The Things Conference - 2人のファウンダー KEYNOTEスピーチ

2018年2月1日から3日までオランダ・アムステルダムで開催されましたThe Things Conferenceでの二人のファウンダーである Wienke Geizeman(CEO)と Johan Stokking(TECH LEAD)のKEYNOTEスピーチです。 ご参考までに!



*Wienke Geizemanへのインタビュー動画





*Johan Stokkingへのインタビュー動画



◆2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp




以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com






スポンサーサイト

The Things Conferenceで展示されていたLoRaWANセンサノードをご紹介いたします

2月1日から3日までオランダ・アムステルダムで開催されましたThe Things Conference会場内に展示されていましたLoRaWANセンサノードをご参考までに紹介いたします。



初日と2日目は会場満員だったため写真は撮れませんでした。最終日の3日目は、土曜日だった為か、会場入り口部分に飾ってあったメインボードを撮ることができました。

下記写真は、会場入口すぐの場所に飾ってあったメインボード(「Wall of Frames」と言ってました)全体です。 合計で8列のLoRaWANセンサノード類とゲートウェイ等、各社スポンサーの商品がボードに直に付けてあり、各社商品機能表示とスマホでQRコードをかざすと商品の紹介サイトにジャンプできました。 このメインボード1つとL型の壁に2列のサブボードがありました。

*メインボード全体


*メインボード右側から1、2列


*メインボード右側から3、4列


*メインボード右側から5,6列


*メインボード右側から7,8列


*サブボードの1,2列


メインボードとサブボードは、L型で繋がり、その角のテーブルの上に日本からSAFECAST JAPANのLoRaモジュールを組み込んだSolarcastモジュールが展示されていました。



番外編として初日のみWORKSHOPテーブルに近くに展示されていましたイタリア製の小型電気自動車。 実は、当方でもODBIIモジュールとLoRaノードを接続した商品を開発した経験があるため、展示している担当者に電気自動車にLoRaノードが搭載されていつのか?尋ねたところ、電気自動車はあくまでダミーでその後ろ側にあるレンガブロック内部に組み込まれた電磁気センサーを使って、地元の通信キャリアKPNに供給しているスマートパーキング用センサーでした。



◆2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com






The Things Networkで実現する!LoRa Geolocationサービス - COLLOS

2月1日から3日までアムステルダムで開催されまたThe Things ConferenceでのLoRa無線変調技術の発明者 Nicolas SorninのKEYNOTEスピーチとインタビューの動画です。

Nicolasは、Semtechに買収された後もフランス・アルザス地方で住んでいるといってました。LoRaチップに関しては、Nicolas Sorninがゼロからイチを生み、発明したということをThe Things Conference会場に参加している人達は皆知っているので、彼のスピーチの時はメイン会場500人、サブ会場200人共に緊張感で張りつめた空気が漂っていました。



米大手ISP COMCASTがフラグシップユーザーとして推進しているDense Networkが印象的な言葉でした!



Nicolasのインタビューを聞くと、LoRa無線変調技術の発見にはGPSを意識していたことがわかります。


*LoRa Geolocationサービス - COLLOS



The Things NetworkでLoRa Geolocationがいよいよ対応しました!COLLOS (Collaborative Location Service)は、プロトタイプ版ですが、下記のLoRaノードデバイスの位置情報を取得するAPIをThe Things Networkと連携してご利用できます。

・LoRa TDoA (Time Difference of Arrival)
・LoRa RSSI (Radio Signal Strength Indicator)
・WiFi lookups


The Things NetworkとCOLLOSのアカウントを作成し、ご利用ください。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/docs/applications/collos/

The Things ConferenceでのSemtech社Geolocation担当Richard LansdowneさんのKEYNOTEスピーチとインタビューです。







*Semtech社LoRa Geolocation ホワイトペーパー


LoRa Geolocationホワイトペーパーはこちらから.....
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://docs.wixstatic.com/ugd/eccc1a_d43b3b29dfff4ec2b00f349ced4225c4.pdf




衛星GPSからLoRaWANによるTDoAへの移行


いよいよ、ベルギー国レベルでLoRaWAN TDoA位置情報サービス開始!




◆2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp



以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf



LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




ようやく、新刊本「The Things Network」の見本が届きました!

先週一週間、オランダ・アムステルダム市で開催されました「The Things Conference」に参加しました。 LoRaWANエキスパートを養成する目的で開催されたカンファレンスですが、予想外に規模が大きく、初日から会場内は盛況で活気に溢れていました。



「The Things Conference」レポートは、RSコンポーネンツ社が展開中の下記DESIGNSPARKサイトをご覧ください。 RSコンポーネンツ社は、The Things Networkを日本でどこよりも早くご紹介いただいております。

◆2/1から2/3までオランダ・アムステルダムで開催されました「The Things Conference」レポートをDESIGNSPARKサイトで投稿させていただきました! ご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.rs-online.com/designspark/the-things-conference-report-jp



オランダ出張中、工学社さまから新刊本「The Things Network」の見本が届いておりました。 感謝です!そしてお疲れ様でした。



■体裁:A5判約140頁
■本体予価:2300円
■著者:吉田 秀利・尾鷲 彰一
■発行者:工学社
■発売予定日:2018年2月9日(金曜)
■ISBN978-4-7775- C3004
■書籍の概要説明

”さまざまな社会課題に対応するため、「IoT機器」と「ソリューションサービス」は、ともに拡大し、IoT普及率は2030年には8割を超えると見込まれています。そうなると、それらのIoT機器のデータをやり取りするデータを運ぶネットワークの構築が急務となります。現状のWi-Fiでは、長距離のデータを飛ばすことができません。また、携帯電話網やLTE通信網では、コストの面から見てもかなり非現実的です。

そこで注目されているのが「LoRaWAN」をはじめとする「サブGHz帯」です。この帯域は、2km~15kmまで飛ばすことができ、さらにオープン帯域なので、だれでも免許なしに使うことができます。しかし、いくら長距離に届くと言っても、無料で使えなければ、普及は難しいでしょう。

「LoRaWANネットワーク」を開放して、「IoTサービスを手軽に始められる」環境を整える試みがはじまりました。つまり、「ネットワーク」の「シェア」です。

本書で紹介する「The Things Network」は、この発想のもと、オランダのアムステルダムでスタートしました。そして、その試みが日本にも広がり、東京でもすでに3箇所、横浜でも4箇所のゲートウェイが設置されています。本書は、「LoRaWAN」を使ってこの「TheThings Network」につなぐ方法を解説しています。”


*出版社-工学社様新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


さっそく本日よりAmazonサイトで新刊本「The Things Network」が購入できるようになっていました。
*Amazon-新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.amazon.co.jp/Things-Network%E2%80%95%E9%95%B7%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%B1%8A%E3%81%8F%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%AEIoT%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9-I-BOOKS/dp/4777520439/






以上




■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com





LEANキャンパスとThe Things Networkコミュニティの意義

2年程前、iBeaconガイドブックというBluetoothビーコンを使いながら、スマホアプリケーションを誰でも簡単に作れる参考本を上梓させていただきました。 自分の書籍が、本屋さんに置かれているか? たまたま新宿紀伊国屋書店で眺めていたら、偶然、目に留まったのが、下記の「RUNNING LEAN 実践リーンスタートアップ」という書籍です。 このLEANシリーズは、現在、数種類までシリーズ化されています。




■出版社: オライリージャパン (2012/12/21)
■言語: 日本語
■ISBN-10: 4873115914
■ISBN-13: 978-4873115917
■発売日: 2012/12/21
■価格: 2,200円+税


他の出版社からも同様の内容の書籍が和訳され発売されています。

一緒にビジネスを始める前にパートナー会社やコンサルをしている会社には、LEANキャンパスを作るよう勧めています!


※イテレーションというのは、iteration。 ソフトウエア開発、特にアジャイル開発における、短い間隔で反復しながら行われる開発サイクルのこと。 設計・試験・調査・改善という一連の工程で構成され、内在するリスクや問題点を短いサイクルで発見・改善しながら開発を進められるという利点がある。

この手法がすべての業界に適用されるとはおもいませんが、IoTサービスやIoTシステムをこれから始めたい方や企業には十分活用できるのではと思っています。 そして具体的に実証実験に入った時に、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークをつかいながら、IoTサービスを具現化されたい方にイテレーション手法を実践しながら、サービスやシステムの完成度を高めるには、The Things Networkは、絶好のネットワーク環境なのです。 何故ならば、無料でLoRaWANネットワークをためせるからです!

さらに、自分や自社、あるいは関連子会社や下請け開発会社などと協業しながら勧める場合でも、リソースをグループ内だけで引き出すだけでなく、The Things Networkコミュニティを活用しながら、外部のリソースとうまく付き合いながら、IoTサービスやシステムの完成度をあげていくことができます。

万が一、創造していたIoTサービスやシステムに仕上がらなくとも、初期投資のリスクは最小限に抑えることができます。

The Things Networkコミュニティは、日本ではまだ立ち上がったばかりですが、欧米では既に多種多様な成功したIoTユースケースがあります。 これを機会にThe Things Networkをはじめてみませんか?

まずは今月末に発売されますThe Things Networkの参考本をお店で確かめてください。



■体裁:A5判約140頁
■本体予価:2300円
■著者:吉田 秀利・尾鷲 彰一
■発行者:工学社
■発売予定日:2018年1月下旬
■ISBN978-4-7775- C3004
■書籍の概要説明

◆明日2018年1月26日、TTN Kagoshimaコミュニティ主催のLoRaWAN勉強会が行われます!



IoT(モノのインターネット)デバイスの無線通信方式として「低消費電力で長距離のデータ通信を可能とする技術」である「LPWA(Low-Power Wide-Area Network)」。その中でも、無線局免許が不要な"アンライセンス系LPWA"である「LoRaWAN」が注目を浴びています。
この勉強会では、オランダ発祥のオープンコミュニティ方式の無料LoRaWAN「The Things Network」の利用方法をワークショップ形式で学んでいきます。

第1回目は、「LoRaWANとThe Things Networkについて学ぼう」を予定しています。詳細はこちらから...
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.jp/forum/t/ttn-kagoshima-lorawan-ttn-1/108



以上




■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/






Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com





本の題名が決まりました! The Things Network ~ 「LoRaWAN」をみんなでシェアして使う



■体裁:A5判約140頁
■本体予価:2300円
■著者:吉田 秀利・尾鷲 彰一
■発行者:工学社
■発売予定日:2018年1月下旬
■ISBN978-4-7775- C3004
■書籍の概要説明

”さまざまな社会課題に対応するため、「IoT機器」と「ソリューションサービス」は、ともに拡大し、IoT普及率は2030年には8割を超えると見込まれています。そうなると、それらのIoT機器のデータをやり取りするデータを運ぶネットワークの構築が急務となります。現状のWi-Fiでは、長距離のデータを飛ばすことができません。また、携帯電話網やLTE通信網では、コストの面から見てもかなり非現実的です。

そこで注目されているのが「LoRaWAN」をはじめとする「サブGHz帯」です。この帯域は、2km~15kmまで飛ばすことができ、さらにオープン帯域なので、だれでも免許なしに使うことができます。しかし、いくら長距離に届くと言っても、無料で使えなければ、普及は難しいでしょう。

「LoRaWANネットワーク」を開放して、「IoTサービスを手軽に始められる」環境を整える試みがはじまりました。つまり、「ネットワーク」の「シェア」です。

本書で紹介する「The Things Network」は、この発想のもと、オランダのアムステルダムでスタートしました。そして、その試みが日本にも広がり、東京でもすでに3箇所、横浜でも4箇所のゲートウェイが設置されています。本書は、「LoRaWAN」を使ってこの「TheThings Network」につなぐ方法を解説しています。”


また、昨日開催されましたミライト様主催のLoRaWANセミナーに参加させていただきましたので、レポートします。 参加者はおよそ20名弱でした。

◆第2回豊洲から始まる無償LoRaWANネットワークのご紹介

セミナー情報はこちらから…
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.mrt.mirait.co.jp/info/4264.html





最初にミライトの石田部長様から自社ビルを含む3カ所の豊洲、枝川、新木場ビルにKerlink LoRaWANゲートウェイを3台設置されて、近辺の企業やパートナー向けにLoRaWANネットワークを開放される説明をされました。 下記LoRa無線適用エリアでご興味のある企業の方は、LoRaWANネットワークが無料で開放されています。IoTシステムなど実証実験が可能となっています。詳細はミライト様までご連絡ください。



次にオープンウェーブ尾鷲さんがLoRaとLoRaWANおよび自社IoTサービスについて説明し、その後私がThe Things Networkについて話しをしました。 

休憩を挟んで、ミライトの穂刈様が、LoRaWANの自社での取り組みとユースケースの説明、そして最後にミライトの若月様のDragino LoRa mini dev boardを組み込んだセンサーモジュール(温度湿度センサーとボタンセンサーボックス)とKerlink LoRaWANゲートウェイを経由してThe Things Network、見える化ツールCayenne で実際にセンサ―データを表示するデモンストレーションが行われました。



The Things Networkコンソール画面、LoRa mini dev. boardを設定するためのArduino IDE画面、センサー見える化ツール Cayenneの設定画面を解りやすく順番に説明されていました。

セミナーの後で参加者の方、数名と会話させていただきました。 参加者の意識は高く、既に他社のLoRaWANネットワークを利用されている方もいて、生の声をお聞きすることができて貴重な機会でした。多謝。

今月末~来月初めに全国の書店でThe Things Network本が発売されますが、センサーノード、LoRaWANゲートウェイをバンドルしたLoRaWANサクセスキットを第一段として発売予定です。 他のIoTユースケースに対応できる、手軽で、安く、簡単に始められるキットへと展開したいと思います。





以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




ネット中立性と情報格差

米国では、FCC (連邦通信委員会: Federal Communications Commission)が放送通信事業の規制監督を行い、さまざまな権限を有しています。 ソフトバンクの米Tモバイル買収について承認が得られず話題になりました。 また最近では、Amazonが、Google homeを自社商品 Amazon Alexaと競合するためにAmazonサイトでの販売をしばらく認めず、炎上しました。

本日ネットニュースで「ネット中立性」について記事が流れていました。

アマゾンやグーグル、Facebookが、「ネット中立性」を取り戻すために動き始めた


「ネット中立性」について和訳された動画がありましたのでご参考までに。皆さまはどう思われますか?



昨日書店で立ち読みしていたら、雑誌Forbesの編集長の名前が、私の中学同級生と同姓同名(高野貢君)じゃないかと思い、よく目をこらしてみたら、高野真氏で最後の1文字が違いました(笑)  Forbes誌高野編集長が寄稿された内容がとても興味深かったのでトランスクリプトします。



====================================================================================

 技術革新が急速に進んでいる。検索エンジン、SNS, EC, AI、シェアエコノミーなど、新サービスの登場によって、人々の生活は格段に改善し効率性の向上は著しい。

 こういった技術革新はGDPにきちんと反映されていない、そして理由は「価格ゼロ」にあると、東京大学の渡辺努教授は主張する。

 「価格ゼロ」は、検索エンジン、SNSなど昨今の新サービスには払う対価がゼロかあるいは著しく小さいという現象である。その一方で、そこから得られる効用は大きく、その乖離が、技術革新がGDPに反映されていない理由であるという論理である。

 一方で、技術革新により得られる効用の価値を、そのサービスを仮に強制的に手放さなければならなくなった場合、それを防ぐために幾らまでなら金を払うかをサーベイした研究がある。

 それによると50%の人たちが、検索エンジンには年間185万円、Eメールには77万円払うという結果が出たという。この研究が正しいとすると、検索エンジンだけで日本のGDPに反映されてい効用は、数十兆円にもなり、過去に比べ世の中は相当豊かになったことになる。

 昨今、シニア層と若年層の経済格差が問題となっているが、新サービスのユーザーが主に若年層であることを考えれば、もしろスマートフォンやインターネットを使いこなせないシニア層と若年層との間の逆格差が生じていると見ることもできる。

 この主張が正しいならが、年齢にかかわらず新しい技術に常に挑む姿勢が経済是正の一つの解となるかもしれない。

                                              
                                                      編集長 高野 真


===================================================================================


*The Things Network公式ガイドブック発刊

 
工学社様から2018年1月末発売予定のThe Things Network参考本の題名がきまりました! 「長距離まで届く無料のIoTネットワークサービス The Things Network~「LoRaWAN」をみんなでシェアして使う」 となりました。

■体裁:A5判約140頁
■本体予価:2300円
■著者:吉田 秀利・尾鷲 彰一
■発行者:工学社
■発売予定日:2018年1月下旬
■書籍の概要説明

”さまざまな社会課題に対応するため、「IoT機器」と「ソリューションサービス」は、ともに拡大し、IoT普及率は2030年には8割を超えると見込まれています。そうなると、それらのIoT機器のデータをやり取りするデータを運ぶネットワークの構築が急務となります。現状のWi-Fiでは、長距離のデータを飛ばすことができません。また、携帯電話網やLTE通信網では、コストの面から見てもかなり非現実的です。

そこで注目されているのが「LoRaWAN」をはじめとする「サブGHz帯」です。この帯域は、2km~15kmまで飛ばすことができ、さらにオープン帯域なので、だれでも免許なしに使うことができます。しかし、いくら長距離に届くと言っても、無料で使えなければ、普及は難しいでしょう。

「LoRaWANネットワーク」を開放して、「IoTサービスを手軽に始められる」環境を整える試みがはじまりました。つまり、「ネットワーク」の「シェア」です。

本書で紹介する「The Things Network」は、この発想のもと、オランダのアムステルダムでスタートしました。そして、その試みが日本にも広がり、東京でもすでに3箇所、横浜でも4箇所のゲートウェイが設置されています。本書は、「LoRaWAN」を使ってこの「TheThings Network」につなぐ方法を解説しています。”



上術参考本とセンサーノード、LoRaWANゲートウェイをバンドルしたLoRaWANサクセスキットもまもなく発売予定です。さらに各地TTNコミュニティでLoRaWANサクセスキットを使用するワークショップの開催を計画しております。




以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com






経済産業省、15年ぶりIT関連施策の目玉となる「IoT投資減税」実施!

あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。



昨年末、経済産業省から朗報がはいりました。15年ぶりにIT関連施策の“目玉”となる「IoT投資減税」を実施するとのことです。事業規模や昇給を問わず適用され、「データ連携・利活用により生産性を向上させる取組み」が対象となるようです。

 適用対象は、
 ①データ収集機器(センサーなど)
 ②データ分析より自動化するロボット・工作機械
 ③データ連携・分析システム(サーバー、AI、ソフトウェア)
 ④サイバーセキュリティ製品

などへの投資が対象となります。主務大臣(経産相)が認定した事業計画に含まれる設備投資(最低投資合計額5000万円)について、30%の特別償却または3%の税額控除(法人税額の15%が上限)を講じるとし、適用期限は2021年3月末までの3年間実施されるようです。

*「IoT減税」を押さえた企業が2018年の勝者になる!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53936
 
本年は、国内LPWA市場も昨年までの実証実験の段階から一段昇り、本番採用のビジネス機会となります。上述の「IoT投資減税」は、国内企業にとって、ひさびさに絶好のタイミングで実施される産業政策になると感じています。

*The Things Network公式ガイドブック発刊


工学社様から2018年1月末発売予定のThe Things Network参考本の題名がきまりました! 「長距離まで届く無料のIoTネットワークサービス The Things Network~「LoRaWAN」をみんなでシェアして使う」 となりました。

■体裁:A5判約140頁
■本体予価:2300円
■著者:吉田 秀利・尾鷲 彰一
■発行者:工学社
■発売予定日:2018年1月下旬
■書籍の概要説明

”さまざまな社会課題に対応するため、「IoT機器」と「ソリューションサービス」は、ともに拡大し、IoT普及率は2030年には8割を超えると見込まれています。そうなると、それらのIoT機器のデータをやり取りするデータを運ぶネットワークの構築が急務となります。現状のWi-Fiでは、長距離のデータを飛ばすことができません。また、携帯電話網やLTE通信網では、コストの面から見てもかなり非現実的です。

そこで注目されているのが「LoRaWAN」をはじめとする「サブGHz帯」です。この帯域は、2km~15kmまで飛ばすことができ、さらにオープン帯域なので、だれでも免許なしに使うことができます。しかし、いくら長距離に届くと言っても、無料で使えなければ、普及は難しいでしょう。

「LoRaWANネットワーク」を開放して、「IoTサービスを手軽に始められる」環境を整える試みがはじまりました。つまり、「ネットワーク」の「シェア」です。

本書で紹介する「The Things Network」は、この発想のもと、オランダのアムステルダムでスタートしました。そして、その試みが日本にも広がり、東京でもすでに3箇所、横浜でも4箇所のゲートウェイが設置されています。本書は、「LoRaWAN」を使ってこの「TheThings Network」につなぐ方法を解説しています。”



上術参考本とセンサーノード、LoRaWANゲートウェイをバンドルしたLoRaWANサクセスキットもまもなく発売予定です。さらに各地TTNコミュニティでLoRaWANサクセスキットを使用するワークショップの開催を計画しております。




以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com




第2回豊洲から始まる無償LoRaWANネットワーク

来年1月18日(木)ミライト様で開催されるLoRaWANセミナーに私 吉田も登壇させていただきます。お時間のある方を是非お越しください!よろしくおねがいします。

◆第2回豊洲から始まる無償LoRaWANネットワークのご紹介

株式会社ミライト(本社:東京都江東区、代表取締役社長:鈴木正俊)は、2018 年 1 月 18 日(木)、株式会社オープンウェーブとシーアールアイジャパン株式会社との共催によるセミナー第 2 回「豊洲から始まる無償LoRaWAN ネットワークのご紹介」を開催いたします。

本セミナーでは、IoT 化を加速させる技術として注目される LPWA の一つである LoRa および LoRaWAN について基礎的な内容をわかりやすくお伝えします。また、オランダ発 The Things Network による LoRaWAN ネットワークを無償でご利用いただくための参加支援サービスをご紹介し、新たな IoT ビジネスの創出へのサポートを提供いたします。



セミナーの詳細はこちらから…
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.mrt.mirait.co.jp/info/4264.html





今年も残すところあとわずかとなりました。 本年も皆さまには格別のご高配を賜り改めてお礼申し上げます。

弊社の本年営業は本日12月27日(水)までとなります。年始の営業開始日は2017年1月5日(金)となりますので宜しくお願い申し上げます。

◎年末年始休暇: 2016年12月28日~2017年1月4日

本年中の御愛顧に心よりお礼申し上げますと共に、来年も引き続きお力添えいただきますようお願いいたします。 

どうぞ良いお年をお迎えください。      


以上





■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com





いよいよ、ベルギー国レベルでLoRaWAN TDoA位置情報サービス開始!

ちょうど1年前、ある大手通信キャリア関連会社の社長と幹部と面会させていただき、LoRaについて説明させていただきました。その際に、LoRaWANの普及は、ベルギーとオランダで2015年はじまった内容と下記の記事にあるベルギーの通信キャリア Proximusとオランダの通信キャリア KPNのビジネスモデルを説明させていただきました。

両国ともLoRaWANを全国規模で構築したのは2年前、ようやくLoRa関連の技術が蓄積し、SEMTECH社からは新たにSX1301からSX1308へ通信チップもアップデートされ、進化しました。 下記はフランスのKerlink社が開発製造するLoRaWANゲートウェイの新機種と新たなモジュール追加するとあります。 ここら辺が、各ゲートウェイメーカーのTDoAに関するノウハウの蓄積だとおもいます。

TDoAは、前週のブログでも説明しましたが、他のLPWAに無い特長の1つです。今まで衛星GPSに頼らざるを得なかった位置測位データをLoRaWANネットワークに設置しているゲートウェイとLoRaノードとの電波強度と到達時間差を使う位置測位技術です。この技術は、すでに携帯基地局で長年利用されていますが、IoTの世界では、おそらくLoRaWANが初めての試みです。

それをベルギー通信キャリアのPxoximusで運用するという記事です。

*オリジナルソースは下記サイト
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.iotevolutionworld.com/m2m/articles/436098-kerlink-supplies-1000-stations-proximus-lorawan-iot-network.htm


以下、ご参考までに和訳します。

Kerlink、ベルギー通信キャリアProximusにLoRaWAN IoTネットワークにゲートウェイを1,000台供給

By Ken Briodagh December 20, 2017



最近のリリースで、IoTネットワークソリューション企業のKerlinkは、ベルギー国際テレコム企業であるProximusとテレフォニー、インターネット、テレビ、ネットワークベースのICTサービスで利用するLoRaWAN IoTネットワーク基地局に800台以上のゲートウェイを提供することを発表しました。

Geolocation対応Kerlink Wirnet iBTS standardステーションによるLoRaWANネットワーク高密度化は、Proximusが2015年にLoRaWAN IoTネットワーク構築に130台のKerlink Wirnet Stationsを設置した後の展開になります。追加ロールアウトとして年末までに完了すると、LoRaWANネットワークには1,000台以上のKerlink Wirnetがフィールド内に設置されます。

「Wirnet製品群は、ヨーロッパ、南アジア、南米の新しいネットワークに電力を供給するための導入が増えていることに加えて、ジオロケーションやゲートウェイのリモート管理のためのネイティブセキュリティなど、セル密度の高さとサービスの強化を容易にサポートします」とKerlinkのdirector of sales for operatorsのYann Bauduinは説明しています。

「Wirnet iBTS Standardステーションのモジュール性は、追加のLoRaWANモジュールを装着するだけで、セルの高密度化によって無線カバレッジが向上します。 Geolocation対応設計により、革新的なロケーションベースのサービスを迅速に立ち上げ、LoRaWANネットワークを介して各エンドデバイスを位置測位することが可能になります。

Wirnet iBTS StandardとWirnet iBTS Compactステーションは、公共のネットワーク事業者をターゲットにしており、屋外で展開され、多用途、長距離、双方向、地理位置対応接続を提供します。 世界中のKerlinkの顧客は、既にIoT専用ネットワークのために数千の基地局を展開しています。

「ベルギーでLoRaWANネットワークの導入を開始した後、短時間でセル密度の高いプロジェクトを開始することは、お客様によるネットワークの好評と利用の増加を証明するものです」とProximusのIoTプログラムマネージャーAlex Thomasは述べています。 「KerlinkのWirnetステーションを展開する前にテストし、Kerlinkチームの絶え間ない顧客サポートと専門知識の裏付けによって、ユーザーの期待に完全に応えていることを実証しました。

「この新しいIoTネットワークは、すでに革新的に刺激し、新たなビジネスモデルへの扉を開いたのです」とProximusのIoTプロダクトマネージャー、Joke Tisaun氏は語ります。 "これは、ピックアップルートを最適化し、顧客体験を向上させるために、ガラス容器の充満度を測定するなど、今日サポートしているいくつかの興味深いアプリケーションのケースです。 さらに、ベルギーで最大のガス供給業者と共同で、家庭のガスタンクを監視し、最終顧客に提供できるサービスを改善するプロジェクトを開始しました。



*TDoAを使い位置精度を上げるRESTベースのサービス-オランダRFI Engineering社
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.rfi-engineering.com/index.php/localisation-solver/

*RF FingerprintによるLoRaWANの位置測位についてThe Things Networkフォーラムでも議論されています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/forum/t/rf-fingerprinting-using-lora-for-localization/9992




以上




■The Things Network - LoRaWANをみんなでシェアして使う  新刊本好評発売中!




*工学社新刊本リンク先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2043-5


■LoRaWANサクセスキット

↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ibeacondo.com/download/LoRaWAN_Success_Kit.pdf

LoRaWANサクセスキットの詳細は下記までお問い合わせください。
◆オープンウェーブお問い合わせページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.openwave.co.jp/inquiry/




◆詳細はこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/





Amazon社AWS部門ソリューションアーキテクト・ディレクターMatt YanchyshynによるThe Things NetworkのB2B版であるThe Things Industriesの現地取材によるユースケースレポートです。 


The Things Industriesサイトはこちらから....
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.thethingsindustries.com



カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

吉田秀利

Author:吉田秀利
はじめまして!友人から教えてもらったオープンソースを仕事にいかしています。Tips&Tricksをご紹介します。

「世界最大LoRaWANコミュニティThe Things Network」

詳細はこちらから...

「The Things Network」

詳細はこちらから...

「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...

「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...

crijapan

http://www.crijapan.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ネイティブスマホアプリが簡単にできる!
クラウドPBX Voipditto.com
オープンソース執筆本

 オープンソースツール執筆本: 

Trixbox実績ガイドブック