小売プログラム向けビーコン技術: 店舗レベルでのメッセージのカスタマイズ

Samsung USAが運営しているサイトです。珍しく自社商品とは関係のない小売り業界でのビーコン技術について投稿記事がありましたので下記内容を和訳しました。

ビーコンに関しては、Maceys'で有名だったビーコンベンダー のパイオニアShopkick社が、2014年韓国SK Planet社に買収されました。韓国では、Samsung社もさまざまビーコンをつかったシステムインテグレーションを手がけているのです。

*オリジナルソースは下記URLとなります。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓
https://insights.samsung.com/2016/01/25/beacon-technology-for-retail-programs-tailoring-messages-at-store-level/



小売プログラム向けビーコン技術: 店舗レベルでのメッセージのカスタマイズ





パーソナライズは、お客様の忠誠(ローヤリティ)を推進する鍵です。小売業者は、以前として彼らにとって最も価値のある来店されるお客様と一対一で接点を持つために注力しています。小売業者プログラムのためにビーコン技術を追加することは、パーソナライズを通じてお客様の(エンゲージメント)を新たなレベルに押し上げるというパラダイムシフトとなり得ます。- オムニチャネル小売りビジネスモデルに於ける価値のある忠誠(ローヤリティ)命題を生成する指針となるのです。

店内(インストア)パーソナライズは、小売業界全体にとって長い間望まれたゴールでした。進歩がある一方で、努力はまだ途上段階だったのです。FierceRetail展示会で説明したビーコンマーケティングプラットフォーム業者のSwirl Networks社の調査によると、旧式ブリック&モルタル式の小売業者が一般に個別のお客様参考情報を理解してデモをしているのは、全体の25%くらいしかありません。

これが意味するのは、小売業者は買い物客の忠誠(ローヤリティ)を獲得するために熱心である一方、個人レベルで買い物客と接触できていない事が、コミュニケーションギャップを埋めてブランドを確立することが難しいと感じている一因なのです。ビーコン技術を利用することは、パワフルな選択肢ですが、まさにジレンマでもあります。進行中のビーコンプログラムを活用する前にいくつかの前段階のステップがあるのです。


データを詳細に分析

モバイルソリューションでお客様が夢中になれば、お客様との(エンゲージメント)- パーソナライズ - そして新しい焦点へと引きつけていけます。しかし、モバイルデバイス単体に焦点をあてるだけでは、競争優位でブランドを確立するまでには充分ではありません。明らかに勝者というのは、真のお客様のニーズを理解することができ、お客様の購買工程を通して価値を高めるための洞察(メッセージを通じて)を活用することができる小売業者なのです。

小売業者は、お客様が購買決定している一方でお客様とどのように接待するかをきちんと理解することなのです。そのためには、お客様のスマートフォンの力を活用することにとても熱心です。

今後5年以内に、全ての小売業者の53%は、お客様がお店に入っている間にスマートフォンを経由してお客様個別を識別することを始めたいと計画しています。- 2015年、フィラデルフィアで開催されたDigital SummitでのBoston Retail Partners社が実施したセッションの議論、現在、ビーコン技術を活用した会社では、6%の売り上げ増の実績となっていると。

解決案として小売業者は、より具体的、ターゲットしたメッセージを作成し、決定しなればならないとしています。それは、お客様の(エンゲージメント)の次のレベルにあげるだけでなく、買い物客にアクションを促すよう伝達するのです。

収集した買い物客のデータを活用することで、小売業者は、パーソナライズの次の段階に行くための基礎を構築しているのです。2015年、調査会社Deloitte社によると、消費者の22%は、よりパーソナライズされた顧客サービスや商品の見返りにいくつかのデータを共有されることに好感をもっています。一度、この情報が手に入ると小売業者は、ビーコン技術とお客様のパーソナライズを素早く開始することができます。


ビーコンのパワーを活用

四半期のサイズ、ビーコンは、低消費電力、モバイルデバイスに信号を送信するために、Bluetooth技術を使用したマイクロロケーションガジェットです。スマートデバイスの統合されたジオロケーション技術を組み合わせることにより、小売業者は、リアルタイムに情報配信するため、また、一対一のデジタルサービスをお客様に提供するためにビーコン端末を利用します。それらはお客様に店内の通路や販促ディスプレイを案内することができるのです。

Boston Retail Partnerのセッションによると、今後5年までに小売業者の70%が、このビーコン技術をつかって機能を追加していくと計画しています。ビーコンは、パワフルなお客様との(エンゲージメント)ツールなのです。

躊躇なく、GemeStopは既にビーコンのパワーを実感しています。会社によると、2014年9月、GemeStopは、Texas州AustinやCollege Stationにある40カ所でテスト調査のために14個のビーコン端末を設置しました。商品カテゴリ別に区分けされた店内ゾーンでビーコン端末が設置され、ビーコンはお店の棚に置かれています。お客様のスマートフォンが、ビーコンに近づくと認識するように実装されています。ビーコン技術を使い、リアルタイムでお店専用アプリを経由し、カスタマイズされたクーポンがお客様に配信されます。

「物理的な小売スペースのデジタル化は、常にGTIの最優先課題となっています。」Charlie Larkin、GameStopの技術革新のシニアディレクターは言います。プレスリリースでは、 「iBeaconプラットフォームの初期の展開から学ぶことで、次世代のショッピング体験を提供しEmerging技術を活用するためのさまざまな方法を学べるのです。」

お客様の忠誠(ローヤリティ)が、オムニチャネルの世界で育成するためにますます困難になるにつれて、小売業者はお客様とつながるための新しい方法を見つける必要があります。ショップ体験をパーソナライズして小売業者用にビーコン技術を活用することで、旧式ブリック&モルタル店舗は、買い物客を忠誠(ローヤル)ブランド支持者に変えさせるためお客様の(エンゲージメント)を構築し推進ていくのです。




スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック