交通業界でiBeacon -- Smart Public Transportクラウドサービス

ルーマニアのスタートアップベンチャー Onyx Beacon社で、現地の市内バス交通で視覚障害者むけに開発されたサービス - Smart Public Transportサービス。 もちろん、iBeaconを使っています。今回は、応用範囲を広げて通常のバス乗車客にも対応できるようバージョンアップしました。

ポイントは下記の16項目あります。White Paperにも適用できる長文ですが、iBeaconだけでなく、いわゆるIoTインテグレーションとして過去にニュースにもなりましたのでご紹介いたします。 バス交通だけでなく、電車や観光バスなど他の交通手段でも適用できると思います。

■東洋経済のオンラインニュース

http://toyokeizai.net/articles/-/73684



■SaltのIoT関連記事-Smart Public Transportプロジェクト部分を抜粋

http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-187.html



■VentureBeatの紹介記事

http://venturebeat.com/2015/09/14/beacons-lend-a-helping-hand-to-visually-impaired-bus-passengers-in-bucharest/



■開発元OnxyBeacon社ブログ(原文)を翻訳

http://www.onyxbeacon.com/beacons-in-buses-tailored-public-transportation/




1. ダイナミック&カスタマイズ価格
バス交通会社は、時間間隔や、ラッシュアワー、密集期限、車両キャパシティ、お客様の目的地、ルート経路などによりサービスやチケットで多様なコストに対応しなければなりません。

お客様はスマホアプリを使い、自分の行きたいルートをスマホで設定します。クラウドベースのプラットフォームで乗車運賃を計算します。そしてクラウドシステムが、お客様に運賃明細をお知らせします。もし、この条件でお客様が合意したなら、お客様の銀行口座に運賃の合計金額が引き落とされます。 バス交通会社は、この機能、つまりSPT(=Smart Public Transport)クラウドソリューションとCRMをREST API経由で連携し、すぐに活用することができます。



2. メーター制と時間制の価格
クラウドベースのプラットフォームは、お客様ごと、各バスコースの時間や距離ごとに記録することができます。 交通サービスは、カスタマイズできるルールで、キロメーターごと、旅行時間ごと、それらを集めた公式ごと、変動した運賃を適用したり、日にちごと、バスの優先度ごと、ユーザーあたりの消費量ごと、特別な時間間隔ごと、などでお客様ごとにチャージすることができます。

バス交通会社は、この機能、つまりSPT(=Smart Public Transport)クラウドソリューションと顧客データベースとをREST API経由で連携し、すぐに活用することができるのです。



3. 個別ルート計算
お客様が、バス停に到着してスマホアプリを開き目的地を設定します。 バス停にiBeaconが設置されています。 スマホアプリとSPT(=Smart Public Transport)クラウドプラットフォームとが通信し、実際のいる場所とお客様に最適なルートを提供します。 さらに他のルートオプションも提供します。

バス交通会社のプラットフォームでは、トラフィックを監視したり、最適化したり、お客様からの御支払いやそれぞれのルートのコストを管理することができます。

公共交通でカスタマイズされたルート、価格、サービスは、iBeaconテクノロジーをベースとしています。

4. お客様のルート最適化
クラウドプラットフォームは、お客様の行動に関する詳細な情報を継続的に集めています。 そして最も利用する停車駅、乗車駅、降車駅やルートなどに関する個別パターンを定義できます。

内部の統計と分析、SPTクラウドプラットフォームにより集められる正確なデータをベースに、バス交通会社は、各お客様ごとにカスタマイズされたルート最適化、発車駅、降車駅の変更、時間やより良いバスラインの変更を提案することができます。 これらの提案は、お客様が停車駅に到着し、目的地を設定する時にiBeaconインフラストラクチャーを経由して発信されます。



5. 緊急ルート再設定
事故や緊急事態の時、混雑したルートや停車駅は、一時的に利用できなくなります。 お客様は、カスタマイズされたルート指示情報を受信することができます。 交通渋滞や車両のオーバーロードを避けるのに役立ち、幾つかのバスラインの一時的なルートを変更します。

停車駅が緊急事態になった時、バス交通会社のトラフィックモニタリングシステムで確認することができます。SPTクラウドプラットフォームは、停車駅による影響をうけるお客様を簡単に見つけることができます。 そのようなお客様にルートコストを再計算します。 バス内や停車駅内にiBeaconを設置することにより、スマホアプリを経由してお客様に通知します。そして目的地に安全で時間どおりに到着できるための情報となります。



6. フリート(=車両走行履歴)ためのリアルタイムデータ
バス内や停車駅でiBeaconを設置し、SPT(=Smart Public Transport)クラウドプラットフォームは課題を解決します。 バス交通会社は、分単位で各バス内での乗客数、停車駅での待機中のお客様数を分単位で正確な情報をして把握できます。 また、各バスラインごとにどれだけ待機しているかもわかります。それらのデータは、お客様である待機客だけでなっく、バス運転手も乗組員もアクセスできるのです。

リアルタイムデータの流れは、他のトラフィックレポートして供給でき、各停車駅ごとに正確にバスの発着時間を確認できるのです。 車両フリート(走行履歴)に関する多くの統計も取得できます。

フリート(車両走行履歴)のためのリアルタイムデータと停車駅でのお客様は、iBeaconをベースとしています。

7. フリートと快適の最適化
バス内での乗車客数やバス停での待機客数に関するリアルタイムデータをベースに車両の乗車重量オーバーが予測される状況があります。 このような場合、トラフィック監視担当は効率的な方法で対応することができます。 混雑した停車駅は臨時バスを送り込んだり、臨時バスの到着情報を停車駅で待機しているお客様に知らせたりするのです。

バスの運転手もリアルタイムで車両内で臨時バスの情報が通知されます。 そして、バスを停車時に降りるお客様のためにバスのドアを開き、バス停で待機中のお客様は、バスが車両重量オーバーになるため、新たに乗せることはありません。

臨時車両が無い場合、お客様は、混雑したバスルートを避けるために、幾つかの停車駅の他のバスラインを利用して再分配を計ります。 SPT(=Smart Public Transport)クラウドプラットフォームによって収集されたすべてのデータは、トレンド、ダイナミクス、顧客の行動、採算性とリソース割り当てに関する戦略的な情報を記述した非常に有用な分析として変換することができます。



8. グループ管理:子供の安全性
アブダビの交通会社のオーナーはU$136,000の罰金刑を受けて、その会社の従業員3人はそれぞれ2年から3年実刑で刑務所に入りました。 その事件は、2014年10月、スクールバスのドライバーが、乗っていた女の子を降ろさず、そのまま女の子はバス内で眠って、死亡したのです。

SPT(=Smart Public Transport)クラウドソリューションは、このような事件を防ぐことができます。 そして、厳格に現在の安全対策やシステムを改善することができるのです。 専用スマホアプリは、事前に定義されたデータにより、各ユーザーごとに正確に経路および各ルートのユーザの存在を制御し、グループ管理のための専用モジュールとして機能させることができます。

個別のモニタリングは、個人のスマホをベースとし、さらに個人のキーチェーンビーコン端末と紐ずいています。 さらにバス運転者が操作するスマホ、学校の先生および、バス会社の管理者、その子供の両親にも通知されるよう設計されています。


9. 個別モニタリングと旅行レポート
iBeaconインフラストラクチャーとスマホアプリは、バス内や停車駅でのリアルタイムな存在検出を提供できます。ユーザーがオプトインすると、個人の監視と報告サービス提供のためにこの機能が有効になります。 このタイプのサービスで最適の例は、公共交通機関を利用して、子供、特定の役割や機能の従業員、及び高齢者や障害者を持つ人などです。

それらのルートは、事前に定義され、監視することができます。期待されたルートから外れた疑いがある場合に、警告が学校の先生に配信されます。 同時に、システム監視員、ドライバー、交通会社の緊急担当にも知らされます。

多くの困難な状況は、この機能により防ぐことができます。 その機能は、個人のスマホにインストールされたスマホアプリをベースにしており、全ての車両や停車駅で設置されたiBeaconネットワークと個人のキーチェーンビーコンを監視することになります。


10. サービスクラスの検証
停車駅やバス車両に設置されたiBeaconを使うことにより、お客様を、ワゴンや待ち合わせ場所やチケット購入するコンパートメントに仕向けることができます。 予約購入していないワゴンで旅行中のお客様にダイレクトに間違いの通知をします。 そして、自由席のある席を見つけられるように通知します。 これは、車両の各エリアにビーコン端末を設置することにより可能になります。 スマホアプリのアカウントを通してお客様に通知することができます。



11. 特定ニーズのお客様のためのアクセスビリティ
停車駅に到着する時、特別な要件を持つお客様(高齢者、視覚障害者、異なる障害を持つ人、車椅子が必要な人)は、彼らの興味のあるバスラインに搭乗するためにスマホアプリを使用することができます。 彼らが乗降する時には特別な条件が必要になります。

バスの運転手は、このような特別な状況については即座に通知されます、停車駅に到着すると、そこで待機しているお客様に対して対処する方法を知っています。 代わりに、お客様は、搭乗するために待機する場所を誘導されて、バス到着時に即座に対応できるよう時間を節約することになります。

12. アップセル、クロスセル、新収益の創出
お客様の興味、目的、行動に関する重要な情報を収集するために、交通会社は、商業関係上、優位な点があります。有料サービスのポートフォリオを拡大できます。 他のビジネスパートナーをお客様を紹介したり、他の交通会社のチケットを販売したり、美術館、映画館、他の公的サービスのチケットも販売拡大できます。

知的な方法でSPTクラウドプラットフォームによって収集された分析データと顧客の行動に関する個人情報を使用することにより、交通会社は、カスタマイズされたサービスパッケージを定義し、販売し、新しいサービスを作成することによって、または他の製品を販売したり、他の製品を販売することで、会社の収入源を増やすことができます。



13. 電車、地下鉄、バス停車駅でのお客様ガイダンス
電車や地下鉄駅、またはもっとも混雑したバストラフィックのノードに置かれたiBeaconネットワーク接続された状態で、お客様は、駅構内で正確な位置に関する方向情報を双方向で受け取ることができます。 トラフィック監視員は、トラフィックモニターデータを使い、待機場所の特定の領域に予測する各車両の積載度に関する情報をレポートします。 お客様は、電車、ワゴン、バスなどの混雑なエリアにアクセスすることができます。 搭乗後、お客様は、自由座席またはより快適な席を見つけるために、ワゴンを変更するよう導かれます。

14. 市内観光 – SPTツアー観光客
SPTスマホアプリは、観光客向けに特化してモジュールを含めることができます。 それは、市内ガイドや観光機能です。通常の交通サービスに対するサービスの付加機能として追加することができます。

このオプションを使うことで、別に収益があげることができます。 お客様は、特定地域に関する都市のさまざまな観点のコンテキスト情報を受信します。 訪問時間、関税、歴史他の教育的マルチメディアコンテンツ、それらは博物館の公式ウェブサイトへのリンクと訪問者のための他の見所、ローカルまたは地域の娯楽提供者等から特別オファーを受けられます。

15. 近接マーケティングとプロファイルベースの広告
交通会社は、広告配信事業をすることができます。 または、専門の広告会社と提携するこもできます。 スマートかつ効率的に、マイクロ・ロケーションと近接通信機能を使いながら、専門の企業と提携することができます。 同時に乗客をスパムの危険性を回避しながら、新しい事業として副収入を得ることができます。

SPTクラウドプラットフォームは、すでにソーシャルネットワーク内でお客様が公開した登録したプロファイルに、スマホアプリを経由して、接続することができます。 より多くの貴重なデータは、顧客の経路、使用の時間間隔、送信元と送信先駅、お客様の興味の対象などを収集することができます。

マーケティングおよびコミュニケーションプログラムを開発応用することで、スマートな対話で作成し、ゲーミフィケーション技術を使用することにより、お客様の貴重な商業情報を受信することができ、興味深い商業機会から利益を取ることができます。 例えば、お客様が、停車駅に配置された駅の無人KIOSKのような自動販売機でスマホアプリのアカウントで商品を購入するなどに応用できます。

16. コミュニティ開発とソーシャル相互作用
最後に、少なくとも、スマホアプリは、交通会社とそのお客様との間の通信で非常に重要かつ効率的なメディアになる可能性があります。世論調査、フォーカスグループ、消費者行動研究は、相互作用の他のタイプのアクティブなクライアントからのリアルタイムで正確なフィードバックを受信するために、関連するコンテキスト情報で活性化することができるからです。

お客様は、新しいサービス、一時的または決定的な変更、改良、拡張計画について通知することができます。 新しいお客様の動機づけすることができ、仕事のオファーや他のタイプの情報を受け取ることができます。会社のお客様コミュニティのようにアクティブなメンバーとして参加することができます。

補足モジュールは、基本のスマホアプリに下記のように追加することができます。特別なサービス、例えば、近くの友人を見つける、現在の場所で近辺にいる親戚を見つける、結婚記念日にデートしている、就職情報、特別興味グループ(スポーツファン、市民活動家、ボランティアなど)



このようにSPTクラウドプラットフォームとスマホアプリを使うことでビジネスの可能性は広がります!

===================================================================================
さっそく、OnyxBeacon CEO Bogodanから協力してもらい、SPTアプリのデモに成功! UIの完成度は低いですが、Beacondoで開発した観光アプリと連携とることで面白い展開ができると予測しております。



■OnyxBeacon CMSの説明資料は下記よりご参照いただけます。


■iBeaconアプリとOnxyBeacon CMSとの連携
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック