。ビーコン端末はiBeaconとEddystoneフォーマット両方で機能します。

2015年8月にはルーマニアのCarrefourハイパーマーケット全28店舗に600ビーコン端末を設置し、Samsungと共同でSmart Shoppingアプリを提供しています。 

Onyx Beacon がProximity Solution Provider世界ランク第4位を獲得!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-496.html









さらにルーマニアブカレスト市内の全バスに視覚障害者用にビーコン端末を利用して盲人向けに Smart Public Tranportアプリを提供しています。

________________________________________
PayPal
金融ハイテク企業は、小売部門でのプレゼンスを高めるために、戦略的主導権の実装に取り組んでいます。2013年9月、PayPalは最新ハードウェア、ビーコン、ハンズフリーのチェックイン支払いを可能にするBLE対応デバイスを発表しました。
Paypalは、低レベルのエネルギー消費量を維持しながら、相互に通信するために接続されたデバイスを可能にするBLE技術を使用しています。

Palpalと互換性のあるPOSシステムは、Booker, Leaf, Erply, Leapset, NCR, PayPal Here, Micros, Revel, ShopKeep, TouchBistro, Vend等が含まれます。ビーコンで店舗の領収書を電子的に扱うことができます。
________________________________________
PLUS Location Systems (BlueCats)
PLUS Location SystemsはオーストラリアのNew South Walesに本社があります。同社は下記を提供しています。
AA Beacon:
それはどこにでも取り付けることができます。2つのAA交換可能な電池で駆動し、耐水性があります。
USB Beacon:
任意のUSBソケットによって電力を供給することができ、モバイルデバイスにホストデバイスからデータを転送することができます。
BlueCats StarterPacks:
3つのAAビーコンを使用して構築されています。スターターパックは、USBビーコンバージョンで利用可能です。___________________________
________________________________________
Sensorberg
2013年に設立、本社はドイツのベルリンにあります。Sensorbergは、ヨーロッパのiBeaconのパイオニアです。そのibeaconデバイスは、3つ(Apple, Google, Microsoft)すべてのビーコン規格をサポートしています。
________________________________________
Qualcomm (Gimbal)
Qualocommは、1985年に設立、カリフォルニアのSan Diegoに本社があります。
デジタル通信製品を製造販売し、サービスを全世界的に提供しています。また、携帯電話やタブレットで使用されるいくつかの重要な技術を開発し、販売しています。

2013年12月、同社の子会社で、クアルコムリテールソリューションは、ジンバルコンテキストアウェア近接プラットフォームの一部としてジンバル近接ビーコンを販売開始しました。

2014年3月、クアルコムリテールソリューションはiBeaconハードウェアを提供するために、MLBAM(米MLB)によって選ばれました。契約により、同社は北米で球場全体のインストールとトレーニングや展開近接ビーコンを設置しました。

以上


■日本IBM様のBluemixユーザー事例としてとりあげていただきました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
無免許、無料で利用できる長距離無線通信規格「LoRa」を使ったIoTインフラ事業にPaaS基盤が欠かせなかった理由

■関連ブログ

Onyx Beacon がProximity Solution Provider世界ランク第4位を獲得!

http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-496.html

ビーコンメーカーとBluetooth 4.2コア仕様策定メンバーの関係

http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-219.html

ビーコン市場が活況を呈してきました!

ABI Rearchという米国でも著名な調査会社によると2020年までにBLEビーコンの出荷数は年間4億個まで拡大し、それに附随するサービスの売上は年間1,000億円まで膨らむという調査結果です。

インストア分析ソフト会社やビーコンベンチャーに投資ファウンドが数十億円投資したというのは、よく耳にしていました。 やはり、GoogleのEddystoneリリース発表から、モバイルOSメーカーであるAppleとGoogleの主戦場がビーコンおよびIoTにまで拡大した感があります。

*BLE Beacon Shipments Break 400 Million in 2020 by ABI Research

https://www.abiresearch.com/press/ble-beacon-shipments-break-400-million-in-2020/




*Moving Advertising Beyond Beacons

http://www.mediapost.com/publications/article/255535/moving-advertising-beyond-beacons.html



また非常に興味深い、ビーコンと広告に関する投稿記事がありましたので翻訳しました。

=================================================================================================

ビーコンを越えて広告へ動く

IoTを経由してマーケティングや広告というのは今が旬です。最も顕著で明らかなIoTの現在の実装はビーコンです。

小売業者は、商品に近ずいたお客様にあるブランドのメッセージを配信する広告プラットフォームとして、ビーコンを店内に設置して活用しています。小売業者はビーコンの実証実験を経験しながら、広告を推進する技術を提供する会社が舞台裏でノウハウを蓄積しています。

一方、ビーコン技術の革新は続いているのです。

例えば、Googleが最近発表した新しい技術「Eddystone」は、ビーコンのオープンスタンダードであり、劇的にビーコン活用が展開されていくことでしょう。

あるビーコンメーカーは、今週、電源供給付きのビーコン端末を発表しました。ビーコンの電池交換の問題が解決され、すでにこの機能をもっているビーコンメーカーの仲間入りをはたしました。

さらにセンサーベースの機能がビーコンと一緒に開発されています。

スタートアップベンチャーのある会社は、表面のバイブレーションパターンを検知する加速度センサーを組み込んだ商品です。表面の人によるノックパターンを検出します。そうするとWiFiが動作してノックパターンをクラウドに送り、それに応じて適当なリアクションを決定するのです。


広告やメッセージという観点からすると、レストランのテーブルであるタップをするとそれがトリガーとなってスマートフォンにメッセージが配信される。

ポイントはインターラクティブデバイスとなるその表面です。それはアクションを要求する消費者が利用するものです。

センサーはあらゆるところで、大量に活用され、お客様にリーチするための新しいインターラクティブなプラットフォームになります。

今、まさにそのプラットフォームを活用するために作業する時間なのです。

それ言葉を変えるとプラットフォームではなく、(サービス提供者からお客様にへの)メッセージングなのです。

=================================================================================================

*iBeacon顧客動態分析サービス OnyxBeacon CMS説明資料



”Carrefour”ルーマニア全店舗でOnyxBeaconを採用!



欧州の小売最大手”Carrefour”は、今回ルーマニア内の全28店舗においてiBeaconネットワークを構築しました。”Carrefour”実験店舗でテストフェーズを経て、実際の商業ネットワークという点ではグローバルな段階で最初のプロジェクトです。このソリューションでは、600個のOnyxBeacon社の”Beacon One”ビーコン端末が”Carrefour”の国内各店舗で利用されています。そこでは、ガイド付きショッピング経験やパーソナライズし、リッチなコンテンツをお客様のスマートフォンに自動配信されます。




今のところ、カルフールがiBeaconテクノロジーをお客様向けに利用するには2つのメリットがあります:

①店舗内(インストア)ナビゲーションと
②商品/価格/販促に関した情報です。

それは最初のステップですが、次第に勇気をもって可能性のあるロードマップを展開する予定です。そのロードマップとは、賢い小売サービス業者と個別のお客様との継続的な相互関係やパーソナライズされた関係性をバーチャルにおいて無限の可能性を追求するというものです。



iBeacon端末、モバイルアプリケーションそしてクラウドCMSで構成されたシステムを従来の小売店で使うことは、オンラインのECサイトで普通に利用されているようなトラッキング、分析そしてデジタルコミュニケーションのテクニックの重要な部分が創造的に実装されることになります。

これらのテクニックを実践することで、お客様の店内体験を改善するだけでなく、小売業者がよりターゲットされたお客様に対して最適な場所とタイミングで商売上のメッセージを配信できるということも将来的に重要になるからです。それが顧客満足度と売り上げ拡大につながるのです。


■"Carrefour"の詳細内容

■ようやく念願のOnyxBeacon CMSで新たにヒートマップに対応しました!





■Onyx Beacon CMSの詳細は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.crijapan.jp/index.php/ja/beaconcms.html





カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック